仕事の習慣 時間の習慣

オンラインランチ会でリモートワークに時間の区切りをつくる

投稿日:


リモートワークは時間の区切りをつくりづらい。

私がリモートワークで感じた不便さです。

その課題を改善するための工夫がオンラインランチ会です。




 

オンラインランチ会を実験

今日は「習慣化オンラインサロン」チームメンバーで新しい実験をしました。

それは、

・オンラインランチ会

です。

最近の「習慣化オンラインサロン」のテーマは「リモートワークの習慣」。

リモートワークの効率化や生産性をより良くするための工夫を考えています。

「習慣化オンラインサロン」はもっとも早い朝活が朝5時(有志)からあります。

さらに「昼活」「夜活」ということで、オンライン自習室も開いています。

ただし、昼活や夜活は自習室としてオープンになっているだけの状態。

「みんなで時間を合わせて」というタイミングがなかったのです。

私が思うに、リモートワークを効率的におこなうためには、時間の区切りが重要だと感じています。

そのため、いろいろと取り組みを考えたり、実践してきました。

先のばしを確実に改善できる「先のばし撲滅タイム」の習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

「タスクシフト」の5つのメリット。時間の区切りが生産性を劇的に高める | 【良習慣の力!】ブログ

それをお昼の時間帯にも取り入れてはどうか、と。

ふと思いついたのです。

そこで「オンラインでランチ会をする」という区切りをつくってみようと。

そうすれば、午前の仕事に区切りができます。

ランチ会で「習慣化オンラインサロン」のメンバーと話せばリフレッシュにもなります。

さらに、午後の仕事のスタートダッシュにすることもできるのですね。

それで、先述のとおり

・オンラインランチ会

となったのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「オンラインランチ会」のやり方

この「オンラインランチ会」企画。

以前のスタッフミーティングで時間があれば、ということで話題にあげていました。

ただ、時間不足で話題にのぼらなかったのですね。

しかし、昨日のミーティングで話題にのぼったときに「リモートワークで大事なことって、自分で時間に区切りをつけることだよね」という話となりました。

ただ、ひとりで時間を区切るというのは慣れていないと、簡単じゃなかったりします。

そこで「みんなでやればいいんじゃないか」ということになったわけです。

その流れでチームでアイデアが出てきて、

・ブレイクアウトルームで15分設定でやれば時間にメリハリがでそうだよね

・今の時期ならお花見も兼ねてやればおもしくないですか

・お昼なら朝活や夜活に出られるないサロンメンバーさんも出られそう

といったアイデアが出てきたんですね。

思いついたら即実行。

ということでさっそく本日、スタッフで時間を合わせて実験してみました。

どうだったか。

楽しかったのですね。

そのため、これはぜひサロンメンバーさんたちと共有してみたいと思ったわけです。

やり方はシンプル。

 

日時を設定する

まずは日時の設定ですよね。

チームメンバーが5人とも集まれる時間は、今日は11時30分でした。

そのため、5人で集合。

15分の時間を共有しました。

「習慣化オンラインサロン」での第1回目は平日の来週火曜日に設定。

週末はご家族との時間がある方が多いと想定しました。

時間はランチタイムに入る12時。

午前の終わりであり、わかりやすところを設定しました。

 

ランチを用意してZoomにアクセスする

時間になる前にランチを用意。

スタート時間になったらZoomにつなぎます。

よく考えたら、12時ちょうどにスタートしてしまうと、12時少し前から準備しないといけませんね。。。

書きながら気づいてしまいましたが、その場合は12時10分からブレイクアウトルームにするという予定に変更することにしました。

ですので、

・12:00−12:10 集合〜アイスブレイクタイム

・12:10−12:25 ランチ会(ブレイクアウトルーム)

・12:25−12:30 シェアなど

というタイムスケジュールになりますね。

 

食事をしながら会話を楽しむ

食事をしながらサロンメンバーと会話を楽しみます。

15分は短いかもしれませんが、少し会話するにはちょうどいい時間だと考えています。

楽しければ濃密な15分になるでしょう。

万が一苦手なメンバーと一緒になってしまったとしても、15分なら逃げ切れるはずです。(まあ、いないと思うのですが・笑)

ブレイクアウトルームの人数は3名。

マンツーマンよりは多く、4人以上だと15分は時間が少ないかと。

そのため、3名がベストだという仮説です(本日はスタッフだけだったので5名したが)。

 

■スポンサーリンク




「オンラインランチ会」の3つのメリット

オンラインランチ会をやってみて感じたメリットは3つです。

 

時間を区切ることができる

何といってもこれですね。

時間の区切りをうまくつくることが、時間の使い方が上達する秘けつの1つ。

午前中に仕事をスタートして、ランチまでにダッシュ。

「ランチの約束までにこのタスクを終わらせる」という感じで、午前中の時間密度がが変わりました。

 

リフレッシュできる

ランチタイムで親交が深いスタッフ同士で話す。

これで、仕事モードからリラックスタイムに切り替わりました。

頭も心もいい気分転換になったのです。

 

午後のスタートにはずみがつく

共有時間が終わってZoomを退出すると、ふたたび時間が切り替わります。

チームメンバーの中には「つい、食事しながら仕事してしまう」という話もでていたのです。

リモートワークでひとりだと時間の区切りをつけることが難しい場合でも、オンラインランチ会が終了することで区切りがつくれます。

その気分転換が重要で、午後の仕事スタートにも勢いがつくのです。

 

まとめ

時間の流れにメリハリをつくりづらいリモートワーク。

そのようなときは「オンラインランチ会」を試してみましょう。

1日という時間の中に区切りをつくることができます。

そのような時間の区切りが、あなたのリモートワークの生産性を高めてくれるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活ファシリテーションからスタート。

夜は定時退社して家族と待ち合わせ。

ほんの40分くらいでしたが、夜桜を楽しみました。

なぜか今年の桜は泣けますね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-仕事の習慣, 時間の習慣

執筆者:

関連記事

「週末になるとダラけてしまう」問題への対処法

たいていの人には、週末は「休む」という意味づけがなされています。 その意味づけを変えて活動的になるためには、自分がデザインした「自分の型」に入ってしまうのがおすすめです。   「週末になると …

「3度のソウゾウ」で理想を実現。1度目の想像、2度目の想造、3度目の創造。

本『思考は現実化する』が示しているように、私たちは考えていることが現実になると言われています。 思考が現実になるためには、3つの「ソウゾウ」が必要だと考えています。   理想の1日のすごし方 …

現実の1日は不健康な1日かもしれない。「理想の1日=健康な1日」を目指そう。

「1日24時間」を私のたちの体にたとえてみると興味深いことに気づきました。 あなたの1日は「100パーセントの健康体」なのか、それとも「不健康な体調」なのか。 どちらでしょうか?   「理想 …

休日の午前中の時間を充実させる5つの活動

週末(休日)はゆっくり休みたいもの。 ただ、私のおすすめは午前中に重要な活動に取り組み、午後にゆっくりすること。 そうすれば、罪悪感を持たずに休日をすごせます。   週末の午前中は複業家のゴ …

1日単位よりも1週間単位での行動管理をおすすめする理由

1日でできないことがあっても、1週間あればできることは増えます。 「1日単位」でとらえて挫折してしまう人は、「1週間単位」で行動を管理してみましょう。   1日ごとの目標設定よりも1週間単位 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。