【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

マイコーチをつける際に、年齢は重要か?自分よりも若い年齢のコーチをつける理由。

投稿日:2016/03/09

Pocket

私は、自分より年齢が上のコーチと、自分よりも若いコーチ、どちらも雇った経験があります。

ただ、私の場合は、マイコーチに求める部分が変わったので、つけるコーチを変えただけです。

ニーズが先で、特に年齢は考えませんでした。

しかし、友人コーチは年齢が気になる。

私は気にならない。

その違いについて考えてみました。

cheers-839865_640

 

スポンサーリンク

 

マイコーチをつけるなら、年上と年下、どちらが良いのか?

先日、コーチ同士で話をしているとき、それぞれのマイコーチの話になりました。

話題になったのは、マイコーチをつける場合の、コーチの年齢の話です。

その方は、マイコーチを選ぶ際、「自分より年下のコーチは避けたいんですよね。同年代も微妙。年上のコーチが良いです。」と話されていました。

その方いわく、「自分より人生経験が少ないコーチにセッションされても、気持よく話せないし、悩みや相談ごとを真剣に話せない気がするんです。」ということでした。

もちろん、個人の意見は、常に「省略・歪曲・一般化」されているので、あるがままにとらえることは難しいもの。

その方も、コーチですから理解はしていて、「思い込みだっていうのはわかってるんですけれどね。。。」ということでした。

あとは、気持の問題であり、とらえ方の違いでしょう。

 

自分よりも若い師匠を持つメリットについて

私の場合は、師匠としてベンチマークする人は、複数いたほうが良いと考えています。

いくつかポイントがあるのですが、そのうちの1つに、

・自分より年下の師匠

も持っておくと良いのではないか、と考えいます。

その理由の1つは、

「年下の師匠がいると、言い訳できなくなる」

からです。

どのような意味か。

たとえば、年上の師匠だと、当然ですが、自分より生きている年数が長いですよね。

そうなると、どこかで、「自分もこれから行動し続ければ、師匠と同じ年齢になったときに、少し下のレベルくらいにはなれるかもしれない。」と思う自分がいるのです。

年上の師匠の実績と努力の量を考えると、とてもそんなことは起こらないと思いますが・・・(笑)。

やはり、人間は、ほかの人と比べつつも、どこかで自分に期待をしてしまう生き物なのですね。

 

新しい価値観を取り込んで、価値観をリフレッシュしていこう

しかし、自分よりも年齢が若い師匠になると、そのような言い訳はできません。

私よりも生きている時間が短いのに、自分より圧倒的な成果をあげているからです。

「自分が師匠と同じ年齢になったら、少し下のレベルくらいのステージに行けるかも」などというような「淡い期待」が入る余地がありません(笑)。

だからこそ、年下の師匠を持つのは悪くない。

私のように調子に乗りやすいタイプにとっては、むしろ良いことだと考えています。

また、私の場合、年齢を重ねると、なかなか年下の人とプライベートで関わることは少なくなってきています。

そうなると、古い価値観しか持てなくなって、現代の価値観に上書きされない危険性があります。

そのような意味でも、自分よりも年齢が若いコーチをつけています。

さて。あなたがコーチを雇うとしたら、年上と年下、どちらを選びますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

早起きセミナーに思わぬ方からお申込みがありました。

お申込みのメールを見た瞬間、おどろきました。(^_^;)

それにしても、「目が点になる」って、本当にあるんだなぁ(笑)。

【お知らせ】
2016年4月13日(水)【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年4月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コミュニケーションを上達させたいなら、2種類の「きく」の違いを理解することからはじめよう。

「聞く」「聴く」「訊く」「効く」。 一言で言えないくらい「きく」には様々な表現があります。 その中でも大事なのは、「聞く」と「聴く」の違いを理解しておくことです。   スポンサーリンク &n …

自分の現在地を知る方法。人生で重要な8つの分野をスコアリングする。

「変わる」ためには、「現状の把握」がとても大事だとお伝えしています。 大きな目標を描いていただくことも大事なのですが、現状から目を背けずにしっかりと見つめていくことも重要なのです。   目次 …

スキルのコミュニケーションに頼りすぎた私の失敗事例

「コミュニケーション」の本質を忘れてしまうと、違和感だらけの対話になってしまうので注意しましょう。   目次1 家族に違和感を与えた私の失敗事例2 スキルのコミュニケーションと自然体のコミュ …

「本当はやりたくないことなのに、やりたいと思い込んでいる」問題への対処法。

頭では「やりたい」、でも体が「動かない」という悩みをよく聞きます。 そのような状態のときは、戻る場所を決めておくことがポイントです。   目次1 本当はやりたくないことを、やりたいと思いこむ …

フィードバックが凡人を一流にする。行動の継続率を5倍アップする効果

自分の目標を実現したいときは、絶えざる軌道修正が必要です。 そのために有効な機能が「フィードバック」です。 フィードバックの有無で行動の継続率は大きく変わります。   目次1 「フィードバッ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。