【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

「あー、なんだかもやもやする」状態を抜け出す特効薬。頭の中を整理するためにとにかく会話をしてみよう。

投稿日:2018/03/05 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分が無意識に使っている言葉にも、自分なりの区別があるものです。

それは、自分が誰かに話しているときに気づくことが多いと思います。

それは、相手に話しながら自分で情報を整理しているから起こる現象なのです。

 

スポンサーリンク

 

一面的にはいかない欲求の基準

以前のコーチングセッションで、興味深い気づきがありました。

クライアントさんのテーマは詳しくは書けませんが、興味関心がある活動について対話を重ねているときに、クライアントさんに気づきがありました。

それは、「教える、伝える」という行為について、でした。

「教える、伝える」をビジネスにしている人は多いものですよね。

私が話を聞いていると、クライアントさんは講師やスピーチなどの行為に自分の欲求が刺激されているように感じました。

ですから、「教える、伝える」が良さそうに感じたのです。

ただ、それは表目的なところでした。

なぜなら、その一方で、コーチングや個別指導のインストラクターなどは「苦手です。やりたいとは思いません。」ということだったのです。

・講師やスピーチ
・コーチングやインストラクター

は、「教える、伝える」という行為は共通している要素があるはずなのに、クライアントさん本人の中では明確に欲求が分かれていたのですね。

そこで、より深掘りしていくと、その基準がわかりました。

それが、

・1(自分)対多人数
・1「自分)対1(マンツーマン)

という違いだったのです。

クライアントさんは、「 1(自分)対多人数 」に刺激を感じていたのです。

そこで、今後とり組む分野としては、

・1対多人数

を狙い、

・1対1(マンツーマン)

は避ける、ということが明確になりました。

これは気づきとして、腑に落ちたということで、そこから小学校時代の記憶がよみがえり、「ああ、やっぱり子どもの頃からそうだったんですね〜。これは本物の欲求ですね(笑)」ということがわかりました。

これは、セッション前はまったく想定していなかった内容であり、テーマもざっくりしていたのですが、セッション後は「重要な気づきでした!」というフィードバックをもらいました。

クライアントさんはコーチに話すことによって頭の中が整理され、新しい刺激とともに気づきが起きたのですね。

 

話しをすることで頭の中が整理される効用

前述の例のケースでは、もしもクライアントさんの「教える、伝える」という行為だけを見てしまって、そのような職業を目指したとしましょう。

そこで、仮に苦手なマンツーマンの仕事についてしまったら、これはかなりきつい。

毎日のように苦痛を味わいますよね。

そうなってしまったら、時間やコストの損失は膨大。

セッションによって、回避できたということであれば、対話の役割は大きいはずです。

このように、自分で考えがまとまらないときや頭の整理ができないときが誰にでもいいあると思います。

そういうときは、あることないことを思い悩み、時間だけがすぎていってしまうことはないでしょうか?

まるで思考の迷宮に入ってしまったみたいに。

そのようなときは、自分だけで考えるのをやめて、ほかの人にそのテーマについて話してみることがおすすめです。

これは、いわゆる「相談する」というレベルまで達していなくてもOKです。

ただ、考えている事柄を自分なりに言語化して、話してみるだけでいいのです。

特に相手にアドバイスを求めることも必要ありません。

あなたにも、「あるできごとを知らない相手に背景から説明していたら、頭の中が整理されて解決してしまった」という経験が1度や2度はあるのではないでしょうか?

私自身、

・友人とのランチでの会話
・妻との晩酌での会話
・マイコーチとの会話

といった瞬間に気づきが起きた、という経験が何度もあります。

これは、心理学でいうと「オートクライン」という現象がはたらいているのです。

 

煮詰まったら聞いてくれる人を探してみよう

人は、相手に話しながら、じつは自分自身にも同時に話を聴いています。

自分の耳で、自分の話を聞きながら、頭の中を時系列や分野別に片づけをしているのですね。

ですから、ただ話すことで、自分の頭の中は自動的に知識や情報を整理できるのです。

たとえば、オフィスの仕事で前進しないことがあれば、自分ひとりで考え込まずに雑談的に先輩や同僚などと話をしてみましょう。

「ちょっとこんなことで煮詰まっちゃったんですが・・・」と言って話をすれば、相手はそれほど嫌がることはありません。

その際は「5分くらい話を聴いてもらえませんか?」と時間も伝えれば、相手も安心して話を聴いてくれるはずです。

そうして、「自分で話ながら、自分で聞き、考える」わけです。

これが、まさにコーチングセッションの効果でもあります。

コーチの場合は、質問の在庫をたくさん持っているはずですので、

・その課題は5年後の理想の状態とどんなつながりがあるんですか?

・いま1番重要なことは何ですか?

・あなたが持っているリソースはほかにどんなものや人がありますか?

などという質問をしてくれるはずです。

自分ではあまり自分自身に投げかけない、けれども重要な質問でしょう。

これは、本の質問集を読みながらやってもいいのですが、それだとなかなか重い腰をあげられないのが人間(だということがよくわかってきました。実体験から・笑)。

それよりも、時間を確保して、対面やSkypeでセッションという時間と場所に制約がある環境の中で瞬間のひらめきや気づきを起こすことが有効です。

それによって新たな思考が生まれ、新たな気持が生まれ、新しい行動につながっていくのです。

自分ひとりでやるよりも短期間で成果を出したい人は、パーソナルコーチをつけて、月に1〜2回のセッション時間をとることをおすすめしています。

それによって、たとえば「先のばしする」というあまり良くない習慣をやめて、停滞していた課題を前に進められるでしょう。

プロコーチは専門です。(笑)

コーチングのお申し込み

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

早朝からお昼にかけてコーチングセッションを4件。

心地よい疲労を感じつつ、先日の妻の誕生日祝いとして、妻へひとり時間をプレゼント。

私は娘と2人でデートを楽しみました。

本屋に行ったところ、私が好きな「プレイボール」という野球マンガの続編を発見。

即座に2巻まで買ってしまいました。(笑)

また、同じく好きな漫画家・弘兼憲史さんのおもしろそうなマンガも発見。

衝動買いしてしまいました。(笑)

たまにはいつもと違うジャンルにも目を向けるのもいいですね。(^_^)

【募集中】
3月9日 19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

初対面での会話に困らないために。プロコーチおすすめの3つの質問。

初対面のかたとの会話、あなたは得意でしょうか? 私自身、人みしりの部分があるので苦労はしていましたが、今ではだいぶ免疫がついてきました。 その理由の1つに、会話で質問を使えるようになったことがあります …

せっかく立派な目標を立てても能動的に行動できない理由の1つは「素直な欲望がないから」ではないでしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 突然ですが、 「なぜ、人は思ったことをすぐに行動にうつせないのか?」 ということを改めて考えました。 ぼくがマイコーチからコーチングを受けたり、コーチとしてクライ …

コーチを選ぶ際の私の3つの基準。コーチもマイコーチを雇うべきか?

コーチング業界では、コーチがマイコーチを雇うことが多いです。 私も肯定派なので、その理由を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 コーチ自身にマイコーチは必要か2 …

マスターコーチに学ぶ!プロとは、「誰もができることを、誰もができないレベルで行える人」。

あなたは、「プロフェッショナル」という言葉から、どのようなことをイメージしますか? 「その仕事を生業にしている人」とか、「何からの専門家」など、おそらく、人によってイメージは様々だとは思います。 その …

あなたのベクトルはどこを向いている?「相手のために」を考えなければ「今すぐ!」を引き出せない。

誰でも自分のことは大事ですよね。 ただ、その視点を真剣に相手に向けると、相手にも伝わるものです。   スポンサーリンク   目次1 準備に時間をかけるルーキーコーチの話2 ベクトル …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930