【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

朝時間の確保で主導権を握る。まずは15分からスタートしてみましょう。

投稿日:2016/02/27

Pocket

先日、知人から「やりたいことがあるんだけれど、仕事が忙しくて日常があっという間に流れていってしまうんです。」という相談を受けました。

そのようなときこそ、何とか15分でも良いので朝時間を確保して欲しいと思っています。

alarm-clock-1191561_640

 

スポンサーリンク

 

嵐のような日常に対抗するためには、意識して自分の時間を確保することが重要

冒頭の知人のように、あなたにも、

「何か新しいことをスタートしたいけど、時間がない。」

「いろいろとやりたいことがあるけれど、到達するためには継続が必要だ。」

といったような悩みがありますか?

私は、過去もよく考えていましたし、今でもよく考えています。(^_^;)

そのようなとき、何か新しいことを始めるために確保しておくべきは、時間です。

時間を確保しないことには、やりたいことはできません。

新しいこともできません。

何より、毎日が嵐のように過ぎさっていくと、目の前のことをこなすだけで精いっぱい。

そもそも、何か新しいことを始めようという気にさえならないものです。

 

すぐに終わってしまう15分に不満を感じてみる

そこで、早起きして、朝15分でも良いので、自分だけの時間をとってみることをおすすめいたします。

出かける準備をしたり、朝食の準備をする必要があるかもしれません。

でも、できればそれらのマスト事項の前に、自分と対話する時間を確保してみる。

それだけで、多用な毎日の中に、自分の時間を取り戻すことができるようになります。

朝食の準備や身じたくの前に、15分。

・1日の計画をたてる
・ゆっくりコーヒーを飲む
・ストレッチをする
・本を読み進める
・片づけをする

何らかの活動をすると、15分はすぐに終わります。

「せっかく早起きしても、自由時間はすぐに終わっちゃうなぁ、、、」

最初は物足りなさを感じるでしょう。

ただ、それでもOKだと考えています。

「もう少し早起きしてみようかな?」という気持が出てくる可能性が高いからです。

 

少しずつ、徐々にコントロールできる時間を増やしていく努力をする

はじめは15分でも大変かもしれません。

でも、慣れてくれば15分に不満を感じる。

そうして、30分、45分、1時間と少しずつ自由時間を増やしていくのです。

朝時間に主導権を握ることができれば、そのコントロール感は1日を通してつながります。

就寝時間まで、波及効果が続くのです。

クライアントさんをみていると、15分を上手に使えるようになると、日中の時間の使いかたもうまくなるという相関関係があるように感じています。

時間に対する感度があがるのでしょう。

春が近づいてきていますね。

ぜひ、春から「朝15分の確保」を習慣化してみることをおすすめいたします。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、妻の誕生日でした。

家族全員で早起きして新宿へ。

小田急ホテルセンチュリー サザンタワーで朝食を食べて、ゴッホのひまわりを鑑賞。

新宿中央公園でのんびりしながら、夕食は手づかみシーフードの「ダンシングクラブ新宿」へ。

食事をエンターテイメントに感じる時間となりました。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

熟睡するために、寝る前にふとんで読書(スマホ)をやってはいけない理由。

先日のセッションで、「早く寝たいのですが、寝つきが良くないんです。」という相談を受けました。 私の直感がはたらき、あるポイントををたずねたところどんぴしゃで、以前の私が失敗と同じような状況だったのです …

早起きに対する質問。「本当に早起きできる方法」は存在するのか?

「本当に早起きできる方法」は存在するのでしょうか? 早起きするための原理原則は存在しますが、万人に必ず適用できる方法というものは存在しないはずです。   スポンサーリンク   目次 …

早起き習慣化に挑戦している方に質問です。あなたは早起きの「例外ルール」と「歯止めルール」をつくっていますか?

  こんにちは、伊藤です。 おかげさまで、早起きを目指す方たちに接する機会が増えてきました。 その中で、ぼくがよく感じる傾向と対策があるのでご紹介いたしますね!     …

入眠時間へのプライオリティーをあげて早起きを習慣化させる!1日のはじまりを入眠時間から考えてみよう。【早起きの習慣】

  こんにちは、伊藤です。 本日、早起き習慣定着プログラムをご受講中のクライアントさんから、ぼくの早起きに対する新たな考え方を教えていただきました。 それは、 「1日のはじまりを入眠からスタ …

早起きできないまま10年が過ぎたら、あなたにどのような未来が待っていますか?

1月に16回目の早起きセミナーが無事に終了いたしましたので、2月の早起きセミナー開催を決めました。 【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 &#8211 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。