【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「どうして、あの人はあんな行動をとるの?」答えのヒントは行動分析学にあります!

投稿日:

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

先日「行動分析学」に関する本を読みました。

数年前に購入していたのですが、パラっとめくったところ、文体がいかにも学者さん風でちょっととっつきにくくて積ん読になっていました。(言い訳・笑)

ただ、今回は先日のコウスケさんの読書セミナーを受けて再チャレンジしてみました。

文章は多少難しくても、ぼくはこの数年で「行動すること」に対する学びが深まっていたのかもしれません。

内容に興味があると意外に楽しく読めるんですね。

ということで本日はこちらの書籍から学んだことをご紹介いたします!

【本日のお勧め本】

 

【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】

————————————————————

【第10回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月18日(土)10:30〜12:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221749/

 

【第11回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月24日(金)19:30〜21:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221752/

————————————————————

 

なぜ、人は行動するのか?

近年のぼくのマイ研究テーマ(笑)のひとつに、

「なぜ、人は行動するのか?」

というものがあります。

これを理解できたら、良習慣の定着に役立ちますし、自分の行動量も上げられるし、コーチングのクライアントさんにも役立つはずです。

今回読んだ本は行動分析学を扱っているので、ぼくにうってつけの内容だったのです。

 

弱音を吐く人の心理

ところで、あなたの周りに、

「弱音を吐く人」

はいませんか?

たとえば、ぼくの周りにも、

「会社を辞めたい」

とか、

「この仕事には向いてないのかもしれない」

とか、

「私はあの人みたいにはできない」

とか、こぼす人がいます。(汗)

その人は、なぜ弱音を吐くのでしょうか?

多くの人は、

「精神が幼い」

とか、

「甘えがあるからだ」

という精神論を語ってしまいがちではないでしょうか?

でも、それでは問題は解決しません。

「行動」に着目することが重要なのです。

ここで、本書にも例が出ていた会社員の「タカシさん」の行動を見ていきましょう。

「弱音を吐く」というのは、行動として曖昧なので、具体的に

【「僕はもうだめだ」と言う】

行動として考えます。

 

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500

 

タカシさんは、ほとんど口ぐせのように、

「僕はもうだめだ」

と言います。

上司や同僚からは、「タカシさんはすぐに弱音を吐く人」という風に見られています。

穏やかで優しい同僚たちは、タカシさんが弱音を吐くたびに

「何かあったの?」

とか、

「大丈夫?」

と声をかけます。

タカシさんの上司も怒鳴ったりするタイプではなく、励ましていました。

この流れを文章で表現すると、、、

【同僚に声をかけられていない ☞ 「僕はもうだめだ」と言う ☞ 同僚に声をかけてもらえる】

とか、

【上司に励ましてもらっていない ☞ 「僕はもうだめだ」と言う ☞ 上司に励ましてもらえる】

という行動の流れとなります。

 

人は「行動の後になにがあるか」によって行動する

この行動の流れから分かることはどのようなことだと思いますか?

そうです。

お気づきの方も多いと思いますが、このタカシさんの、

【「僕はもうだめだ」と言う行動】

には、メリットが隠されているのですよね。

たとえば、タカシさんが「僕はもうだめだ」と言うと、

▼同僚に声をかけてもらえる

▼上司に励ましてもらえる

▼困難な作業を軽減してもらえる

▼自分を助けてくれる環境があることに安心できる

というご褒美があるのです。

このようなタカシさん本人のメリットに気づかずに、

「精神が弱い」

とか、

「甘い」

などと言っても問題は解決しないのです。

ということで、このタカシさんの行動のプロセスを考えていくと、

「人はなぜその行動をするのか?」

という問いに対する大きなヒントが隠されているようです。

このプロセスを探っていくと、ビジネスでも、プライベートでも、そして大人だけでなく子どもにも、

「なぜ、あの人はあのような行動をするのだろう?」

という目的を見つけることができるようになるのではないでしょうか?

いま思いついたのですが、FacebookやTwitterでネガティブな発言をしている人は、タカシさんのようなメリットを感じているのかもしれませんね。。。(^_^;)

幸いにも、ぼくの社外の友人にはそのような人はおらず、「初セミナー開催します!」といった投稿をしている人ばかりですが。(笑)

もちろん、人にはそれぞれの価値観があるという大前提があります。

しかし、その個人の価値観に向かっていく行動には、共通の法則があるのです。

本書には、その行動分析学の内容が「実践編」として示されています。

ご興味があればぜひ!

【今日のお勧め本】

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
人が行動する目的には、必ず何らかのメリットが隠されているものである

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

自分の強みは自分の中にある。多くの人との出逢いと対話よって発見できる。

みんなが考えているより、 ずっとたくさんの幸福が 世の中にはある。 たいていの人は、 それを見つけられないだけなんだ。 メーテルリンクの名言です。 人が自分の強みや才能に気づくことに通じる名言です。 …

朗報!もともと持っている能力やスキルは高くなくても「任意の努力」があれば成果を出せます!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日の記事でご紹介したこちらの本。 【本日のお勧め本】 メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書 …

「自分で課題を設定する力」を育てる5つの質問

成長する人は「考える時間」をとる習慣があります。 その時間で磨いているのは「自分で課題を設定する力」です。   目次1 「自分で課題を設定する力」を育てるためには?2 課題に対する改善点を発 …

「素直に実行すること」は大切です。でも、その前に噛み砕くことが大切なんです。

目次1 学びを成果に変えるために2 学びをアウトプットする前に3 コンテンツを翻訳する4 成果を出すために 学びを成果に変えるために 昨日のエントリで、 「なぜ、良質なコンテンツを学んでも成果が出ない …

2冊の本に正反対の意見。迷ったときにどう対応すれば良いのか?

私は、「いろんなビジネス書を読むと、2人の著者がまったく反対の主張をしていることがあるけれど、いったいどちらを信じれば良いのだろう?」と思ったことがあります。 あなたは、どう思いますか?   …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。