【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣 仮説の習慣

「アメとムチ」はもう古い?ワンランク上の「アメとアメなし」コミュニケーションで考えよう!

投稿日:

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

昨日の記事でご紹介したこちらの本。

【本日のお勧め本】

行動分析学がコーチングにも通じている、そんな記述がありました!

 

【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】

————————————————————

【第10回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月18日(土)10:30〜12:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221749/

 

【第11回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月24日(金)19:30〜21:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221752/

————————————————————

 

アメとムチは古い?

「なぜ、人間は行動するのか?」

大きく言えば、よく言われるように、

▼快楽を得るため

または、

▼苦痛を避けるため

このどちらかの理由があるために人は行動します。

そのような流れで考えると、何かに習熟するため行動することは、いわゆる

「アメとムチ」

の発想になってくる人もいるのではないでしょうか?

コーチングを誤解されている人の話だと、コーチングを「アメとムチ」のコミュニケーションだと思っている人もいるそうです。(^_^;)

もちろん、クライアントさんのためにあえて「ムチ」的なアプローチをすることもあります。

しかし、ぼくがコーチングを好きな理由のひとつに、

「ムチを使わずに人の行動を変えられる」

ことがあるのです。

本書に面白い表現があったのですが、それは、

【アメとアメなし】

という言葉です。

「ムチ」よりも、ソフトな感じが良くありませんか?(笑)

ぼくはコーチングに関わっている人間として、この表現が非常にしっくりきたのですよね。

 

「アメとアメなし」で良い行動を強化する

ここで、たとえ話。

テーマは、

「アメとアメなし」

です。

例にあげるのは、野球のバッティング練習で「正しいスイング」を教える場面。

ティーバッティングで連続的にボールをネットに向けて打つトレーニングのときをイメージしてみてください。

間違ったフォームでスイングしてしまう行動をやめるために、どのようなコミュニケーションが必要だと思いますか?

ボールをトスする監督が、スイングするプレーヤーに向けて働きかけをするのです。

その働きかけを

「よし!っと声をかける」

行動と設定してみましょう。

まず、間違ったスイングをしてしまうときの行動の流れを説明します。

▼(1)「よし!」なし(直前)

▼(2)間違ったスイング(行動)

▼(3)「よし!」なし(直後)

監督から「よし!」と言われないことにより、行動に対するフィードバックが弱まります。

 

medium_4653275203
photo credit: clappstar via photopin cc

 

反対に、正しいスイングができたときの流れを考えます。

▼(1)「よし!」なし(直前)

▼(2)正しいスイング(行動)

▼(3)「よし!」あり(直後)

監督から「よし!」というフィードバックがあるとプレーヤーには喜びとなります。

これを繰り返すことで、プレーヤーは「正しいスイング」の行動を強化していけるようになるのです。

 

「ムチ」を消去する

このように、望ましい行動(今回の場合は「正しいスイング」)をしたときは、直後に褒める。

それ以外は何も言わない(いちいち叱らない)。

これを同時進行で繰り返すのです。

いちいち叱るよりも、たくさんのボールを打つ練習をしたほうが良いトレーニングになります。

ぼくは、

「教える側が向上しなければ、学ぶ側が良くなるはずがない」

と考えています。

教育や指導は、怒ったり叱るだけでは限界があるのではないでしょうか?

たとえば、イメージしてみてください。

あなたの上司が、あなたのミスのたびに叱るという行動をとることしか知らなかったら?

あなたの親が、あなたが忘れ物をするたびに「怒り出す」という手法しか知らなかったら?

学校の先生が、自分の心を落ち着かせる方法を知らずに、常にイライラして周囲の雰囲気を悪くさせてしまう人だったら?

・・・悲しくないですか??

それよりは、親がコーチングを知っていたり、先生が行動分析学を学んだりしている方が嬉しい。

ぼくはそう考えています(だから、お金がなくなるまで学習してしまいます・汗)。

そういえば、ぼくがさまざまな習慣に取り組んだとき、けっこう「ムチ」的な要素を取り入れたこともありましたが、あまり楽しくありません。(笑)

「ムチ」ばかり強化すると、挫折してしまう危険性もあります。

ですから、「ムチなし」で済むならそれに越したことはありませんよね。

この「アメとアメなし」は、部下がいる方は使える考え方ですし、親御さんがお子さんへの教育にも使えます。

まとめると、

【「ムチ」がなくとも、ポジティブなフィードバックを効果的に行えば、無理なく新しいスキルを学ぶことが可能だろう】

ということです。

「良いコーチング」とは、きっとこの「アメとアメなし」のようなコミュニケーションなのではないか?

ぼくはそんな風に考えているのです。

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の仮説】
「良いコーチング」とは、「アメとアメなし」のようなコミュニケーションなのではないだろうか。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 


-コミュニケーションの習慣, 仮説の習慣

執筆者:

関連記事

トークスキルを上げる方法。4ステップで話す力を高められる。

「うれしい!上達した!」 あなたは、最近そのような感覚を味わっていますか? 「上達感」を味わうために、再現性を感じた方法を記事にしました。   目次1 「上達した!」という成長感を味わう2 …

相手に信頼してもらうためのファーストステップは、自分が相手を信頼すること。

私たちは、チームメイトやパートナーに認められたら、うれしさを感じるものです。 では、相手に信頼してもらうには、どうすればいいのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 「伝説 …

なぜ米大統領の英語スピーチはわかりやすいのか?(コミュニケーションスキルを高める方法)

「アメリカ大統領の英語はなぜわかりやすいのか?」という質問があります。 この答えが、コミュニケーションスキルを高めるために重要な示唆を含んでいます。   目次1 スキルがないのにセミナー講師 …

「一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい」という名言をコーチングに活かす。

私が好きな言葉に、 “一本の映画を撮るように、人生をプロデュースしなさい” という名言があります。 これは、ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターだったイネス・リグロンさんの言葉です。 …

「目標」と「やりたいこと」の違い。あなたの目標は、どうなったら、それが実現したとわかりますか?

「目標」と「やりたいこと」。 似ているようで違う2つの言葉を比較しながら、目標について考える機会がありました。 あなたは目標をどのように位置づけていますか?   スポンサーリンク &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。