【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

「良習慣の種」を育てるチェックリスト。実行できたタスクをビジュアル化して自己信頼感を高めよう。

投稿日:2016/04/20

Pocket

自己信頼感を高めるためには、「実行できた」という感情を積み重ねることが有効です。

そのために活用しているのがチェックリスト。

私(と、私のクライアントさんたち)が実践している「良習慣の種」というチェックリストの使い方について記事にしました。

sunflower-seed-1213766_640

 

スポンサーリンク

 

「今日という1日をうまく過ごせたか」という指針になる「良習慣の種」

私は、継続コーチングのクライアントさんに取り組んでいただく課題があります。

それが、「良習慣の種」と呼んでいるチェックリストです。

1日に10項目、やりたいことややるべきタスクを書き出していただき、

・実行できた:◎
・実行できなかったけれど、意識はできた:○

というように、各項目にチェックを入れていきます。

大事なポイントの1つに、

・「×(バツ)」をつけない

というルールがあります。

「×」はセルフイメージが下がるので、禁止にしています(さらっと書きましたが、重要です)。

各タスクは、「10秒そうじをする」といった小さなタスクから、「ブログを1記事更新する」といった大きめのタスクまで、大小のタスクをちりばめます。

1日の中で、60分から90分くらいに収めるのが継続するコツです。

10項目のタスクがすべてできれば、「最高の1日を過ごせた!」という証拠。

たいていの人は、

・今日という1日を自分はうまく過ごせたのか?

・それとも無駄にしてしまったのか?

という判断があいまいになっているように感じます。

その理由は、「良習慣の種」のような「1日の行動基準」を持たないからです。

「やるべきことはやっているのに、自信を持つことができない・・・」という状態になってしまうのです。

 

不足行動にとりかかるための行動を促進するはらたき

「良習慣の種」は、まずはやるべきタスクを言語化することからスタートします。

行動を明確に言語化しなければ、人はなかなか動くことができないからです。

もちろん、やるべき行動を言語化しただけでは意味がありません。

習慣とは、何度も繰り返すことですから、行動を反復することが必須なのです。

それが、自分をより好ましく変化させていくための唯一の方法です。

そのために、「良習慣の種」の項目を決めていただきます。

1つひとつの行動に◎をつけていってもらい、チェックリストの全項目にすべて◎をつけられるようになるまで、意識を高めてもらう狙いです。

ファイルはExcelで作成していますので、クライアントさんが毎日ふり返りを行い、私にメールを送ってくださいます。

私は、そのファイルを確認してフィードバックをおこないます。

1シートは1ヶ月分が見渡せるようになっていて、月初からチェックリストをつけていると、「○」しかついていない行動が気になります。

すると、その行動を意識するようになります。

そのため、「本当はやりたいけれど、不足してしまう行動」が、注意喚起されるのですね。

1ヶ月分を眺められる狙いは、そこにあります。

「なんとなく先のばししてしまう行動」は、まず意識にのぼらせることなしには、実行できません。

 

「できた!」という達成感の積み重ねが自己信頼感を高める

「良習慣の種」の本当の狙いは、

・実行できていることを見える化すること

です。

つまり、「良習慣の種」チェックリストを活用する上での注意点は、

・できなかったタスクを見つけてだめ出しをするためのツール

ではなく、

・行動できたタスクをビジュアル化するツール

ということを認識してほしい、ということです。

実行できたタスクについて、

「◎がまた増えた!」

「このタスクは2週間連続して◎があるから、月末まで続けよう。」

「本当は眠たいけれど、10秒だけやればぜんぶ◎がつけられるからやってしまおう!」

といったように、常にプラスの部分を評価して、実行にうつしてもらうのです。

私は、チェックリストとは、「自分への信頼残高を確認するためのツール」だと考えています。

小さな行動は、なかなか成果につながらないように思えます。

だから、やめてしまう。

しかし、正しい行動を積み重ねていれば、確実にゴールに近づきます。

そのようにして「自分は、目指すゴールに1歩ずつ近づいている」という日々の成長感こそ、自分への信頼残高を貯めていくために重要なことなのですね。

ですから、実行できなかったタスクに意識をあてて、

・これもできなかった
・あれもできなかった
・なぜ自分はこんなこともできないんだろう

と考えるのはNGなのです。

「良習慣の種」チェックリストの意味は、そこにはありません。

自分の実行力を1つずつきちんと確認して、できている部分を認めるためのツールとして活用すること。

そのプロセスこそが、未来へ進んでいく自分への「糧(かて)」となるのです。

「良習慣の種」のような1日のタスクリストを持っていない方は、つくってみることをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は私が所属しているコミュニティーの月例勉強会に参加。

第1部は、世界一周をした高校生バックパッカーの講演。

第2部は、日本の大手企業を手放してミャンマーへとんだ友人による講演。

どちらの講演も素晴らしく、行動力に転化するエネルギーをもらいました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

「The Daily Five(デイリーファイブ)」で1日に5つのタスクに挑む習慣

「自分の実験のプロセスをブログにもっと書いたほうがいいのではないか?」 内省をしていて、そんな問いがふってきました。 その気づきを実験してみます。 今月は「The Daily Five(デイリーファイ …

自分で決めたアクションの実行力を高める方法

自分で「やろう!」と決めたことなのに、なぜか実行できない。 それはあなたの意志が弱いからではなく、明確な行動プランになっていないだけではないでしょうか。   目次1 あいまいな指示だと脳は動 …

先のばしをやめたいときは「今までと違う小さな1歩」を考えてみよう

ついやってしまう先のばしは「成功か、失敗か」という2択発想になったときに起こりがちです。 そんなときは「今までと違う小さな1歩」を考えてみましょう。   目次1 行動できないときの「今までと …

ポジティブな感情をつくり出す方法。体を動かして内面に影響を与える

「うれしい」という感情は、何かしらの理由があって生じるものです。 その感情は、体を動かすことでつくり出すこともできるのです。   目次1 笑顔になるためには理由が必要なのか2 一流の人がルー …

自分にとってより良い選択をするために、「感情」をデザインする方法。

「あのときの選択が、自分の人生を変えた」という話を聞くことがあります。 その一方で、毎日のように無数の小さな選択もしています。 私たちの人生は「何を選ぶか?」ということによって成り立っているとも言える …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。