【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

「いい人に思われたい」という考えが強すぎると、人生の主導権がなくなる3つの理由。

投稿日:2018/11/30 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「いい人でなければならない」という信念を持っている人は、多いかもしれません。

しかし、ほどほどのところで「いい人すぎる」自分を手放していかないと、複業の成果を出すのは遅くなります。

 

スポンサーリンク

 

「いい人すぎる」を目指してしまうデメリット

複業スタート時は、本当にひとりビジネスがうまくいきませんでした。

それは、スキル不足や起業家マインドの欠乏など、現実的な問題がたくさんあったことが原因です。

それはそうですよね、ひとりビジネス初心者なので、急にビジネスが垂直立ち上げになるはずはありませんので。

ただ、そのような現実的な不足や欠如のほかに、大きな問題があったのです。

それが、「いい人と思われたい」という感情です。

私はこの信念が強く、なかなか手放せませんでした。

もちろん、「いい人」であることが必ずしも悪いとはいいません。

ただ、「いい人すぎる」を目指してしまうと、成果が出るまでに時間がかかるのだと考えています。

 

「いい人すぎる」と複業がうまくいかない3つの理由

なぜ、「いい人すぎる」を目指してしまうとひとりビジネスで成果が出ないのでしょうか?

その理由を3つ考えてみました。

 

1:ほかの人との摩擦を避けてしまう

誰とも摩擦を起こさない「いい人すぎる人」を思い浮かべると、自分の意見を言わない傍観者になっていないでしょうか。

これは、自分の意見を言うと「この意見は誰かを傷つけてしまうのではないか?」という言葉が頭をよぎります。

結果、自分の意見を押し込めてしまうのですね。

そうなると、「あの人は自分の意見がない人」だという評価になります。

「自分の意見がない人」には、お金を払うのは不安でしょう。

これは、以前、私が会社で言われたことですなのですが。。。(^_^;)

 

2:自分のアイデアを出すことを恐れる

「いい人すぎる人」は、自分がアイデアを思いついたときに、「でも、誰もやってないからな・・・」と尻込みしてしまうことがあります。

これでは、ひとりビジネスはなかなかうまくいかないでしょう。

成果を出す人は逆で、「誰もやっていないからこそチャンスだ」と考えます。

また、そこに飛び込む際も計算してリスクをとり、ベビーステップで少しずつトライしていけるのですね。

そうして試行錯誤して進んでいき、成果につなげるのです。

 

3:強い自己主張ができなくなる

「いい人すぎる人」を目指すと、自己主張ができなくなります。

ただ、「自分はこう思う」という意見が出せなければ、ほかの人に従わざるを得ません。

それは、主体性のない人であり、ほかの人の都合で生きたい人になってしまうでしょう。

自分の主張よりも、ほかの人の主張を優先して生きるのは疲れるものです。

そうなれば、ひとりビジネスもうまくいかなくなってしまうでしょう。

 

「いい人すぎる」自分を手放していこう

もちろん、人間性の部分では「いい人」の要素がなければ、複業やひとりビジネスは長期的にはうまくいかないように思っています。

ほかの人に嫌われていては、コーチや士業のような対人援助職を続けることは無理ですものね。(笑)

100人が100人に賛成される意見はありませんが、もしあるとしたらそれは「赤信号は守りましょう」といった意見になってしまい、おもしろみがありません。

「時間またはお金をかけてもいいもの=コンテンツ」として成立しないでしょう。

ですから、「いい人すぎる」ことは、マイナスに作用してしまうのですね。

ネガティブな意見が出るということは、人の感情が揺れ動いたということです。

それは、自分の意見が、ほかの人に刺さったということでもありますから、良いことでもあるはずです。

実際、「好きな芸能人ランキング」に入っている人が、「嫌いな芸能人ランキング」に入っていることもあります。

それだけたくさんの人に認知されているということでもありますし、その人の言動や行動にフックがあるということでしょう。

自分の常識や固定観念を超えたところに成果がある場合は、多いものです。

「いい人すぎる」ということは、世の中の常識やほかの人の常識にしたがうことと同じです。

人生の主導権を握り、コントロールを取り戻したいと思う人は、少しずつでもいいので、「いい人すぎる」自分を手放していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでセミナーに参加。

時間を制限して、15分で2,000文字の記事を手書きで取り組むワークにトライ。

結果として、1,200文字くらいしかかけませんでしたが、私にとっては非常にいいスピード感。

そのあと文字を追加して、書く仕事を1つ進めることができました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣, 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

早起きセミナーの遠方からの依頼を考える。赤字覚悟でも開催する覚悟があるか。

「遠方まで行って、採算は取れるのですか?」 先日お会いした方から、早起きセミナーの開催について質問を受けました。 遠方からの依頼をどのように考えるのか、私の考えを記事にしてみました。   ス …

ゼロから複業を考えるならどうするか?複業初心者スタートアップのための3ステップ。

先日、友人と話しながら「もし私がまったくのゼロからもう一度複業をやるとしたら、とのようなことを、どんな順番でやるだろうか?」と考えていました。 経験しているからこそ書けることがあるはずと思ったので記事 …

挑戦に不安になるときは「有るもの」に焦点をあてる。「無いもの以外は全部ある」というセルフトークを持つ。

何かにチャレンジしていくとき、「何に焦点をあてるか?」ということはとても重要です。 不安なときほど、「無いもの」ではなく、「有るもの」にフォーカスしていきましょう。   スポンサーリンク & …

「何でも自分の責任にする」を手放す。全身治療ではなく部分治療の視点を取り入れる。

ほかの人や環境のせいにするのではなく、自分の思考や行動を変えていくことが大切だと思っています。 しかし、それがいきすぎて自分を責めるのは避けましょう。   スポンサーリンク   目 …

自分の心の中の「やってみたい」を無視しない。その「やってみたい」は複業や天職につながっているかもしれません。

先日、「伊藤さんは、最初からコーチングをやりたいと強く思っていたんですか?」と質問されました。 頭で強く思っていたのではなく「やってみたい」と心が感じた、と答えました。   スポンサーリンク …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728