読書の習慣

自分が住んでいる街からリアル書店が無くなる3つのデメリット

投稿日:


・リアル書店のメリットとデメリット

・ネット書店のメリットとデメリット

があります。

「いいとこ取り」をすればいいわけですが、リアル書店に行かなくなることは避けたいものです。




 

住んでいる街からリアル書店が無くなった話

以前に住んでいた街で、ショッキングなことがありました。

実は、街からリアル書店がなくなってしまったんです……。

さみしいですよね。

「ショッキングとか、実は、というほどのことでもないじゃん」と思われるかもしれません。

「伊藤さん、AmazonやKindleがあるじゃないですか」と言われるかもしれません。

確かに、そうなんですよね。

AmazonやKindleは、毎日のように活用しています。

ただ、私にとっては「自分が住んでいる街にリアル書店がない」というのは、大きなデメリットなんです。

実際に、今年になって引っ越しをした理由の1つでもあります(もちろん、引っ越した理由はそれだけじゃないんですが)。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





街からリアル書店が無くなる3つのデメリット

街からリアル書店が無くなるデメリットを3つ考えてみました。

それは、

1:現物を見て「本を感じる」ことができない

2:出版のトレンドを俯瞰できない

3:街の教養の低下を止められない

です。

 

1:現物を見て「本を感じる」ことができない

1つ目は、

・現物を見て「本を感じる」ことができない

です。

ネット書店は、検索性には優れています。

キーワードを入れるだけで、関連本がたくさん出てきます。

大きなメリットです。

ただし、当然のことながら「本そのもの」に触れることはできません。

ちょっと感覚的な話になるんですが、

・「本を感じる」ことができない

のです。

「は?本を感じるって何ですか?」と思われるかもしれません。

ただ、私には大事なんです。

人生に影響するような運命の本に出会うときは「本を感じる」ときだからです。

たとえば、本棚にたくさんならんでいる本。

その中で、背表紙が1冊だけ光って(いるように)見えるときがありました。

即買いしてみて、やはり正解でした。

私にとっての名著だったんですね。

私の人生を変えてくれました。

一方で、ネット書店では、なかなか「本を感じる」ことができないのです。

ですから、街の身近な書店で、本を感じられないのは私にとってデメリットなんです。

 

2:出版のトレンドを俯瞰できない

2つ目は、

・出版のトレンドを俯瞰できない

です。

ネット書店でも、ベストセラーをチェックすることができます。

ただ、それはあくまでもデジタルの世界。

もちろん、悪いわけではないんです。

傾向をつかむことはできます。

ただ、新刊が平積みになっている光景は見られません。

レジ前に書店員さんのポップがあって「おすすめです!」と並べられているわけでもないんです。

何より、リアル書店を歩いていると「なるほど、最近のトレンドはイラストとか読みやすい本なんだな」と体感することができます。

最近は、表紙だけを変えて再販している本も多いことがわかりました。

ネット書店だとなかなか感じづらいんです。

理由は、

・俯瞰できないから

です。

リアル書店は、情報を身体で味わうことができます。

私はブログやメルマガ、本を書いているので「トレンド感」をキャッチすることは大事だと考えています。

地元でトレンドの情報をキャッチできないのも、やはりデメリットでした。

 

3:街の教養の低下を止められない

3つ目は、

・街の教養の低下を止められない

です。

リアル書店は、日本全国に限らず海外にも本を届けることができます。

便利です。

一方、リアル書店は基本的には地元の人たちが購入者です。

一見すると、不便かもしれません。

身近にしか広がらないので。

ただし。

そう考えると、本を読まない人たちが多い街は、成長や発展が停滞するのではないかと考えています。

当然、私の偏った見方だとわかっているんです。

ただ、たとえば、極端な話ですが、

(1)街の住人たちがまったく本を読まない街

(2)街の住人たちがみんな読書家の街

という2つの街があったとしたら、どちらの街が発展しそうでしょうか。

そして、あなたなら、どちらの街に住みたいですか。

私は

(2)街の住人がみんな読書家な街

の方に住みたいと思うんです。

さらに、子どものことも考えました。

リアル書店が無い街に何年も子どもが住み続ける。

想像すると、それはできれば避けたいことでした。

我が家の数少ない方針は「子どもへの書籍代はケチらない」ですし。

私以外の環境を考えても、やはり住んでいる街にリアル書店が必要でした。

 

■スポンサーリンク




リアル書店の魅力を感じてみよう

そんな想いもあり、先週末はとなり街の超大型のリアル書店に行きました。

1000坪を超える売り場面積の超大型書店。

東京都内でベスト10に入る大きさです。

ひとりで、たっぷり90分。

幸せでした。

「引っ越しして良かったな」と、あらためて感じたからです。

ちょうどその日は、午前中に本棚を整理したんです。

そのため「今日は見るだけにしよう」と思っていました。

「せっかく、本棚を片づけたんだから」と。

結果はどうだったか。

2冊買ってしまいました(笑)。

これでも厳選したんです。

無理でした。

「読みたい」という自分の気持ちにあらがえなかったです。

ネット書店だったら、「カートに入れる」として、いったん保留にできたかもしれません。

Kindleなら、サンプルだけ読んで満足してしまったかもしれません。

リアル書店では、できませんでした。

私には「同じ本を2回立ち読みしてしまったら、無条件で購入する」というマイルールがあるからです。

2冊とも、2回立ち読みしてしまいました……。

そんなマイルールが適用できるのも、リアル書店ならではです。

何より、あの大量の文字に囲まれた環境がいいです。

同じフロアにいる誰もが本を見ている雰囲気もいいんですよね。

そう考えると、結局、私がリアル書店の雰囲気が好きということ。

それだけなのかもしれません(笑)。

さて、あなたは最近リアル書店に足を運んでいるでしょうか。

「そういえば最近、本屋にいってないな」という方は、ぜひリアル書店に足を運びましょう。

そして、あなたが「感じる本」があれば、ぜひ買って読んでみましょう。

その1冊が、あなたの人生を変えてしまう可能性があります。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ワールドカップ観戦の影響で寝不足でした。(^_^;)

それでも、夜は17日開催の「三種の神器 エッセンシャルセミナー」の準備。

8割がたスライドが完成しました。

いい内容になってきているので、開催が今から楽しみです。(^^)

おかげさまで、残席があと1つです。

ご興味あれば、ぜひチェックしていただければと思います。

・【残席1】(12月15日お申し込み期限)
2022年12月17日(土)10時〜12時
あなたの人生を豊かに変える3つの習慣 「習慣化三種の神器」エッセンシャルセミナー


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

退屈な人生を避けるために。脳の「ネオフィリア」を満足させる方法

「成長」にもっとも相性がいい感情。 それが好奇心です。 ですから、日常の中に好奇心にアクセスする時間を増やすことで、成長し続けられるのです。   アインシュタイン氏が偉大な人になれた「強み」 …

自問自答をフォーマット化!正しい自問自答でロジカルな答えが出せるようになります

日常における決断力を高めたいと思いませんか? 本日は「正しく自問自答する技術」ともいうべきフォーマットをご紹介いたしますね。     子どもの塾を変えるか、変えないか 中学2年生の …

『書く瞑想』書評。書き続けた私が「村人B」から「主人公」になれた理由。

「やりたいことがわからない……」 「好きなことが見つからない……」 「自分の軸がブレまくる……」 それらの悩みを解決する方法があります。 それは「書く習慣を続けること」です。   自分の本当 …

『シン・サラリーマン』書評。真の安定を手に入れるために複業初心者に伝えたい3つのポイント。

悩めるサラリーマンにうってつけの指南書を読みました。 一読した感想は「く、悔しい。自分もこんな本を書きたかった……。」です、、、   600ページ超えの大著『シン・サラリーマン』 「ズシリ」 …

読もうと思った本をすぐに買う習慣。それでも本棚をあふれさない2つのルール。

読みたい本を忘れないために、どんな工夫をするか。 未読の本があふれないために、どんな対策をするか。 その2つに対して、私が運用している今のマイルールを記事にしてみました。   「やる気と気づ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。