【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣

人生が変わらないのは「隠れ現実逃避」をしているからかも。

投稿日:

Pocket

「がんばっているのに、時間が足りなくて結果が出ません……」

そんな悩みを感じたときは「隠れ現実逃避」になっていないかチェックしてみましょう。




 

「時間が足りない」という悩み

「時間が足りない」

「時間がもっと欲しい」

そう思う方は多いでしょう(私も含めて)。

私たちは、1日24時間を使って、何かしらの活動をしています。

読書しているときもあれば、運動しているときもありますし、ボーッとしているときもあります。

でも、 1つ確かなのは、私たちは「何か」をしているのです。

ですから、時間は常に「何か」に使われているわけですね(生産的なのか、そうじゃないのかは別として)。

そう考えると、「時間が足りない」わけではないのです。

大事ではない「何か」に時間を使ってしまっているから悩みます。

大事な「何か」に時間を使えていないから後悔します。

「もっと違った選択があったはずなのに……」と。

そのようなときに「時間が足りない」と思うようになるわけです。

ですから、私たちが「時間が足りない」ときは、

・自分にとって「何が大切なのか?」がわかっていない

・時間への捉え方がズレている

・タイムマネジメントの知識が不足している

といったことが考えられます。

私のもとに相談にきてくださる方々も、時間に悩まされている方は多いです。

私も自分の知見を総動員して、ヒントをお伝えするようにしています。

その中で、最近、あることに気づいたんですね。

それは、一見すると気づかないタイムマネジメントのトラップです。

もしかしたら、あなたもそのトラップにはまっているかもしれません。

私自身、まさにそのトラップの中にはまっていたのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「隠れ現実逃避」というトラップ

タイムマネジメントのトラップ。

それは、

・一見、いい活動をしているように見える

・しかし、その行動は現実逃避からなされている

という活動があることに気づいたんです。

少し具体的に説明しますね。

たとえば、読書。

読書は、たいていの人にとっての良習慣でしょう。

本を読むことは、古今東西あらゆる成功者たちがおすすめしている行為です。

私も、20歳に戻って人生をやり直せるなら、本をもっと読めばよかったと感じています。

何もない自分ができたとすれば、まずはインプットから始めるしかありません。

そのためにも、本は手に取りやすいパッケージです。

ただし。

その読書が、本を読んでいるだけだとあまり意味がありません。

むしろ、とても注意したいのは、

・読書することが、自分の弱さと向き合うことからの逃避行動になっている状態

です。

これが「隠れ現実逃避」の状態です。

この現象は、やっかいです。

なぜなら、ふり返りでは気づけないからです。

たとえば、Googleカレンダーに「読書」と入力されていれば、立派なインプットの時間です。

正しい時間の使い方をしたように見えます。

自分はもちろん、他の人からも「読書したんだね」と評価されるでしょう。

でも、カレンダーの「読書」という文字の裏側には、

・自分の弱さを見なくて済むから

・不安と向き合いたくないから

・現実を直視できないから

という意味が隠れているかもしれないからです。

 

■スポンサーリンク




「原因不明の時間不足」の理由

現実逃避。

多かれ少なかれ、誰にでもあると思います。

当然、私もやっていました(今でもあります)。

ただ、現実逃避をどう表出させるかによって、それが現実逃避かどうかをわかりづらくさせてしまうのです。

そうなると、

・原因不明の時間不足

に陥ります。

よく言われる「がんばっているんだけど、成果が出ない」状態になるんですね。

この状態は、周りから見ていると一見わかりません。

まさに過去の私自身の例です。

「伊藤さんって、一生懸命やってるよね。1日1冊読書しているし、マラソンもしてるし」と見えるので。

しかも、本人(私)も「1日1冊読んで、ランニングもするなんて、がんばってるな」と思っています。

それなのに、成果にはつながりません。

ですから「なんで、こんなに読書して、運動までやっているのに、人生に変化が起きないんだろう」と悩みます。

そう、この問題は、私が現実逃避をしていることから生じているのです。

現実逃避が、YouTubeやスマホの見すぎだったらわかりやすいんですよね。

目に見える現実逃避なので。

「見るのをやめましょう」とまわりから注意できます。

自分でも「やめなきゃ」と気づくでしょう。

でも、現実逃避から生じている「見せかけインプット」になっていると、判断しづらいんですね。

本来なら、読書をし続けるというインプットをほどほどにして、アウトプットする時間にあててもいいんですよね。

ただ、当時はブログを書いたら「あれだけ本を読んでるのに、こんな稚拙なことしか考えてないんだ」と思われたらどうしようかと不安になりました。

セミナーを開催しても、誰も参加してくれないかもしれないから恐怖でした。

でも、読書していれば、自分の実力が不足しているという現実を直視しなくて済むんですよね。

本を読めば、学べることは事実です。

楽しいですし、プレッシャーがないので楽です。

「もっといい本を読もう!」と思っていたくらいです。

「でも、時間が足りないな」という感じでした。

結局、現実はほとんど変わらないのですが……。

こうならないためにも、人生を変えていくために、「隠れ現実逃避」というトラップから抜け出さなければならないのです。

さて、あなたは私と同じような間違いをしていないでしょうか。

そのときは「時間が足りない」のではなく、現実逃避を少しだけやめてみることです。

もし「がんばっているのに、成果が出ない」と思われたら「隠れ現実逃避」になっていないか、ふり返ってみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の朝活に参加。

夜は「良習慣塾」のセミナー準備でした。

スライドのつくり方を変えていたら、時間がかかってしまいました。(^_^;)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

ランチタイムを有効活用して専門家になる・本を書く・洋画を英語字幕で見られる方法

平日のランチタイムを有効活用すれば、 ・専門分野に詳しくなる ・本を1冊書く ・洋画を英語字幕で見られるようになる ことができるようになります。   目次1 ランチタイムの活用で人生に差が出 …

「続く人」と「続かない人」が見ている時間軸の違いとは?

短期的に見れば「できていない」と思うことでも、長期的に見るとできているということがあります。 早起き習慣化も同じです。   目次1 習慣化では記憶より記録が重要2 人生はクローズアップで見れ …

「時間とスキルの関係性」についての前提。異変からリバウンド。そして味方と敵へ。

時間の使い方を改善すること。 そして、自分のスキルを磨くこと。 その2つの実力を高めることが、うまくいく秘けつだと考えています。 その理由を記事にしました。   目次1 「時間とスキルの関係 …

「時間がない」と悩むあなたにおすすめしたい「行動履歴を記録する習慣」

時間活用を改善することは、「より良く生きる」ことでもあります。 そのためのスタートして、自分の行動履歴を記録することをおすすめしています。   目次1 「時は金なり」よりも「時は命なり」2 …

スケジュール管理ビギナーの人に伝えたい。私の時間活用が変わった2つのアプローチ。

10年前はまったくスケジュール管理というものがわかっていませんでした。 その意識が変わったきっかけは、大きく2つの変化をとりいれたことです。   スポンサーリンク   目次1 スケ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。