学ぶ習慣

「正反対のアドバイス」に困ったときの対処法

投稿日:2023/07/08


たとえば、「リスク領域へ冒険しないと成長しませんよ」というアドバイスがあります。

一方で「今の安全な領域にいられる自分の幸せをかみしめましょう」というアドバイスもあります。

こうした「正反対のアドバイス」について、どう考えたらいいのでしょうか?




 

「正反対のアドバイス」という矛盾

日々、本やブログ、セミナーなどで学んでいると、

「世界は学びにあふれているんだよな」

と感じてうれしくなります。

とくに、私がビジネス書を読み始めた頃は楽しかったんです(2007年頃ですから、もう16年になるんですね)。

30代なかばまで、読書習慣はありませんでしたから。

私の脳内の真っ白なキャンバスに、カラフルな絵の具で絵が描かれていくような感覚でした。

そこから、読書の楽しさに目覚めました。

自宅に2〜3冊しかなかった本が、どんどん増え始めて。

それまでカラーボックスに収納していたのが入り切らず、本棚を初めて買ったのがなつかしいです(今は大きな本棚が2つになっています)。

今では空気を吸うように読書している感じがします。

さて、そんな風に本をたくさん読むようになると、誰もがぶつかる疑問が私にもやってきました。

それは、何かというと、

「正反対のアドバイス」

です。

ある本には、

「すべての行動は前倒し」

と書いてあります。

私は「なるほど、たしかに前倒しは大事だよね」と学びます。

それなのに、ほかの本を読んでいると、

「今日できることに集中して、明日できることは先送りにすべし」

と書いてあるんです。

「えっ、先のばしでも戦略的ならOKなのか」と学びます。

そこで思うわけです。

「あれ?前倒しと先のばし、どっちを大事にすればいいんだろう……(汗)」と。

ここで混乱したんですよね。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「正反対のアドバイス」に混乱する理由

先日、私にもあったんです。

「正反対のアドバイス」みたいなことが。

それは、「目標の数」についてです。

私が思いついたのは、

・目標は最重要の1つにしぼるべきだ

・目標はかたよりすぎないように「仕事・人間関係・自分」の3つで考えましょう

・人の脳は4つ以上は「いっぱい」と認識するから、目標は3つまでにしたほうがいいですよ

・目標は「BIG5(ビッグファイブ)」がベストなバランスです

という感じです。

自分の軸(=基準)で1日に1つ、自分に勝利する習慣を決める | 【良習慣の力!】ブログ

ライフバランスに迷うときは「自分・人間関係・仕事」の3つから考えてみよう | 【良習慣の力!】ブログ

「4分間メモ書き」で先のばしを改善する方法 | 【良習慣の力!】ブログ

ゴール設定は1年・1ヶ月・1日の時間軸で「ビッグ5」を考えよう | 【良習慣の力!】ブログ

そこで思うんですよね。

「いったい、目標の数はいくつにするのが正しいんだろう?」と。

あなたも、同じように感じたことがあるかもしれませんね。

そこで、紙の上に自分の考えを書いていたときです。

ただ、ふと我にかえりました。

本質を見失っていたんですね。

思わず、自分に質問してしまいました。

Q:大事なのは「目標の数」なのか?

と。

ちょっと、あなたに想像してみていただきたいんです。

あなたの目の前に私(伊藤)がいます。

すごく悩んでいます。

そして、あなたに尋ねるんです。

「目標の数って1つにするべきなのか、3つなのか、それとも5つにすればいいのか……?どれが正しいと思う?それが気になって夜も眠れないんだよ」と。

私は「こうなったら来月は、目標の数をいくつにするかを決めることを目標にしよう」みたいに、わけがわからないことを言い出すかもしれません。(笑)

どう感じるでしょうか。

たぶん、

「伊藤さん、、、目標の数をいくつにするかが本当に大事なの?」

と感じますよね。

きっと、

「目標の数をいくつにするのかが大事なんじゃないよね。伊藤さんがなりたい自分になるために、目標をいくつにすると最適なのかを考えればいいんじゃないの?」

と言われるのではないでしょうか。

 

■スポンサーリンク




「正反対のアドバイス」に困ったときの対処法

この「正反対のアドバイス」という問題。

私がブログやセミナーでコンテンツをお伝えしていると、発信者としても同じことを感じたことがあったんですね。

「目標の数って1つにするべきなのか、3つなのか、それとも5つにすればいいのか……?」みたいに。

そこで考えて、結論が出たんです。

それは、

「大切なのはどのアドバイスが正しいのか、ではない」

ということです。

むしろ、大切なのは、コンテンツを受け取る側です。

私が読者だったら、

「今の自分の状況なら、どのアドバイスを取り入れるのがベストなのか?」

を考えること。

それが重要なんです。

著者やセミナー講師の方が伝えているアドバイスは、基本的には有効なものです。

役に立たないコンテンツをあえて発信するわけがないわけですから。

ただ、どれだけ有用なアドバイスであっても、私の現状に合わないアドバイスもあるんです。

たとえば、セミナー準備を前倒しするのがベストなのに、「今日できることに集中して、明日できることは先送りにすべし」というアドバイスを受け入れていたらどうなるでしょうか。

いつまでたっても、ギリギリの準備で苦しむだけですよね。

その状況は痛みがありすぎて嫌なわけです。

ですから、どうすれば「すべての行動は前倒し」というアドバイスを実行できるのかを試行錯誤する価値があります。

一方、「すべての行動は前倒し」を意識しすぎて、常にやるべきことに追われる状況もあります。

そのため、集中力が分散して苦しんでいる。

だとすれば、自分の状況を俯瞰して「今日できることに集中して、明日できることは先送りにすべし」というアドバイスを採用すればいいわけです。

もし、あなたが「正反対のアドバイス」に混乱しているとしたら、

「今の自分の状況なら、どのアドバイスを取り入れるのがベストなのか?」

を考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活からスタート。

日中にスタッフの定例ミーティング。

夜は「三種の神器」セミナーの詰めと、「良習慣塾」セミナー準備でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-学ぶ習慣

執筆者:

関連記事

あなたの学びを確実に有効にする学習方法とは?

「せっかくたくさん学んでいるのに、成果につながらない……。」 そんなときは、インプットの方法を見直してみましょう。   「すごろく」のマス目がうめられらない問題 「計画が苦手です」 思い当た …

動画セミナーを見忘れない3つの対策と「ながら学習」の危険性

動画セミナーを移動しながら学習したり、歩きながら音声教材を学べる状況はありがたいです。 ただ、あまりにもこの状況に頼りすぎるデメリットも感じています。 見忘れないようにする対策を記事にしてみました。 …

「学んだことを実際に使えてない……。」問題を解決する方法

あなたは、本やセミナーで学習しているのに「なかなか定着しないんだよな……。」と悩んだことはないでしょうか。 私は、悩んでいたんです。 そんな学びの非効率さを改善する方法があるので、ご紹介しますね。 & …

資格取得のための学習を習慣化するためにはどうすればいいのでしょうか?

クライアントさんから「資格試験のための時間確保をどうするか」というご質問を受けました。 私がおすすめしたことを記事にしてみました。   スポンサーリンク   資格のための学習が1日 …

「健全な危機感」こそ、あなたが成長し続けるために必要な感情。

「自分を常に成長させるコツがあります」と言われたら、あなたは知りたいと思いますか? ポイントは、自分よりも年齢が下の優秀な人物と交流して「健全な危機感」を持つことです。   スポンサーリンク …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。