【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣 良習慣の習慣

大盛り、肉食、夜食。。。「分かっているけどやめられない」食欲への対抗策を提案いたします!

投稿日:

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

昨日のエントリでお伝えしたフリーペーパー「R25」の特集「7つの悪習慣」。

本日は、2つ目の

(2)大盛り、肉食、夜食は×(バツ)「食習慣」

を克服していきましょう!

 

ご参考までに、7つの悪習慣とは以下の通りです。

(1)だらだらスパイラル「生活サイクル」

(2)大盛り、肉食、夜食は×「食習慣」

(3)鏡をみてふと気づく「運動不足」

(4)やめたくてもやめられない「ムダ遣い」

(5)あとでやろうが命取り「掃除・片付け」

(6)イヤイヤ参加の飲み会も「酒・人づきあい」

(7)無計画 = 満足度減「休日のリアル」

 

これまでのエントリはこちらです。

【ご参考エントリ】
「つい、だらだらしてしまう。。。」悪習慣の生活サイクルを抜け出すたった1つのアプローチ。

 

rice-235775_640

 

「三大ブラック食習慣」とは?

大盛り、肉食、夜食・・・

ついつい、やってしまうのですよね。

本書では、上の3つを

「三大ブラック食習慣」

と表現していました。(笑)

どのような回答があったのか、抜粋してみます。

 

米!油!肉!がやめられない外食のやりがち

Q.外食で「本当はしない方が良い」と思いつつ、ついやりがちなことは?

1位 つい「大盛り」を頼んでしまう

2位 揚げ物ばかり食べてしまう

3位 つい肉ばかり食べてしまう

 

後ろめたさを感じつつ、食べてしまうランチ

Q.「健康によくないかも」と思いつつ、つい食べてしまうランチメニューは?

1位 カツ丼・とんかつ定食

2位 唐揚げ定食

3位 ラーメン

 

6割近くの人に夜食の習慣アリ。食べがちなのは「スナック菓子」

Q.「ほぼ毎日夜食を食べる」「たまに夜食を食べる」を選んだ方に質問。何を食べることが多いですか?

1位 スナック菓子

2位 ラーメン(インスタント含む)

3位 パン、サンドウィッチ

 

うん、、、

気持は分かります。

今でこそダイエットに成功している最中ですが、リバウンド経験者なので。(^_^;)

食の悪習慣について、やせている今のうちに書いておきます。(笑)

 

食の悪習慣を断ち切る方法

アンケートは20代、30代の方ばかりということで、これらの回答が並ぶのは仕方のないことかもしれません。

しかし、仕方ないと言っているばかりでは、いつまでたっても食欲をコントロールできません。

そのままいくと待ち受けているのはメタボ体型です。(^_^;)

妻にも子どもにも尊敬されなくなるし、何より大切な家族より先に不健康になってはいけません。

家族を守るためにも、そして自分のパフォーマンスやメンタル維持のためにも、健康でいることはとても重要です。

 

そこで、ぼくがお勧めする対策を1つ。

それは、

▼食べたものを記録すること

です。

はい、そうです。

今さらですがレコーディングダイエットの手法です。

ただ、今さらかもしれませんが、やはりシンプルな手法こそ王道でもあるもの。

ぼくは、3年前に6キロのダイエットに成功したときは、レコーディングダイエットとジョギングだけでやせました。

そして、フルマラソンを初めて完走し、レコーディングダイエットを終えてから、、、徐々に体重が戻っていきました。(汗)

そして、昨年の12月から、あらためてレコーディングダイエットをおこない、7.5キロのダイエットに成功しています。

ぼくがダイエットをイベントごとにしてしまって続かなかっただけで、依然としてレコーディングの威力がどれだけ素晴らしいか、ということを思い知りました。

2回トライして、2回とも成功。

ぼくにあっているということを差し引いても、試してみる価値はあります。

 

「欲」にリミッターをかけるための工夫をし続ける

今回のダイエットは、ぼくの続ける技術も進歩していますし、やせてからもレコーディングを続けています。

また、習慣化のコツも上達しているので、このままいけばさらにやせるかもしれません。

記録をしていれば、自然に

▼大盛り

▼揚げ物

▼夜食

が、どの程度のカロリーか、思い知ることになるでしょう。(笑)

いまは便利なアプリがたくさんあります。

やってみると、菓子パン1個が、これほどハイカロリーであることに驚くのではないでしょうか。

また、ダイエットが進めば、つい「大盛り」と言いかけたときに「いや、せっかくスリムになってきたのにもったいないよね。」と思えるようになります。

ブログを1年続けるとやめるのがもったいなくなる、という気持に似ています。

ぼくは両方経験しているので分かります。(^_^)

ということで、食に対する悪習慣への対抗策は、

「レコーディングを続ける」

というプロセスに集中することです。

それは、シンプルに記録することでもあります。

習慣化の基本ですのでぜひ!

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日のダイエット良習慣】
食の悪習慣をやめるために、食べたものを記録する。

記録によって欲望にリミッターがかかり、悪習慣へのブレーキにする。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

現在、

▼「早起き習慣化3ヶ月プログラム」

▼「100人コーチング」

を募集中です!

コーチングにご興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ!

コーチングで成長したい方、目標を達成したい方へ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-ダイエットの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化とは「自分が自分をどう思っているか」を上書きしていくプロセス

習慣化は「くり返しの学習」が起こす変化です。 変化させる対象は「自分が自分をどう思っているか」という自己認識の領域です。   目次1 「早起き完全マスタープログラム」初日が終了2 卓越したス …

変化のない毎日に不安になったら?小さく行動と選択を変えてみよう。

「代わり映えのしない毎日にばくぜんとした不安を感じる・・・」 そのような思いにおちいるときはないでしょうか? シンプルに抜け出すアプローチを記事にしました。   スポンサーリンク &nbsp …

1日に複数の良習慣に満たされている人は何をしてきたのか?「習慣ロンダリング」で1日を良習慣で埋めつくそう。

原則というものは重要ですが、原則だけで対応できないことが多いのも確か。 それは一見、習慣化にもあてはまるように見えます。 ただ、そのプロセスを探ると、土台には原則があるのです。   スポンサ …

「こんど飲みに行きましょう!」が達成される確率を高めませんか?

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルート~ 購読料:¥200/月(申込当月 …

わたしが「情報発信は農業に似ている」という意見に賛成する理由について

目次1 ■妻から習慣に関する情報提供2 ■メリット1:インプットのクオリティーが向上する3 ■メリットその2:チャンスが増える4 ■情報発信と合わせて大切なもうひとつの要素 ■妻から習慣に関する情報提 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。