【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

専門家の意見も大事だけれど、自分の直感と感情も大事にしてみては?

投稿日:2017/03/19

Pocket

新しい行動を習慣化しようとする前に、いろいろな情報を収集することはある程度までは必要です。

しかし、大量の情報を仕入れすぎてスタートできなくなることがありませんか?

リスクが大きくないことであれば、とりあえずやってみて、それから自分の感情にきいてみるほうが早いし、意外と正しいものだと思うのです。

 

スポンサーリンク


 

専門家による意見にも100%の正解はないはず

朝のランニングを習慣化していた際に、雑誌やネットの記事で2つの意見にとまどったことがあります。

ある専門家は、

・朝食をとってからランニングするほうが良い

という意見でした。

しかし、別の専門家は、

・朝一番の空腹の状態で走ったほうが良い

という意見だったのです。

このようなことは、睡眠時間でもありますよね。

・7時間以上寝るべき
・6時間寝れば大丈夫

などありますし、

・早起きして朝時間を上手に活用する人が成功する
・無理な早起きは健康を害する

という意見もあります。

私たちが、どちらが一方の選択肢を選んでも、必ず否定的なもう一方の選択肢が存在しているのです。

 

否定的な情報をカットして、自分の直感にたずねてみる

こうなってくると、何をするにも「良いことなのか?」、それとも「良くないことなのか?」、わからなくなってくるものです。

このようなとき、いろいろと考えて行動をストップさせてしまうよりは、ひとまず仮でも良いので結論を出したいものです。

そこでは、2つのステップを試してみましょう。

その2つのステップは、

(1)自分の行動に対する否定的な情報は意図的に遮断してしまう
(2)自分の直感を信じて、とりあえず実験してみる

ということですね。

もちろん、どの専門家の提言は、何かしらの根拠があるものなのでしょうし、参考にしてはいけないということではありません。

ただ、その一見ありがたい意見に惑わされたり、頭でっかちになりすぎて、行動をストップさせてしまうことのほうが問題だと思うのです。

また、これは不思議なのですが、なぜかせっかく継続してうまくいっているときに限って、マイナスの情報をキャッチしがちなのですよね。

そのたびにがっかりした気持になったり、不安になったりするよりも、自分という人間の本能や直感(それは勘のようなものかもしれませんが)を信じてしまうほうが良いのではないかと思うのです。

頭にも、心にも、体にも。

 

行動をためしたら、自分の感情にきいてみよう

朝起きて、運動したいと思えば運動してみましょう。

先に朝食が食べたければ食べて良いし、食べないで走ることでランニングが楽しくなるなら、食べなくて走ってしまえば良いのです。

それらをしばらく試してみた上で、結果として「自分はどう感じるのか?」という検証をすることが重要です。

たとえば、睡眠時間も、最終的には「自分の体にきく」というのが正解でしょう。

テレビやネットの情報よりも、大事なのは自分の体で試してみることなのです。

私は、ジョギングの専門家ではありませんが、太陽の光を浴びながら川沿いをランニングすると気分がすっきりします。

朝走る場合は、朝食を食べずにゆっくり走って、帰宅後に家族と一緒に朝食を食べたほうが幸福を感じられるのですね。

そのようにして、自分が気分良くいるために、そして幸福感を味わうために、「自分が心地よい」という感覚を持ることができれば、それが正解でOKだと思うのです。

感情にとって「自分はこのあたりが快適だな」という自分の感情の居場所が存在するはずですので、率直な感情を信じていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

連休の初日でしたが、娘が熱を出してしまいました。

病院にいったところ、インフルエンザではなかったのでひと安心ではありますが・・・。

木曜日、金曜日ときて土曜日まで続いているので心配です。。。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

同じ場所・空間・時間帯。頭の中に「習慣化の川」をつくり出そう

ある行動を習慣化するためには、行動のきっかけを同じにものしておくことが有効です。 そのフックには、場所・空間・時間帯などがあります。   スポンサーリンク   目次1 電車の中を移 …

仕事の「質」を上げる方法。スキルを分解して1つずつレベルアップしてから統合する。

仕事や習慣化など、全体のクオリティーをあげたい場合はどうしていますか? 私は、多少遠回りになっても、スキルを分解して、1つひとつの行動レベルを磨くことをおすすめしています。   スポンサーリ …

なぜ「寝る前に1時間勉強する!」という習慣は続かないのか?緊張と弛緩の間に「中間」をつくる。

「夜、寝る前に学習する習慣を身につけたいのですが、なかなか定着できません。」 そのような悩みを聞いた経験がありますし、私自身も悩みました。 今は「緊張モードと弛緩モードの間に中間モードを設定する」こと …

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

あなたの夢や願望を現実に近づける3つの方法

夢や願望は、こちらから何かアクションを起こさない限りずっとぼんやりしたまま実現することはありません。 願望を実現に近づけるために私がおこなった方法を記事にしてみました。   目次1 イメージ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。