【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

チャンスを得る秘けつ。リスクに飛び込み、平凡に「NO」をつきつけること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

1つの事実から何を受け取るかは十人十色ですよね。

その反応の違いは、どのようなことから生まれているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「この世は◯◯だ」というビリーフ

私たちは、誰でも無意識の思い込み(ビリーフ)の中に生きています。

先日聴いていたセミナーで考えたのは、世の中をみるときに、

・この世はチャンスにあふれている

と思うか、

・この世は危険に満ちている

と思うかで、どのような人生になるか、大きく影響するだろうな、ということです。

たとえば、

・知らない大人についていってはいけない
・人は本当は悪い心を持っているものだ
・周囲がとめるのも聞かずにリスクを冒すと失敗する

というビリーフを持っている人は、「この世は危険に満ちている」と思うでしょう。

すると、行動力が弱まりますよね。

何か新しいことやチャレンジングなことをすると、危険にさらされる恐怖とたたかわなくてはならないからです。

一方で、

・この世はチャンスにあふれている

というビリーフを持っていると、どんな風に変わるでしょうか?

「こういう話があるけど、やってみる?」と言われたときに、チャンスを感じることができます。

すると「やってみたいです」と言える思考になるのですね。

ただ、これはどちらも思い込みであり、事実ではありません。

ですから、どちらを信じるかは本人の自由なのですね。

 

チャンスを活かして変化する人としない人の違い

じつは、私自身が、以前は、

・この世は危険に満ちている

という思い込みを持っていました。

ほとんど無意識なので自分でも気づかないのです。

ですから、何かチャンスがやってきても、「今回はやめておこう」となっていました。

しかし、ここ5年くらいの間は、

・この世はチャンスにあふれている

と思うようになってきました。

実際、私はこれまでにラッキーだけで生きてきた部分が非常に強いです。

そのようなときは、誰かにチャンスの課題を与えられ、それをクリアしていくうちに、いつの間にか自分の力もついてきたように思うのです。

周囲を見渡しても、チャンスを活かせる人というのはどんどん成功の機会を得ていますし、そうでない人は大きな変化がないまま何年もたってしまっています。

両者は何が違うのでしょうか?

私は、チャンス(らしきもの)がやってきたときに、思いきって飛び込むかどうかの違いがあると思っています。

思えば、過去にも、

・コミュニティーの勉強会で講師を募集していたときに「やってみたいです」と手をあげて、緊張しながら尊敬する人の前で超緊張しながら講師をやったこと(後にブログに書いていただいた感動は今でも忘れられません)

・「習慣化の学校」のサポートの依頼があったときも、「自分に務まるだろうか?」と思いながらも「やってみたいです」と返事をしたこと

・スイムの制限時間が短い横浜トライアスロンのレースに「やってみたいです」と返事をしたこと

など、リスクとも思える裏側にチャンスがあったのです。

そのように、自分がやれるかどうかわからないようなときこそ、チャンスを与えてくれる運のようなものが、私たちの度胸を試しているのかもしれませんね。

 

平凡であることにノーを言うことからチャンスが生まれる

運が良くなりたいと願う人は多いものの、それはどこか他力本願に聞こえますよね。

ただ、より良い変化を起こしていくためには、リスクをとっていかなければ何もスタートしません。

たとえば、サーカスで空中ブランコをやっているときは、片方のブランコからもう一方のブランコに飛び移らなければ、空中ブランコは成功にはなりませんよね。

ここを怖がって飛び移らなかったら、ただのブランコになってしまいます。(笑)

より良い変化というのは何らかの行動でもあるでしょうし、自己投資の金額かもしれません。

そのようにして新しいことに挑戦しながら運を良くしていこうと思うなら、おそらく平凡な人生とは逆になるでしょう。

ただ、自分の人生をとことん探求していきたいなら、まず最初に覚悟しなければならないことは平凡であること、つまり「その他大勢」をあきらめることです。

もちろん、ひとりだけ浮いてしまったり、まわりと違うことをすると、不安を感じると思います。

しかし、平均点をとることにノーを言わなければ、自分で何か「ことを起こす」のは難しいと思います。
(少なくとも私のような凡人は)

ですから、チャンスを得るために、ときにはリスクを冒して飛び込むことも必要。

チャンスに出会わなかった人はいないはずなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」第3期の説明会に参加。

実例をもとにしたケーススタディのリアクションが見事にバラバラで「人間っておもしろいなあ」と感じました。

そのときの感情から今日の記事を書きました。

人間心理というのは、学んでも学んでも、つきないのでしょうね。

【募集中】
1月12日(金)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

習慣の筋肉「習慣筋」。思考習慣も習慣筋を鍛えることで変えられる。

「考え方を変える」というのは、時間がかかるものです。 しかし、トレーニングによって「習慣の筋肉」を鍛えれば、思考習慣を変えることは可能です。   スポンサーリンク   目次1 ネガ …

自分自身に隠していた本音がわかる。思わずイラっとする瞬間ありますか?

あなたには「あの人、苦手なんだよなぁ・・・。」という人がいますか? 少し受け入れがたいことではあるのですが、その苦手な人の嫌な部分にあなたの願望が隠れている可能性があるのです。   スポンサ …

失敗なんてこわくない!失敗を学びに変える4つのステップ

あなたは、「すすんで失敗しよう!」と思える人ですか?     目次1 失敗を恐れない人は魅力的2 経験を整理するための4つのステップ2.1 1 経験を仕分けする2.2 2 経験から …

PDCAサイクルでは間に合わない!?「ダダダの無限サイクル」で最速の成長を目指そう

あなたは、「ダダダの無限サイクル」という言葉をご存じでしょうか? 「最近、いまいち自分の成長を感じられない」という方には、ぜひお勧めの理論です。     目次1 PDCAサイクルは …

自分を変える「良い思い込み」をつくるための3つのステップ。

「今の自分を変えたい」と頭では考えつつも、本能が持つ現状維持システムには、なかなか勝てないものですよね。 そこに立ち向かうための1つのアプローチとして、「良い思い込み」を持つことを提案したいです。 & …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031