【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「頑張ってください!」より「応援しています!」

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■先日出場したトライアスロンと
昨日受けたTOEICの試験の前に感じたことです。
自宅を出発するときに、息子から、
「お父さん、頑張ってね!」
と応援の言葉をもらいました。
今までなら、
「応援ありがとう!頑張ってくるよー!」
という感じで、息子の応援を自分のパワーにしていました。
■しかし、息子に応援してもらった直近2回の「頑張って!」という言葉は、
なぜか、上手く自分のパワーに変えることができませんでした。
むしろ、なにか違和感のようなものを感じました。
もっと言うと、パワーにするどころか、プレッシャーになっていたのです。
■何が、今までと違うのでしょうか?
少し考えてみました。
そして、自分なりの回答にたどりつきました。
それは、
【自分の準備不足が原因】
ということだったのです。
トライアスロンは、仕事等でトレーニング不足を自覚していました。
特に苦手(今は)なスイムに非常に不安がありました。
TOEICも準備不足でしたし、自己ベストを更新できなかった前回のことが頭にありました。
■そのような準備不足を感じている場合、
「頑張って!」
と応援されると、妙にプレッシャーに感じるのです。
準備不足で不安があることは、自分が一番良くわかっています。
ですから、
「頑張って!」
と言われることは、
なんとなく自分の不安を見透かされたような気がするのです。(考えすぎ??)
■もちろん息子に悪気はありません。
父親に対する純粋な応援です。
日ごろ、わたしが息子に注意していることに対して、
「チャンス!」とばかりに父親にうっぷんをぶつけているわけではないのです(たぶん 笑)。
そんなことがあったからか、「カラーバス効果」で、最近非常に多くの「頑張ってください!」を目にすることとなりました。
これまで意識していなかったのであまり気づかなかったのですが、「頑張ってください!」という言葉って、本当に世の中にあふれているのですよね。
■わたしも気にせず、これまでに数々の「頑張ってください!」を言っておりました。
今になって考えると、言われた人が準備不足を痛感していたら、プレッシャーに感じていたかもしれません。。。(スミマセン!)
実際、
「いや~、僕(私)は、いつも準備万端なんですー!」
と言える人の方が少ない気がします。(笑)
代わりになる励ましの言葉って何があるのでしょうね。。。
明快な回答は出ていないのですが、
ひとまず、わたしは現段階では、
「頑張ってください!」
という代わりに、
「応援しています!」
という言葉を使おう、と思っています。
「頑張ってください!」は、言われた本人が
「頑張らないといけない!」
ということになってプレッシャーになりますが、
「応援しています!」
は、言われた本人がどうするか、ということよりも、
「わたしは、あなたを応援していますよ」
という態度を表明しているだけなのです。
ですから、言われた方が準備不足だったとしても、
それほどプレッシャーにはならないのではないでしょうか??
■そんなわけで、
「応援しています!」の方が、「頑張ってください!」よりも
プレッシャーが少ないような気がするのです。
よろしければ、あなたも使ってみてくださいませ。
わたしは、あなたを応援しています!(笑)
【今回の良習慣】
頑張っている人を応援するとき、「頑張ってください!」と言わずに、「応援しています!」と激励する
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

スキーのインストラクターがテニスのコーチ!?名選手が必ずしも名監督になれない理由を探る。

優れたコーチはどのような質問を持っているのでしょうか? それを効果的に説明する面白いエピソードを聞いたのでシェアさせていただきますね。     目次1 スキーのインストラクターがテ …

悪い習慣をやめるシンプルな方法。やめたい行動のトリガーを視界に入れない。

YouTubeや買い食いなど、あなたにはやめたい行動がありますか? そのようなときにまずおすすめしたいのは、やめたい行動のトリガーになるものを「視界に入れない」というシンプルな対策です。   …

習慣は第2の天性なり。あなたの天性は良習慣で開花する

才能がなくても、素質がなくても、境遇が良くなくても人生は終わりません。 良習慣があなたの中に眠っている天性を開花させてくれます。   目次1 「習慣は第2の天性」という名言2 「あの人と自分 …

今年のパフォーマンスを最大化するために最初に考えておいたほうが良いこととは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 年始の目標をたてると、ついつい 「売上ノルマを毎月達成する!」 「TOEIC800点を超える!」 「10キ …

不調におちいったときの脱出方法。自分なりの良いルーティンを持っておこう

いつも絶好調でいられるのが理想ですが、実現するのは大変でしょう。 それよりも、不調におちいったときの脱出方法を考えるほうがいいと思っています。   目次1 誰もが感じる好調と不調の波2 良い …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。