【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

「行動化」が難しい早起き。どのようにコントールの主導権を握るのか?

投稿日:2016/02/13

Pocket

早起きが難しい理由の1つに、「行動化」を明確にするということがあります。

打開策を考えつつ、コントロールできる部分に集中することが大切です。

mist-481710_640

 

スポンサーリンク

 

習慣化の基本は「行動化」を明確に設定すること

習慣化が難しくなる要因の1つに、「行動目標があいまいな状態でスタートしてしまう」ということがあります。

多いのは、

・運動を習慣化する
・学習を習慣化する

といった行動習慣の目標です。

行動習慣の場合、行動を具体化するために、

「いつ、どこで、何を、どのように、どれくらい実行する」

というレベルまで具体化することが重要。

学習の習慣でいえば、

「朝、通勤電車の中で、専門書を30分読む」

という部分まで明確にすることが基本なのです。

 

早起きの行動化が難しい理由

ただし、早起きに関しては、この行動化のプロセスが通じません。

早起きが難しいのは、上に記したような行動化が難しいことにつながります。

たとえば、

「朝5時に起きたらふとんから出て、そのままコーヒーを飲む」

という風に早起きの行動化を設定したとします。

しかし、ほかの習慣と同じように行動化して明確化しても、睡眠不足で眠いと、その人本来の能力はありません。

結果、自分で決めた行動を実行することが難しい状態なのです。

睡眠は、人間の根源的な欲求ですから、打ち勝つのがは困難。

さらに、今の時期のように寒いと、さらにあたたかさを求める人間の欲求にもさからっていることになり、ダブルパンチです。(^_^;)

 

コントロールできる状況にするための2つの打開策

その状況に対する打開策は、2つ。

(1)コントロールできる部分を見極める
(2)行動化できる視点を変える

です。

まず、コントロールできる部分とは、意識もしっかりしているうちに「早く寝る」ことです。

酔っていたり、空腹でなく、正常な状況で実行します。

2つ目の行動化できる視点は、

「22時45分までに1日のタスクを終えて、23時までにふとんに入る」

ということです。

これなら、睡眠欲求にも、寒さにも負けずに行動をコントロールすることが可能ですよね。

早起きするためには、コントロールできる要因をつくり出すこと。

「変えることが難しい部分を手放し、コントロールできる部分に集中する」という原則は、早起きも同じなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、9時30分から20時30分まで、ICF(国際コーチ連盟)資格取得のためのワークショップに参加。

休憩時間中に、コーチングクライアントさんたち、早起きグループコンサルティングのご受講者さんたち、そして、「習慣化の智慧」ご参加のみなさんへのメール返信。

前回に引き続き、濃密な1日となりました。
(^_^)

【お知らせ】
2016年3月9日(水)【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第18回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年3月9日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

モーニングメソッドの6つの習慣であなたの朝時間を改革しよう

起床後の1時間、あなたは何をしていますか? その1時間の使い方が、あなたの人生を左右すると知ったらどう思うでしょうか。 起床後の1時間を最大限に有効活用できる「モーニングメソッド」を取り入れてみましょ …

早起きを続けるポイント。あらかじめ休む日のルールを決めておくこと。

早起き習慣化をはじめとした長く続ける習慣のポイント。 それは、休みをあらかじめ入れておくことです。 (クライアントさんの許可を得て記事を書いています)   スポンサーリンク   目 …

早起き習慣化で自分の時間を確保して「時間がない!」を解消しよう。

先日、習慣化に関するアンケートを見ていたら、「早起きしたい」と思っている人がたくさんいることを知りました。 「早起きしたいけれどできない・・・」と思っている人は、早起きのメリットが弱いのかもしれません …

毎日が不規則で「一定の時間に早起きできない」ときの対処法

医療現場のような勤務時間が不規則な仕事があります。 そのようなときは、早起き習慣化をどうとらえていけばいいのでしょうか。   目次1 「仕事がイレギュラーで一定の時間に早起きができない」2 …

活躍する人はいったいいつ自分の時間をつくっているのか?

定期預金で貯金がうまくいくのは、自動的に「天引き」される仕組みがあるからですよね。 貯金と同じように、時間も「天引き」する発想が重要です。   目次1 「お金が余ったら貯金しよう」では貯金で …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。