【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣 質問する習慣

「やりたいこと」はインターネットを検索しても出てこない。質問で自分の心の中を検索してみよう。

投稿日:2018/10/29

Pocket

私たちは、毎日のようにPCやスマホで「インターネットを調べる」という行為をおこなっています。

その検索のように、自分の心の中も検索していきたいものです。

 

スポンサーリンク


 

「検索する」行為のデメリット

現代は、わからないことや解決したいことが出てきても、PCやスマホですぐに調べることができます。

もちろん、私も毎日のように検索するという行動をとっています。

しかし、検索に頼りすぎると、知りたいことがすぐにわかる反面、デメリットがあると思っています。

・それは自分の頭で考えるということをしなくなる

ということ。

検索もやりすぎると、自分の思考が停止すると思うのですね。

 

人もインターネットも良い質問が良い答えを見つける

私が「コーチングっておもしろい」と思う理由の1つに、「インターネットでは出てこない答えを見つけていく」というプロセスがあります。

インターネットで検索すれば、様々な情報が手に入ります。

しかし、クライアントさんに対して、「どんな質問をすればいいのか?」という事は検索しても答えが出てきません。

その答えは、相手の状況や性格タイプに合わせて、私自身が考える必要があるのです。

「検索する」という行動は、「インターネットに質問を投げかける」ということだと言った人がいますが、とても納得しました。

インターネットに不明確な質問をすると、あいまいな答えしか返ってこなかったり、求めていた答えが見つからないのです。

一方で、検索ワードが的確であれば、目的の答えにたどり着く確率も高まります。

こう考えていくと、インターネットの検索も人間の心理も同じ。

要は、

・良い答えを得るためには、良い質問が必要になってくる

というわけですね。

 

自分が「やりたいこと」は心の中を検索する

インターネットで調べればわかる情報がある今だからこそ、Web上にのっていないものを「自分で答えを見つける」という習慣を大事にしていきたいと思うのです。

たとえば、「やりたいことを見つける」というのは、まさに「検索しても出てこない情報」ですよね。

相手が、「やりたいことが見つからないんですよね」と言ったとき、その場でインターネットで「相手がやりたいこと」を検索しても答えは出てきません。

それよりも、相手に「子どもの頃、あなたが夢中になっていたことはありますか?」と質問してみる。

そこで相手が、「そういえば、野球ですね。」と答える。

そこで、「なぜ野球が好きだったんですか?」と尋ねれば、「野球をやっているときに両親が応援に来てくれて、試合で活躍したことでとても喜んでくれたんです。それで、プロ野球選手になって、人を楽しませる仕事をしたいと思っていました」といった答えがあるでしょう。

このとき、相手が求めているのは、インターネットに出ている答えではありません。

自分の心の中にある「やりたいこと」へのきっかけを知りたかったのですね。

 

相手の心の中の答えはすべて正解

人は、自分のことを話したい生き物です。

自分の気持を話したいし、相手と感情を共有したいと思うものなのです。

百科事典に載っているような情報なら、インターネットで検索すれば十分ですよね。

しかし、相手の心の中にある答えは、その想いを引き出すためのフックが必要。

それが、質問や問いかけなのですね。

さらにいえば、そのとき大事なのは「答えそのもの」ではありません。

答えるために相手が自分の中心にアクセスして、自分の頭で考え、自分の心に尋ねること。

それが大事なのです。

もちろん、これはテストやクイズではありませんので、答えは1つではありません。

むしろ、複数の答えがあっても、どれも正解です。

運良く、相手の情熱にふれる問いかけができれば、相手の表情は輝くでしょう。

 

自己対話の習慣も大事にしよう

さて、相手の心の中の答えを見つけることのほかに、大事なことがあります。

それは、自分自身の心に質問をすることです。

・自分がやりたいことは何なのか?
・自分の心が動く時はどんな瞬間なのか?
・自分が思わず行動してしまうときは何があるのか?

など、自分の心が動くようなことを知るためには、自分で自分の心を感じることが必要だから、です。

これが、自己対話です。

この自問自答の質があがると、思考や行動のレベルがあがり、結果として行動も変わります。

「どんな問いを持つのか?」によって、私たちの人生は変わります。

ぜひ、自分にいい質問をする習慣を身につけていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■セミナー開催のお知らせ

・【満員御礼】2018年10月31日(水) 19:30〜21:45
2019年を先取り!「2019年向け目標設定セミナー」
【お申し込みは下記よりお願いいたします!】
https://www.kokuchpro.com/event/7f3dae88f7ad1f641cd0ae79283c3515/

――――――――――――――――

■編集後記

昨日は、早朝のコーチングセッションが延期となり、そのまま終日「習慣化の学校」のサポート。

天気が良かったので、午後は青空セミナーとして芝浦公園でグループワークをおこないました。

個人的に停滞していた活動にもはずみがつきそうで、よい気づきを得られました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

初対面でも会話に困らないために。「ラポール」を作り出すための2つのやり方。

コミュニケーションが上手になるためには、テクニックやスキルも大事です。 しかし、テクニックやスキルが機能するためには、前提条件として「ラポール」が築かれていなければなりません。   スポンサ …

やりたいことが見つかる「50秒セルフトーク」を成功させる3つのコツとは?

  こんにちは、伊藤です。 先日のエントリでご紹介した「1分間行動イノベーション」。 【本日のお勧め本】 本気で変わりたい人の 行動イノベーション — 本当の欲望に素直になれば、 …

1年で4倍の成長を目指して。無料100人コーチングにチャレンジいたします!

「自己成長」という聞こえの良い言葉。 それもとても大事ですが、それだけでは私が目指す理想の世界の貢献軸にはほど遠いことが分かりました。(^_^;) そこで、新たなチャレンジを行うことを決断いたしました …

「やったほうがいいのに、先のばししてしまう」問題を解決する方法。階段を10段のぼるように「次」をイメージする。

「頭ではやることがわかっているし、やったほうがいいのは理解しているつもりなんですが、いざやろうとすると行動にうつせません。。。」 継続コーチングのクライアントさんから聞いたご相談で、もっとも多いパター …

締め切りは敵なのか?「日づけ」という「タイムリミット」の存在が、目標達成を助ける。

「締め切り」と聞いたら、あなたはどのような印象を持つでしょうか? 実は、締め切りという存在こそ、目標達成に必要な要素なのです。   スポンサーリンク   目次1 「タイムリミット」 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら