【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

その本から本当に得たいものは何?読書の前に自問して目的設定をしよう。

投稿日:

Pocket

レバレッジリーディングでも、フォトリーディングでも、本を読む前に「その本を読む目的を設定する」ことを推奨されています。

ただ、意外と忘れがちなので、本を読む前に自問することがおすすめです。

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s

 

スポンサーリンク

 

人はフォーカスしたものだけを見ている

以前、家で娘の運動会のビデオを見ていました。

小学校はじめての運動会。

娘がかけっこで1番をとった、記憶に残るレースです(笑)。

そのレースは1年生の女子4人が、横に並んで走ります。

娘は右から2番目のコースを走りました。

レース後半、グッっとスピードを上げます。

そして、見事にゴール!

そのような感じで、1年生女子のレースを何度か繰り返し見ていました。

ふと、「そういえば、友だちの○○ちゃん、走ってなかったよね?確かに、運動会にはいたのに。」と、妻にたずねました。

妻も、「あれ?そういえばそうだね。」との返事。

なんとも不思議な感じになったので、早送りでもう1度1年生のレースをみました。

すると、、、○○ちゃんを発見しました。

運動会どころか、きちんとレースを走っていました。

では、どのレースに走っていたのでしょうか?

それは、、、わが家の娘と同じレースでした。。。(^_^;)

私たちは、娘が走ったレースのほかの3人に対して、まったく意識が届いてなかったのです。

しかも、私だけでなく、妻も一緒に。

この件があって、「人間というものは、いかに自分が見たいものしかみていないか?」ということを強く実感しました。

 

読書によって得たいものに焦点をあてる方法

先にあげたように、人間の意識は、それくらい「必要なものに対してだけ」焦点を当てるのです。

これは、読書でも同じです。

本を読む前に、「何のためにこの本を読むのか?」ということを考えることによって、「本の内容のどこに焦点をあてるのか?」ということを考えておくことが大切なのですね。

かんたんな手法としては、読書をする前に自問することです。

たとえば、本の表紙を見ながら、

・「私がこの本を読む目的は何だろうか?」
・「私がこの本から得たいものは何だろうか?」
・「私はこの本を読み終えたら、どんな気持になっていたい?」

といった質問を自分に投げかけてみるのです。

この問いかけをやっておくことによって、問いが答えへの意識を高めます。

すると、あなたが本から得たい情報に焦点があたります。

そのようにして、本から答えを得やすくなるのです。

これは、まさに私たち夫婦が娘のかけっこに対しておこなっていたことです。

「娘が一生懸命に走って、1番にゴールする姿をみよう!」と思っているから、自分の娘にしか意識が向かないのですね。

たとえ、仲の良い友だちの女の子がすぐとなりを走っていても気付かないくらいに。

目標を定めてひたすらまい進する様子を「脇目も振らず」という表現しますよね?

それは、「目的にフォーカスできている状態」ということです。

 

本を読む前に「読む目的」を設定しよう

私たちは本を読むときに、どうしても網羅的にすべての文章を最初から読みたくなります。

それは、親に読んでもらった絵本や、国語の授業で習った読み方だからでしょう。

しかし、従来と同じ読み方をしていたら、時間がいくらあっても足りません。

それに、本を読むときは、

・知りたい内容が書いてある
・学習している項目がある
・スキルアップに役立つ事柄が記載されている
・話のネタにしたい

といった目的があるはずです。

それなのに読み進めるうちに目的がずれてしまい、いつの間にか「本全体を読了すること」だけが目標にすり替わってしまいます。
(私も、よくやってしまいます。。。)

だからこそ、その本を読む目的を忘れないようにする。

8月に入ってマインドマップ読書術を実践しているうちに、「目的を定めることの重要さ」をあらためて認識しています。

あなたも、ぜひ、読書に取りかかる前に、

・「私がこの本を読む目的は何だろうか?」
・「私がこの本から得たいものは何だろうか?」
・「私はこの本を読み終えたら、どんな気持になっていたい?」

と、自問してみましょう。

のほほんと読書するより、間違いなく効率があがります。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

あるコーチング講座から、「参加してみませんか?」という打診がありました。

お声かけいただけるのは光栄な講座なので、なんとか調整して参加したいと考えています。

まだ内容は公開できないのですが、コーチとしての日頃の活動を評価された・・・と思いたいです(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

オンライン読書会を開催する5つのメリット

今日は早朝5時30分から、オンライン読書会に参加しました。 オンライン読書会の可能性とメリットを記事にまとめます。   目次1 オンライン読書会を初体験2 オンライン読書会を開催する5つのメ …

習慣化初心者のトレーニングとしてのおすすめは読書の習慣

先日、私が最初に取り組んだ習慣化について尋ねられる機会がありました。 私が最初に取り組んだのは「読書の習慣」であり、それは今でもずっと継続している習慣です。   目次1 オンライン書店でもリ …

はずれ本をひかないためにどうしていますか?私が選書で実践している5つのステップ。

ここのところ、「はずれ本」をひくことが減りました。 その分、「当たり本」にめぐりあう確率は高まっています。 それは、私が購入前におこなっている本のチェックが上達したからだと考えています。 はずれ本をひ …

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断。惰性で生きるのをやめて、決断を積み重ねよう。

人生には二通りのコースしかない。 「ヒツジのコース」と「ライオンのコース」だ。 千田琢哉さんの「ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!」の冒頭に書かれているこの言 …

未完了になっていた1,000ページを超える長編小説「騎士団長殺し」を再開して、読了した3つの工夫。

1,000ページを超えるような長編小説を読むとなると、ちょっとひるんでしまいますよね。 時間が十分にないときはなおさらです。 それでも、ちょっとコツを組み合わせることで、タスクは前進するのです。 &n …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。