先のばしを減らす習慣

決断せよ。さもなければ問題と同居せよ。(伊藤 良)

投稿日:


以前は、本当に優柔不断でしたが、現在はちょっとだけ「まし」になりました。
その理由は「問題とずっと同居」しないように、決断のメカニズムを知ったからなのです。




 

決断しない限り「問題は問題のまま」

「決断せよ。さもなければ問題と同居せよ。」
(伊藤 良)

先日、「良習慣塾」のセミナーを考えているときに、頭の中に浮かんできた言葉です。

あなたは、この言葉から何を感じるでしょうか(もしくは何も感じないでしょうか)。

私たちは、日々、決断をしています。

小さなことで言えば、ランチに何を食べるか。
決断です。

大きなことでいえば、将来に向けて複業にトライしてみる。
これも決断です。

決断すると、現実に変化が生まれます。
決断しなければ、現実は変わりません。
なぜなら、決断しない限り「問題は問題のまま」だからです。

たとえば、あなたに超絶「モテ期」が到来。
同じタイミングで5人の異性に告白されたとします。
(想像だけでもしてみると、気分は悪くないですね・笑)

ただ、いくら気分がいいからといっても、ずっとそのままは続きません。
どの方とおつき合いするのか。
それとも、全員とおつき合いしないのか。

あなたが決断しない限り「どの人とつき合うか?」という問題は、ずっと問題のままなのです。
すると、仕事をしていても、自宅にいても、スマホを見ていても。
常に「どの人とつき合うか問題」と一緒に過ごすことになりますよね。

これが「決断をしない限り、問題と同居することになる」という状況です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





問題と同居することになる理由

では、問題との同居が長引く場合は、どんな原因があるのでしょうか。
要は、決断できないときです。
私はよくわかります(優柔不断というやつですね)。

答えは「私たちが現在の価値観を大事にしているから」です。

5人のうち誰とつき合うかを決められない(決めない)。
そのとき大事にしている価値観を探るとどうでしょうか。
たとえば、「安心」かもしれません。

今の幸せな状態を壊したくない。
安心だから。
そのため、現状維持を選びたいのです。

「安心」を大切にするあまり、変わりたくない。
すると「決断しない」を選びます。
「決断のデメリットを感じないように何も選ばない」という状態をつくり出すわけです。

短期間であればいいのかもしれません。
自分の気分を優先しても。

一方、長期間ずっと未決断だったらどうでしょうか。
あなたの優柔不断ぶりに対して、周りの人たちはやきもきするでしょう。
特に、告白している5人の異性の方たちは「早く結論を出して欲しい!」と思っているはずですよね。

では、この問題を終わらせるためには、どうすればいいのでしょうか。
あなたの決断が必要なのです。

「5人のうち、この方とおつき合いします!」と決断すること。
そうすれば、「誰とつき合うのか問題」から解放されます。

 

■スポンサーリンク




決断から生じる2つの変化

決断することで、2つの変化が起きます。

1つは外側の変化。

あなたが5人の方々から、同じタイミングで告白された。
その中の1人に「交際OK」を出した。
おつき合いがスタートする可能性が高まります。

これが、わかりやすい「外側で起きている変化」です。
ただ、私が大事だと思うのは、もう1つの変化です。

それが、あなたの「内側で起きている変化」です。

告白された5人の中から、1人に返事をする。
この決断をしたあなたに起きている内側の変化。

それは、「現在の確実性」よりも「未来の不確実性」を優先しています。

もっとわかりやすい例で言うと、マンガの主人公たちが「平凡な日常」より、「刺激的な冒険」に出かけたくなる。
そんな心境なんです。

大切にする価値観の違い、わかるでしょうか。
「現状維持」より「期待」を採用しているんです。

もしかしたら、デメリットがあるかもしれない。
現状より悪くなる可能性がある。
それでも、新しい選択をする。

この選択こそ、まさに「決断」。
「現在の自分から断つことを決める」から「決断」なのです。

何かを取れば、他の何かは取れない。
「すべてを取ることはできない」という結論を選ぶわけですね。

すべてを取ろうと欲ばると、選べません。
選べなければ、「問題くん(問題さん)」との同居が続きます。
あまり歓迎できませんよね。

ですから、

「決断せよ。さもなければ問題と同居せよ。」
(伊藤 良)

ということなんです。

決断することで「問題との同居を解消」しましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時台の「習慣化コミュニティー」朝活からスタート。
6:00の部、6:30の部、7:00の部まで。

朝活に名言好きのコミュニティーメンバーのPさんがいらっしゃったので、7月10日が誕生日のマルセル・プルースト氏の名言をシェア。
・・・と思ったら、PさんはそのときにはすでにZoomを退室されていました。(笑)

夜はブログと「良習慣塾」のセミナー準備。
前倒し、前倒し、前倒しです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-先のばしを減らす習慣

執筆者:

関連記事

嫌なトラブル報告を先のばしせず、スムーズに実行する方法

トラブル報告やクレーム報告の先のばしを改善する方法を記事にしました。 (つい先日も、私は使いました)   先のばし改善に役立つ「テンプレート」 嫌なことを先のばしする。 あなたにもあるはずで …

1日単位よりも1週間単位での行動管理をおすすめする理由

1日でできないことがあっても、1週間あればできることは増えます。 「1日単位」でとらえて挫折してしまう人は、「1週間単位」で行動を管理してみましょう。   1日ごとの目標設定よりも1週間単位 …

先のばししてあとで一気にやると大変。前倒しして少しずつやるほうが楽。

私たちの行動は、 ・先のばししてあとで一気にやると大変 ・前倒しして少しずつやるほうが楽 という構図があります。   うまくいかない状況を抜け出すためには 「先のばししない人は、どんな考え方 …

「アフォーダンス」を活用すれば、あなたの行動力が高まる理由

行動力を「意志の力」で高めようとしないのがおすすめです。 考えるべきは、行動力を「環境」で高める方法です。 そのために「アフォーダンス」の考え方を活用していきましょう。   ブログを速く書く …

先のばしが劇的に改善。「先のばし改善タイム」という環境の効果

先のばしに悩んでいる人はいますか? 今日の実験で、先のばしに効果がある方法をひとつ発見したので記事にしてみました。   「先のばし改善タイム」という実験 今日の午前中に、先のばし改善の習慣に …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。