【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

「アクティブひとり時間」をつくる3つの要素。オフライン環境・集中状態・まとまった時間。

投稿日:

Pocket

浅い思考だけでは自分や未来のことがよくわかりません。

深い思考に変えていくためには、

1:オフライン環境

2:集中状態

3:まとまった時間

の3つの要素をととのえましょう。




 

毎月1回の「アクティブひとり時間」

先週金曜日は、夜に「良習慣塾」メンバーと集合。

毎月1回の「月間集中タイム」を開催しました。

月間集中タイムの習慣。超集中する時間をつくるための3つの工夫 | 【良習慣の力!】ブログ

時間は120分。

お互いにZoomに集合して、1ヶ月のふり返りや次月のプランニングをおこないます。

私も超集中できた時間となりました。

理想の1日のデザインや「良習慣の種」を変えていくアイデアが湧いてきて良かったです。

このように、ふり返りをすると改善点がたくさん出てきます。

私がふり返りが好きなのは、

・自分の内側だけに目を向けられるから

です。

普段は、仕事や家庭で人と接しています。

自分の外側を意識せざるを得ません。

でも、ふり返りの時間は自分とだけ向き合えばいいからです。

「アクティブひとり時間」です。

それがいいんですよね。

そもそも、現代ではそういった「アクティブひとり時間」をすごすことが、簡単ではなくなっています。

積極的に孤独になる「アクティブひとり時間」を習慣にしよう | 【良習慣の力!】ブログ

自分の未来を計画すること。

自分にとって何を大切にするのか、といった人生で大事なことを考えること。

そういったことに時間を使えなくなっているんですね。

スマホがあるので。

スマホを見ていると、外側からの刺激や外部の情報が入ってきます。

そのため、自分の内側から出てくる想いや感情が抑えられてしまうわけです。

ですから、「やりたいことや自分が好きなことがわからない難民」が出てきてしまうわけですね。

私のまったくの個人的な肌感覚ですが、スマホの影響で「やりたいことや自分が好きなことがわからない難民」は増えています。

このブログは、あなたの内側を刺激する内容だと信じていますが(笑)。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





浅い考え方と深い考え方

「アクティブひとり時間」。

活躍している人たちが大切にしている時間です。

なぜ、彼らは「アクティブひとり時間」を大切にしているのでしょうか。

それは、

・周りに流されないため

です。

立ち止まって、ふり返り、内省をしないと、簡単に「その他大勢」になってしまうことがわかっているのですね。

「アクティブひとり時間」を確保しないと、考えることをしなくなるのが私たち人間なんです。

なぜなら、考えるのは脳に負荷がかかるからです。

脳にとって、「考える」ことはストレスなんです。

そもそも脳は、ものごとをあいまいにしておくのがお好きです。

ですから、

・人生計画を明確にする

・ゴールを設定する

・自分の大切な価値観について考える

といった行為は苦手なんです。

ただ、それだと私たちの考え方はどんどん浅くなります。

判断が短絡的になってしまうんですね。

たとえば、浅い思考で「ダイエットしよう!」とします。

すると、解決策は「とにかく食べない」という解決方法しか出てきません。

ダイエットの専門家の人たちがその解決策を聞いたら「まあ、それはそうなんだけどさ……」でしょう(笑)。

「とにかく食べない」が継続できれば、たしかにダイエットに成功するでしょう。

ただ、「とにかく食べない」でダイエットが成功するなら、肥満に困る人はいません。

浅い思考のまま「とにかく食べない」とダイエットを始めるから、リバウンドが待っているわけです。

20キロ近くのダイエットに成功している「良習慣塾」のBさんは、「とにかく食べない」という浅い考え方ではありません。

マイルールをつくりつつ、そして柔軟に変更しつつ、

・夜の食事はナッツに代替する

・1日に2万歩歩く

・ダイエットブログを公開する

・ダイエットのプロセスを「良習慣塾」コミュニティーに宣言する

といった手法を組み合わせています。

これは、浅い考え方ではありません。

スタートこそフットワーク軽く始めたものの、取り組みは深い考え方にどんどん変わってきているのです。

 

■スポンサーリンク




「アクティブひとり時間」をつくる3要素

深い考えを生み出すためには、「アクティブひとり時間」が必要です。

その「アクティブひとり時間」をつくるためには、次の3つの要素が必要です。

1:オフライン環境

2:集中状態

3:まとまった時間

 

1:オフライン環境

外部のノイズをさえぎるオフラインの環境をつくりましょう。

あっ、Zoomにはつないでいるんですが(笑)。

もちろん、スマホはオフ。

インターネットもオフラインにしたいですね。

「誰かから連絡がくるかもしれない」という意識をゼロにしておくのです。

1ヶ月に2時間くらいは、そんな時間を確保してもいいですよね。

「良習慣塾」では、集中タイムを「良習慣塾シェルターに入る」と呼んでいます。

 

2:集中状態

考えることに集中できる静かな環境をととのえましょう。

「考えること以外はできない」ように。

少なくとも、私は意識が分散する状況をつくってしまった時点で負けです……

私たちは、

「何をやってもOKという状況で、何をするのか?」

で未来が決まると思っています。

「ひとりのときの自分が、本当の自分」なのです。

 

3:まとまった時間

すきま時間だけでは、深い気づきは生まれません。

まとまった時間が必要です。

中断が何度も起きてしまったら、思考が深まらないからです。

研究では、集中している状態から一度脱線すると、もとの集中状態に戻るために15分かかるという結果が出ています。

せっかく集中タイムを確保しても、2時間で1度でも中断が起きてしまうと15分もロスしてしまうわけです。

せめて2時間は中断されない時間をつくりたいですね。

 

さて、あなたは「アクティブひとり時間」をどれくらい持てているでしょうか。

3つの要素をととのえて、ぜひ思考を深めていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」朝活ファシリテーションからスタート。

7時から1週間のふり返りとプランニングのファシリテーション。

7時30分から目標達成会ミーティング。

8時から9時までガッチリ集中TIMEでタスクとブログ。

9時から10時までブログ部の部会。

10時から12時までセミナー受講。

夜は家族と食事に行き、その後に妻と2人で居酒屋さんの新規開拓。

目当てのお店はどこも満席だったので、直感で新しいお店に入りました。

いまいちでした。。。(笑)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

「がんばらないほうがうまくいく」という言葉の意味とは?

「がんばらないほうがうまくいく」という言葉の意味について考えてみました。   目次1 「がんばらないほうがうまくいく」のは本当なのか?2 「がんばらないほうがうまくいく」という言葉の2つの意 …

比較や競争で落ち込んだときにどうするか。感情を受けとめて味わい、自分の良い面にフォーカスする。

ライバルの存在は、どうしても「比較」や「競争」を想起させるものです。 ただ、その存在に嫉妬するだけでなく、彼らに感謝して、自分の成長のモチベーションをつくり出す存在としてとらえてみましょう。 &nbs …

完璧主義を手放す!「トリアージ思考」で重要事項を優先しよう。

あなたは、「トリアージ」という言葉をご存じでしょうか? 息子(中学2年生)の大量の夏休みの宿題をみて、「大人のタスク管理と同じだな」と感じました。 さらに、そこには「トリアージ思考」とでも言うべき最善 …

「1つに絞りなさい」と「バランスをとりなさい」に感じる矛盾点のほぐし方。

「1つに絞るべき」という意見と、「バランスとるべき」という意見。 一見、相反するように感じますが、 ・中長期的にみてバランスをとる ・でも、目の前の重要なことに力を注ぐ という考え方がおすすめです。 …

荒波にもまれることを喜べるか。悩みの先にあるのは得たい未来かも。

悩みがない人はいないと思います。 進んで悩みたいという人はあまりいないと思いますので、その悩みを「自分を成長させてくれる機会」だととらえてみてはいかがでしょうか?   スポンサーリンク &n …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。