【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣

「やったほうがいいことトラップ」にはまらないようにする方法

投稿日:

Pocket

「やったほうがいいこと」は、大きなトラップです。

一見、必要そうに見える「やったほうがいいこと」。

これをいかに手放していくか。

それが、充実した時間をつくります。




 

「やったほうがいいこと」トラップ

以前、息子が大学受験のときに、学習塾の見学につき合った経験があります。

息子は国公立大を志望。

やらなければいけない教科のリストは、それはそれは長いものでした。

3教科しかなかった私から比べると、苦行のように見えるくらいに。

限られた時間で、できるのか。

完ぺきにはできないにしろ、どこにエネルギーを注げばいいのか。

もしかすると、いま通っている塾では力不足ではないのか。

そのようなことを家族会議で話しました。

そこで、新しい学習塾を検討することにしたのですね。

私もプロコーチ。

教育には興味関心があります(ありまくりですね・笑)。

塾の説明のあと、個別相談で息子が受けているアドバイスを後ろで聞いていました。

すると、そのアドバイスが出たのです。

「この参考書は、やった方がいいです」と。

それも各教科ごとに「やったほうがいい」という感じでした。

「やったほうがいいですって言うだけなら、私でもこの仕事ができるのでは、、、」と感じたことを覚えています。

「やったほうがいいこと」をすべてやるリソースがないから、塾の相談会にきているわけですから。

 

ビジネスでの「やったほうがいいこと」

私の経験談でもあります。

以前、ビジネスコンサルティングを受けているとき。

私の活動を認知していくための方法について相談していたら、

・ブログ

・メルマガ

に加えて、

・Twitter

・Facebook

・Instagram

・YouTube

・note

などのSNSを「やったほうがいいですね」というアドバイスを受けたのです。

なるほど、たしかに「やったほうがいいこと」です。

私も同じように感じました。

というより、以前からそう考えていました。

もともと、私は手を広げすぎる傾向があります。

欲ばりなのですね。(笑)

ですから、選択肢をブログとメルマガにしぼりこんだ経緯があります。

「もしかしたら、Twitterからコーチングの体験セッションの申込みがくるかもしれない」などと考えると、「やった方がいい」と思うタイプです。

それでも、「やったほうがいいこと」をやめる決断をしました。

3万以上のフォロワーがあったTwitterアカウントも消したのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





エネルギーの分配先に注意する

いろいろとSNSをやっていると刺激的で楽しさは増えます。

ただ、「やったほうがいいこと」にはトラップがあります。

それは「エネルギーが分散してしまう」ということです。

どうしても「広く浅く」になってしまいます(私は)。

時間は有限。

「やったほうがいいこと」ばかり追いかけていては本当に欲しい結果は得られないと感じています。

 

「たし算」の発想

私たちの本能は、現状維持が大好きです。

反対からいうと、新しいことや不慣れなことが苦手なのですね。

「今までと同じ」を好むのです。

ですから、理想の未来に進むときも「たし算」の発想になります。

現状まで取り組んできたものにプラスして、新しいことを増やしたくなる。

これが自然なのです。

 

習慣の「たし算」

習慣化も同じ。

たとえば、「成長を目指す」という目標を設定する。

そうなると、私たちはたいてい「たし算」に向かいます。

すると、

・複業をしたい

・ランニングをする

・ブログを書く

・資格に向けた学習もする

・読書する

・セミナーもやりたい

・コーチングもやる

という風に。

するとどうなるか。

私が見てきたパターンは3つ。

(1)選択肢を増やしすぎて動けなくなる

(2)いろいろとやりすぎて疲弊する

(3)本当に大事なことに投入する時間がなくなり成果が出ない

です。

広げすぎてエネルギーを失います。

結果、豊かさや幸福感まで減ってしまうのです。

 

「やらないこと」を決める

では、このようなときはどうすればいいのでしょうか。

おすすめは、「次の1週間でやらないことを決める」ということです。

「やったほうがいいこと」は放っておいても自然に増えます。

そして、「やったほうがいいこと」にとり組んでいると意外と楽しかったりします。

一方、デメリットもあります。

フォーカスするポイントがズレてしまうのです。

「あれをやらなきゃいけないのに、手をつけられてないな、、、」と思いながら着せずに、結局は1週間が終わる。

気にしてきたエネルギーが無駄になってしまうのですね。

どうせやらないことだったのなら、気にするだけエネルギーの無駄だったわけです。

これは、もったいないことだと思うのです。

 

■スポンサーリンク




「やったほうがいいことトラップ」にはまらないようにする方法

では「やったほうがいいことトラップ」にはまらないためにはどうすればいいのでしょうか。

おすすめがあります。

ポイントは「やらないことを選択し、集中することを決めること」です。

たったの3ステップでシンプルに考えていきましょう。

ステップ1:1週間のゴールを決める

ステップ2:やることを書き出す

ステップ3:やらないことを消す

 

ステップ1:1週間のゴールを決める

1つ目は「1週間のゴールを決める」です。

「私は今週をどんな1週間にしたいのか?」

それがなかったら、「断つことを決める」はできません。

決断の指針をつくる。

そのためには、目的地を決めなければなりません。

ですから、「私は今週をどんな1週間にしたいのか?」というイメージが必要なのです。

「すべてのものは2度つくられる」

それはゴールイメージも同じですね。

 

ステップ2:やることを書き出す

2つ目は「やることを書き出す」です。

あなたが目指す1週間は、どのようなゴールでしょうか。

そのゴールに結びつく行動はどのようなものでしょうか。

書き出してみることです。

たとえば、

・やりたいこと

・やる必要があること

・やらなければならないこと

・やるべきこと

など、あますところなく書き出していきましょう。

 

ステップ3:やらないことを消す

3つ目は「やらないことを消す」です。

ステップ2で書き出したリスト。

そこから、ゴールに向けて優先順位が低いものを消していきましょう。

・やらないこと

・やらなくてもいいこと

はもちろんのこと、ここで

・やったほうがいいこと

も見極める。

思い切って消し込んでいくのです。

残す行動は、できれば1つか2つまでくらいが理想です。

そうしたら、リストに残って浮かび上がった行動を見てみましょう。

いかがでしょうか。

「そうか、今週はこのタスクに集中すればいいのか!」という感情が湧いてくるのではないでしょうか。

それが、エネルギーが高まっている証拠です。

 

すべてを均等に扱うのはできない

「やったほうがいいこと」を消すと、重要なタスクにしぼりこまれます。

もちろん、それは永久にやらないタスクではありません。

今週は「やったほうがいいこと」かもしれませんが、来週は「やりたいこと」に変わっているかもしれませんので。

ただ、1週間の中で「あれもこれも」になると、エネルギーは分散します。

もちろん、「あれもこれも」が悪いわけではないのです。

今の時代、手を広げないとリスクがあります。

ただ、すべてを均等に扱うのは無理なのです。

ですから、「やらないこと」はもちろん、「やったほうがいいこと」も手放していく。

そのようにして、1週間ごとのメリハリを考えていくことが必要なのですね。

ぜひ、トライしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション。

お互いにランニングをしながら、商品づくりについて対話。

商品設計と時間のバランスなど、複業家が考えなければいけないことは多くて迷います。

そのようなときこそ、「サービスを売る」という視点ではなく、「お客さまを笑顔にする」という視点で考えたいものです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

「時間がないから続かない」は本当か?時間の言い訳が出るときに考えたいポイント

「時間がないから続かない」を無くすことができれば、「続かない人」が減りそうですよね。 私の事例をあげて「時間がないから続かない」を無くす工夫を記事にしてみました。   目次1 「時間がないか …

カイロスタイムとクロノスタイムを区別。大切な時間を「暇つぶし」にしないために。

古代ギリシアから伝わる言葉に、「時間」というリソースに対して意識しておくべき感覚が含まれています。 大切なことに集中し、時間を忘れて没頭する時間があれば、豊かな人生になるはずです。   スポ …

時間不足に悩むあなたに提案したい。時間の価値を「感情」から判断して行動を決めてみませんか?

あなたには、「時間の管理ができなくて困っているんです・・・」という悩みがありますか? もしかすると、あなたのタイムマネジメントに不足しているのは、「感情」という視点かもしれません。   スポ …

集中力を高める方法。4ステップであなたの「集中力マップ」をつくろう。

生産性を高め、成果をあげるためには「集中力」が必要です。 その「集中力」を、もっと意図的に高める工夫について記事にしてみました。   目次1 集中力とパフォーマンスアップに関係する「場所」2 …

「続く人」と「続かない人」が見ている時間軸の違いとは?

短期的に見れば「できていない」と思うことでも、長期的に見るとできているということがあります。 早起き習慣化も同じです。   目次1 習慣化では記憶より記録が重要2 人生はクローズアップで見れ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。