【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

習慣が続く人の「こだわり」と「柔軟性」について

投稿日:

Pocket

習慣が続く人には共通点があります。

それは「こだわり」と「柔軟性」のバランスをとるのが上手だということです。




 

「こだわり」と「柔軟性」のバランス

「こだわり」と「柔軟性」について。

2つの要素は、充実した人生に欠かせないものだと考えています。

どちらか一方だと、バランスが悪いです。

まず、「こだわり」しかないとすると、どうでしょうか。

固い感じですね。

軸を持っているという意味では、いい面があります。

ただ、こだわりが行き過ぎると協調性がなくなります。

ほかの人からのアドバイスを生かして、自分を成長させる余地も減ります。

では、「柔軟性」だけだとどうでしょうか。

今度は柔らかすぎる感じです。

柔軟に対応できるという面ではいいかもしれません。

ただ、それだけだと自分の軸を持っていない状態。

自分の意見や「こうしたい」がありません。

ですから、権威性やブランドに流されてしまいます。

こう考えると、「こだわり」と「柔軟性」はどちらも必要だということがわかりますよね。

しかも、あなたにとってのバランス感覚が大事になってきます。

取り巻く環境や条件によって、バランスを調節することも必要なんですね。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





習慣が続く人の「こだわり」と「柔軟性」

2つのバランス感覚は、習慣も同じです。

習慣が続く人は「こだわり」を持っています。

ときに、まわりから見ると「そこまでこだわらなくてもいいのでは?」というレベルでこだわるんです。

人によって、何にこだわるかは違います。

ただ、習慣が続く人は、その行動に対して「芯」や「軸」を持っています。

それらのコアな価値観を、その人の行動習慣で表現しているんです。

その人の行動を見ていると、まわりの人も「この習慣を大事にしている人なんだな」と伝わるんですね。

私にとっては、文章を書くことです。

ブログやメルマガで文章を書くことにこだわりを持っています。

こだわりといっても、がんこ職人みたいなものではないんです。

ほかの言葉で言うと「コミットしている」という感覚でしょうか。

要は、習慣に対するこだわりとは、

・あなたが大事にしたいと思っている習慣を、実行すること

です。

ただ、こだわりは、非効率だったりします。

ブログやメルマガも、非効率です。

ほかの活動に時間をかけたほうが、リターンがある可能性もあります。

時間単価にしてみたら、おどろくほどの低リターンですから。(笑)

先日も、体験しました。

「ブログを毎日書いていることを自慢している人がいますが、ブログを毎日書いても意味が無いです」

先日、私が受講したセミナーで講師の方が発した言葉です。

ドキッとしました。

以前だったら、ショックを受けたかもしれません。

「そうか、ブログを毎日書いても意味ないのか」と。

 

■スポンサーリンク




続けることにこだわりを持っている人は、非効率を受け入れている

もしも私が、習慣に対して柔軟性が100パーセントだったら、と考えるとこわさがあります。

軸や芯がないと、あまりにも弱々しいからです。

「そうか、たしかにそういう意見もあるよな。ブログを書くことに効率的なリターンを考えたら、書かないほうがいいもんな」と。

さらに「効率性を求めて」と宣言したりして、ブログをやめるための「いかにも」な言い訳を考えついたはずです。

以前の私は、軸や芯はまるでありませんでしたので。

きっと、セミナー講師の方のお話を聞いて、ブログをやめていた可能性が高いです。

でも、現在の私は違っていました。

習慣へのこだわりが育っていたんです。

「たしかに、そうだよね。でも、ここまでくると文章を書くことは効率化とは別次元なんだよな。愛情とか情熱だから……。」と考えてしまったんですね。

ただ、私が良習慣道を探求していくうちに、わかってきたことがあります。

それは、

・続けることにこだわりを持っている人は、非効率を受け入れている

ということです。

たとえ効率が悪くてもいいんです。

それよりも習慣を続ける人が大事にしているのは、

・自分が大事にしたいと思っている習慣を、淡々と実行すること

なんです。

これって、すてきなことだと思いませんか?

世の中には、様々なアドバイスや教えがあります。

あなたが何を採用して、何を採用しないのかは自由です。

大切にしたいのは、

・あなたが大事にしたいと思っている習慣を、実行すること

のために活用できることを採用していけばいいのだと思います。

人は、たとえ非効率な活動であっても、大事なことを大事にできたときに、充実感を覚える生き物だからです。

あなたの毎日を充実感で満たすためにも、習慣の「こだわり」と「柔軟性」のバランスをとっていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活ファシリテーションからスタート。

夜に「良習慣塾」のセミナー準備でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「突き抜ける人の3つの条件」とは?

「突き抜ける人の3つの条件」をご存じでしょうか。 突き抜けて活躍する人は、やはり平凡な人とは違うことをやっていることを学んだのでご紹介します。   目次1 「突き抜ける人の3つの条件」とは? …

コンフォートゾーンを抜け出す思考のトレーニング。「自分の意図をともなった小さな決断」をくり返す。

日々の迷いを打ち消していくためには、決断力を高めていくトレーニングが必要でしょう。 その決断力は、「自分の意図をともなった小さな決断」をくり返すことで磨かれと考えています。   目次1 なじ …

自分の「心の声」を聴くための3つの良習慣

自分の心の声や本音は、意識して耳を傾けないとすぐに聞こえなくなってしまいます。 それを防ぐ習慣を身につけておきましょう。   目次1 静かな球場で聞こえてきたリアルな音2 環境が私たちの本音 …

内省と自己対話を「プライマリー・グッド・ハビット=最重要の良習慣」にしてみませんか?

スマホやインターネットは外側からの刺激です。 それらにふれているうちは、自分の内側から出てくるものを封印していることと同じなので注意したいものです。   目次1 オバマ前大統領の良習慣とは? …

過去の悪い原因を問い詰める「なぜ?」より、未来の改善を求めて「何を」と考える習慣を身につけよう!

  こんにちは、伊藤です。 あなたは、部下や後輩、子どもがあなたの望む行動をとらなかったとき、 「なぜ、〜しなかったのか?」 と聞いていませんか? ぼくは、「なぜ?」よりも、 「何があなたの …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。