【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説の習慣

自分以外の人に優しくなれる!?性善説と性悪説と、もう1つの考え方。

投稿日:2014/11/28

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

ぼくは、たまに考えるんですよね。

人間という生き物を

▼性善説

で捉えるのか、それとも、

▼性悪説

で捉えるのか、ということを・・・。

あなたの意見はどちらですか?

 

medium_107186531
photo credit: colincookman via photopin cc

 

性善説で考える

性善説とは、

「人の本性は善であり、人を信じるべきだという考え方」

だと言われています。

メリットとして、自分以外の人も信じられし、「本当はあの人はいい人なんだよね」という感覚で人に接することができそうです。

デメリットとしては、人にだまされたり、傷つきやすくなる、というのがあるでしょう。

 

性悪説で考える

一方、性悪説とは、

「人の本性は悪であり、人は疑ってかかるべきだという考え方」

と言われますよね。

メリットとしては、詐欺にあったりしないとか、人を信じないぶん自分の能力を高める努力をしたり、といったことがあるかもしれません。

デメリットとして、恋人と一緒にいても心から安らぎを得られなかったり、孤独を感じることもありそうです。

 

第3案とは?

そんなことを考えていたた何年か前、浜口隆則さんの書籍を読んでいて

「なるほど!これは良い!」

という言葉に出逢いました。

それは、

▼性弱説

という言葉です。

 

【性「弱」説】

とは、つまり、

「人の本性は弱いものである」

という考え方です。

ぼくにはかなりしっくりくる言葉でした。

とにかく、人は弱さを持っていますよね。

たとえば、やるべきこと、やったほうが良いことってたくさんあります。

そうは言っても、分かっていながらできないことってありますよね?

早起きとか、運動とか、片づけとか。

そのようにできないとき、やりたくないときの言い訳は、人間は天才的です。

それは、一種の弱さではないかと考えるのです。

ぼくは、他の人に何かミスがあれば、その原因はその人の弱さから生じたものだろうと考えられるようになりました。

人の弱さを感じる。

そして、自分の弱さを知る。

そこをスタート地点で考えると、いろいろなことに対して許容範囲が広がるように思います。

実際、ぼくはだいぶ他の人に寛容になれました。(あくまで自分の感覚値ですけれど・・・汗)

「最近、ちょっとイライラしやすい」

そんなふうに思われる人にはお勧めの考え方です。

期間限定でも良いので試してみてくださいませ。(笑)

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の仮説】
「人は元来弱いもの」という立場に立って人間関係を考えてみると、自分以外の人に優しくなれるのではないだろうか?

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-仮説の習慣

執筆者:

関連記事

早起きが習慣化できる人、いつまでも早起きが習慣化できない人。その違いはどこにあるのか?

・早起きが習慣化できる人 ・なかなか早起きが習慣化できない人 その違いがどこにあるのかを考え続けています。 そこで、1つの仮説が出てきましたので、記事にしてみました。   スポンサーリンク …

人生で「やりたいこと」を優先するために好きなものから食べてみよう

「好きなものから食べる」タイプと「好きなものは最後までとっておく」タイプ。 あなたがどちらのタイプかによって、人生で「やりたいこと」をやっているかどうかがわかるかもしれません。   目次1 …

自分軸を見つける方法。福山雅治さんに学ぶオリジナルな自分のつくり方。

1つのことに集中できる人が良くて、分散してしまう人はだめ。 そのように言われることが多いように思いますが、必ずしもそれが正しいわけではないと考えています。   目次1 1つのことに集中できな …

「虎の威を借る狐」は悪い意味?「東京マラソン2015」で妖怪ウォッチ「ジバニャン」のかぶり物をして走りながら考えたこと。

  こんにちは、伊藤です。 今回の東京マラソンを走りながら、ぼくはある「ことわざ」を思い出していました。 「自分よりも影響力のあるパワーを借りる」 つまり、 「虎の威を借る狐」 ということわ …

「答えのない時代」に正解をつくり出す方法

私たちは正解がわかってから行動したいと思うもの。 でも、行動しなければ正解はわかりません。 この「答えのない時代」に正解をつくり出す方法を考えてみました。   目次1 「行動が止まってしまう …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。