【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣 質問の習慣

「脳は空白を嫌う」性質を活用して、人生の目的に気づく方法

投稿日:2019/11/16

Pocket




人の脳は「空白を嫌う」ものです。

この性質を活用して、あなたの人生における重要な気づきを得る方法があります。

 

セミナーのネタ出し中に脳に生じた「空白」

今日、娘と一緒に図書館に行きました。

図書館で「ミラー効果」を得ようという狙いです。

「ミラー効果」で仕事や学習の集中力を高める方法

 

図書館訪問のメインの目的は、来週に迫ったセミナーの内容を考えること。

・2019年11月20日(水)19時30分~21時00分
良習慣プロフェッショナルコーチがおすすめする
「複業を加速させる3つの習慣」
https://www.shumatsu.net/schedule/zemi_191120.html

 

今回は自主開催のセミナーではなく、ご招待していただく形。

さらに新しいコンテンツのため、ネタ出しやアイデア出しが必要なのです。

先日コーチングセッションを受けているときに、セミナーの大きなコンセプトは決まっていました。

そのおかげでおおよそ構成は頭の中で決まっている状態です。

ですから、その流れをマインドマップに描き出していました。

しかし、その途中でストップしてしまったところがありました。

ゴール設定は得意ですし、アクションプランを設定することも得意です。

ただ、ちょっと抜け落ちていたのは「現状」を知るプロセス。

ここがないと理想と現実のギャップが見えません。

スタートとゴールだけあっても、プロセスがなければ進めませんよね。

やはり頭の中だけで考えているのはだめなのですよね。(^_^;)

描き出してみて良かったです。

ただ、その時点で家に変える時間になり、「現状」の部分がわからないまま図書館をあとにしました。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





突然のメッセージが「脳の空白」を埋める

「現状を知るワーク、何がいいかな・・・」と考えるともなく考えていました。

ワークはいろいろあるものの、思い出すのは時間がかかりすぎるものばかり。

みっちりやることがでれば最高なのですが、セミナーの時間を考えると現状把握にそれほど時間を避けません。

それで「どうしようかな・・・。あのマインドマップの空白を埋めないと」とぼんやりと考えていました。

この時点で、私の脳に「空白」ができていたのです。

そして、図書館から帰宅して家族で食事をしました。

そのあと、妻と一緒に食器洗いをしていたときです。

突然「あっ、あのワークをやろう!」とアイデアがやってきたのです。

自分が描いたマインドマップに生じた空白。

そこに、時間差でパズルのピースがピタッとはまる感覚です。

食器をすすぎながら思わず「きた!」と突然叫んでしまいました。

家族は「えっ?どうしたの急に?」って感じでしたけれども(笑)。

ただ、こういう瞬間って、すごく爽快感があるんですよね。

あなたも、きっと味わったことがあると思います。

そのきっかけは何か?

そう、質問のパワーなのです。

質問によって「脳に空白」ができます。

これは、心理学でいうところの「ツァイガルニク効果」のように、未完了のことが気になる感覚にも似ているものです。

完了していないので気になってしまい、潜在意識がずっと答えを探している状態なのです。

この状態を意図的につくり出すことが、アイデアやいい発想を生み出すために重要なのです。

「ツァイガルニク効果」については、下記の記事をご参考いただければと思います。

モチベーションは鮮度。「いつか」という言葉があなたを「変われない人」にしてしまうかも。

 


■スポンサーリンク




積極的に脳に「空白」をつくる

このようにあえて脳に「空白」をつくること。

それが、あなたが求めている答えを見つけるためのひとつの方法です。

ですから、あなたが得たい答えがあるとしたら、その答えが出るような質問を自分に投げかけてみましょう。

たとえば、私が複業をスタートする際に難問だったのは、自分のコーチングについてキャッチフレーズをつくることでした。

自分が真剣に取り組みたいビジネスにキャッチフレーズをつけるということは、自分の信念や想いを端的に表現する言葉が必要。

そんな風に考えていたので、簡単には出てこなかったのです。

そのため、私は、

「自分の人生にキャッチフレーズをつけるとしたら?」

という質問をくり返し読むようにしていました。

こういうキャッチフレーズはコピーのようなものは、なかなか単純にはいかないものなのですよね。

ですから、質問したらすぐに答えが出るものではなかったのです。

もどかしい気持ちでした。

そんな悩みを抱えていたとき、ジョギングをしているときに突然、言葉がふってきました。

そのキャッチフレーズは、

「良習慣の積み重ねで、自分がなり得る最高の自分になることができる」

というものでした。

これは、何かロジックがあって生まれた言葉ではなく、突然やってきたものです。

ただ、その幸運を生み出すためには、

・質問によって「脳に空白」をつくっておく

という行為が必要だったのですね。

このような重要なメッセージというのは、いつやってくるのかわかりません。

コントロールできないものだからです。

ただ、だからといって何もしなければ、気づきが起きることもありません。

ですから、すぐに答えられないようなスケールが大きい「問い」も、積極的に自分になげかけておく必要があるのです。

ですから、たとえば、

・私が生きる目的は何か?

・私の使命(ミッション)は何か?

・私が人生をかけて成しとげたいことは何か?

・余命3年だとしたら、私が本当にやりたいことは何か?

といった深度の深い質問を投げかけておくことをおすすめします。

それも、できれば週に1度くらいは質問を投げかけてみる習慣をつけてみるといいでしょう。

このようにして、アクティブにあなたの脳に空白をつくること。

それが、内的に重要なメッセージを受け取るためにやっておきたいことなのです。

ぜひ、試してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、会社の取引先の韓国の方々と早めの忘年会。

楽しい時間となりました。(^_^)

帰宅後、楽しみにしていた「孤独のグルメ」を観ている間に寝落ちしました(笑)。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

ぼくが共感した「ダイエットと早起き」に共通する3つのこと

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日受講した習慣化コンサルタント・古川武士さんの月例の習慣化セミナーは「ダイエット」がテーマ。 【ご参考】 …

失敗を自己否定と切り離す方法。成果に必要な失敗というスパイス。

トライアスロンのレースで、またもや「失敗」をしまいました。(^_^;) この「失敗」を、単なる「失敗」にしないようにするために、「失敗」をとらえ直してみました。 もし、あなたが「失敗する自分はだめだ」 …

環境激変のために重要な2つのキーワードとは?そして、予想し得ないかけ算は突然起きる

目次1 ■ふたたび小野裕史さんのトークライブより2 ■小野さんからの学び その1:巻き込む力3 ■小野さんからの学び その2:乗っかる力4 ■巻き込み+乗っかり=結果は? ■ふたたび小野裕史さんのトー …

たとえ自分が「鈍い刀」でも、磨き上げることをあきらめない

あなたは名刀でしょうか、それとも鈍刀(どんとう)でしょうか。 たとえ鈍刀であったとしても、あきらめずに磨き上げていきましょう。   目次1 自分を「鈍い刀」のイメージに重ね合わせる2 良習慣 …

柔軟に、しなやかに。「素直は学びを最大化し、周囲に好かれる資質である」だとぼくが考える理由

最近、至るところで「素直であることの重要性」を耳にします。 個人主義が叫ばれているこの時代。 素直であることは、周りの意見やの世間の常識に流されて個性を失うことにつながる心配はないのでしょうか? &n …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。