【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

ついイラッとしてしまう人へ。「怒り」は自分の思い込み・信念・ルールを知るチャンス。

投稿日:2019/02/11

Pocket

つい怒ってしまうこと、ありませんか?

私はつい最近やってしまったので(笑)、あらためて「怒り」のメカニズムを記事にして分析してみました。

 

スポンサーリンク


 

つい「怒ってしまう」という悩み

「本当は怒りたくないのに、ついどなってしまう・・・」

そのように悩んだことはありますか?

私は比較的、怒りの沸点は低いほうだと思っていますが、それでもイラッとしてしまうことがあります。

一時期考えていたのは、「心理学を学び、感情をコントロールできるようにトレーニングしたら怒らなくなるのではないか」ということです。

しかし、「怒り」というのはその瞬間に感じてしまうもので、「怒らないようにする」というのは基本的には無理な話です。

コントロールできるのは、どのように「怒り」という感情に対処するか、そして表出させるのか、ということだけなのです。

いくら「怒らないようにする」と思っていても、感じてしまうことはコントロールできないのですね。

 

「怒り」は思い込み・信念・ルールを発見するチャンス

その「怒り」の感情がやってきたとき、「怒り」と向き合うために実験したことがあります。

その実験は、「怒り」という感情と冷静に向き合うようになるための有効なトレーニングになったので、本記事でご紹介したいと思います。

「怒り」がやってきたら、

・自分の思い込みや信念に気づくチャンス

と考えてみる、ということです。

たとえば、会社に毎日のように5分遅刻してくるスタッフがいたとします。

私なら、毎日のように5分遅刻してくるスタッフを見ると、イラッとしてしまいます(修行が足りません・・・)。

「あと10分早く家を出ればいいのに、、、」と思ってしまうわけです。

このようなときに自分の考え方に目を向けると、私の思い込みや信念の中に、

・時間を大事にしなければいけない

・会社に遅刻してはいけない

・ルールは守らなければいけない

といったものがあることを発見できるわけです。

私自身が大事にしている思い込みや信念は、いわば自分のルールのようなもの。

自分が大事に守っているルールを簡単に違反してくる人に対して、「怒り」を覚えているわけです。

「それはルール違反だよね」という風に。

しかし、それはあくまでも自分が大事にしているルールなだけであって、相手にはあまり関係がないのですね。

もちろん、たとえば会社に遅刻していいわけではありませんが(笑)、自分自身に直接的な被害がなければ、それほど強く「怒り」に転化する必要もないかもしれないのです。

 

「怒り」は自分と相手のルールが違うだけ

「怒り」 というのは、自分と相手のルールが違っているだけです。

自分はラグビーをやっているつもりで、パスを前に出さないようにして懸命にルールを守っている。

つらくても、なかなか前に進まなくても、「ルールだから仕方がない」ということで、きちんとルールを守っているわけです。

それなのに、相手はアメリカンフットボールをやっていて、簡単にボールを前に投げてしまうわけです。

そうなったら、「怒り」が出てきますよね。

しかし、これは自分と相手の競技が違うだけなのです。

ですから、相手にも悪意がないことが多いわけです。

そのためにも、「怒り」が出てきたら、

・自分の思い込みや信念に気づくチャンス

ではないか、と考えてみましょう。

そして、「自分と相手のルールは違うんだ」という前提に立ち戻ることが大事です。

それを理解していれば、必要以上に「怒り」を感じることが減るはずです(なくなることは、まずないのではないかと思います)。

また、「怒り」が出てきたときに、自分のルールを言語化できていれば、「ああ、いま自分はこういうルールに違反されているから、怒りを感じてるんだな」と理解できるようにもなるものです。

そうすれば、感情的に「怒り」をぶつけることなく、穏便に問題を解決できるようになるかもしれません。

・・・私も毎日実験中です。(^_^;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中に「わくわく行動実践会」に参加。

ブログネタにもなりそうな心躍るタネを見つけることができました。

ほかの人のわくわくのネタを知ることができるのは、やはりおもしろいものですね。

2月は、私は新しい体験を楽しんでいきたいと思います。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「それなり」病から抜け出す方法は「できるか?」ではなく「やりたいか?」で考えること

夢や大きな目標を目指すときに「できるか?できないか?」で考えているときはありませんか? それよりも有効な問いは「やりたいか?やりたくないか?」です。   目次1 勇気がなければ「それなり」に …

「何をやっても中途半端になる」という悩みを解決する方法

長い間、私は「何をやっても中途半端になる人」という「弱み」を持っていました。 しかし、その「弱み」へのとらえ方を変えることで、「強み」に変換することができました。   目次1 取り組みがどれ …

「世の中の自分」意識を忘れないように、外のコミュニティーに飛びだしてみよう。

ランチームの忘年会に参加して、あらためて気づいたのですが、フラットな人間関係というのは心地よいものですよね。 利害関係がないので、とても安心できますし、私の声が小さくて聞きとれなくても笑いに変えてくれ …

あなたが「自分の本音が聞こえる人」になるための3つの習慣

「自分の本音が聞こえる人」と「自分の本音が聞こえない人」がいます。   そこで「自分の本音が聞こえる人」になる方法を記事にしました。   目次1 プロ野球観戦で気づいた打撃音への違和感2 「 …

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。