【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

成功習慣7つ目は「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」です!

投稿日:2014/06/10

Pocket

7つ目の成功習慣

「8つの成功習慣」に戻ります。

ご紹介するのはこちらのお勧め本のセミナー!

7つ目の成功習慣は

「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」

です。

この習慣も名著50冊のうち11冊と、22%に掲載されているんです!

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

「フロー」とは?

楽しいことに取り組む。

その際に重要なキーワードがあります。

それは

「フロー」

という言葉です。

解説によると、

「フロー」とは、「楽しさ」の究極的な状態(ある行為に完全に集中し、忘我状態になっている)を指す

とのことです。

いわゆる「集中しすぎて周りが目に入らない」状態といえるでしょう。

とても集中している状態。

このフロー状態を意識的につくり出せたら、自ずと成果は上がっていくでしょうね。

では、どのようにすればフローを発生させられるのか?

名著に学びましょう!

 

楽しいと思うことに取り組む

フローを発生しうることに取り組む

フローが発生する条件を知っておけると良いですよね。

意識的にスイッチを切り替えられたりしたら、生産性が高まりそうです。

フローが発生する条件とは、

・達成可能な課題に取り組んでいる

・その作業に明確な目標がある

・直接的なフィードバックがある

・自分の行為をコントロールできている

などがあるそうです。

個人的には「自分の行為をコントロールできている」なんて好きですね!(^_^)

 

フローの例

身体のフロー例は、

・スポーツ

・ダンス

・ヨガや武術

・美術

・音楽

・食事

など、だそうです。

 

思考のフロー例は、

・数学

・言語

・歴史研究

・科学

・哲学

など、です。

■出典

 

具体的で明確な目標にフローが生まれる

わたしには理解が難しいのですが、数学が好きな人は難しい問題に向かっているときにフローを感じているんでしょうね。

だからこそ難問が解けたときの喜びがある。

まさに

  ・達成可能な課題に取り組んでいる

  ・その作業に明確な目標がある

というフローの発生条件に

  ・数学

という思考のフローがかけ算になっているのです。

a1640_000220

ここで提案なのですが、仕事やプライベートで自分の力を発揮させたいとき、意識的に前述の条件を思い出してみる、というのはいかがでしょうか?

・達成可能な課題に取り組んでいる

・その作業に明確な目標がある

・直接的なフィードバックがある

・自分の行為をコントロールできている

タスクが重すぎてなかなか取りかかれないときは

「その作業に明確な目標がある」

から外れている場合があります。

 

例えば、

「会議資料作成」

というタスク出しにするのではなく、

「前回の会議で問題の出た議題について、議事録を作成した同僚にポイントを尋ねる」

「問題点を明らかにしてから、資料の見出しやテーマを考える」

といった感じで、動詞を入れたタスクに分割すると良いと思います。

漠然としていた重たい作業が目標に変わり、目標が具体化されて、やろうと思えてくるのですね!

感覚としては、自分が

「これくらいならできそう」

というレベルまでチャンクダウンするのがコツだと思っています。

取りかかりが早くなるし、上手くいけばフロー状態で作業できますよね。

仕事以外でも使えますので、ご参考になれば幸いです!

あなたは普段、どんなときにフローを感じていますか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

【今日の良習慣】
自分がフローに入る条件を知り、意識的にフローをつくり出す

 


 

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

保育園への送迎ができれば何でも習慣化できるはず。でも現実は・・・?

子どもの保育園の送迎を5年間毎日できるような強い人は、習慣化もかんたんにできるはずではないでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 妻が保育園への送迎から解放された日2 「目 …

ミスのダメージはひきずらないほうがいい。私が取り組んでいる3つの方法。

日常生活を送っていたり、仕事をしていれば、ミスはつきものです。 たまにダメージの大きいミスをしてしまうときもありますので、自分なりに対策を考えておきましょう。   スポンサーリンク &nbs …

習慣化したければ「心の中の子どもの自分を育てる」プロセスを大切にしよう。

子育てと同じように、自分の心の声もきちんと聞いてあげること。 それによって心をニュートラルにキープすることが、習慣化への近道です。   スポンサーリンク   目次1 習慣化は「心の …

「習慣にすることをつい忘れてしまう」人にお伝えしたいシンプルな習慣

目次1 ■地元のマラソン大会に出場2 ■冬場のラントレーニングの習慣が一時的に途切れた理由3 ■ラントレーニングが停滞したもう一つの理由4 ■習慣化したいものはとにかく目の届く場所に置いておく ■地元 …

no image

そして、奇跡が起きた日(大げさ 笑)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。