【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

学ぶ習慣

効果的に知識を得るために。学びは「形式知」と「経験知」をセットで循環させよう!

投稿日:2015/10/03

Pocket

頭だけで学ぶ「知得」があります。

その一方で、身体も使って学ぶ「体得」もあります。

「知得」と「体得」は、どちらも重要で、どちらか一方ではなく、両方セットで循環させることが重要だということを再認識しました。

child-865116_640

 

スポンサーリンク

 

娘のアスレチック体験にみた2つの言葉

先日、家族で「ありのみコース」という大型のアスレチック施設に行きました。

そのアスレチックで、6歳の娘が、手こずった遊具がありました。

私は、娘に口頭でその遊具のクリアの方法を説明しました。

娘ひとりで取り組んだものの、なかなかうまくいかず、時間をかけても難しいようでした。

それを見ていた妻がサポートして、1回目なんとかクリアできたものの、怖さを感じているように見えました。

しかし、娘は納得がいかなかったのか、すべてが終わってからもう一度挑戦。

2回目は、みごと自分ひとりの力でクリアできたのです。

1回目は私の口頭の説明だけではうまくできませんでした。

しかし、1回目でも自分の身体を使いながらなんとかクリアできたので、2回目がスムーズにできるようになったわけです。

私は、娘のチャレンジ精神をたたえつつ、ふと「形式知と経験知」という言葉を思い出しました。

 

形式知と経験知は循環させることが重要

学んで得られる知識は、「形式知」と「経験知」に区別される、と言われます。

「形式知」とは、本を読んだり、人から聞いて得られた知識のことです。

一方、「経験知」というのは、実際に体験して得られた知識のことです。

これは、どちらか一方だけではバランスが悪いのです。

要は、学習するプロセスでは、「形式知」と「経験知」がお互いに影響しながら、循環するのが良い流れなのですね。

「形式知」と「経験知」はどちらが先でも良いのですが、重要なのは、2つを循環させることです。

本を読んだらアクションしてみる。

アクションの結果を踏まえて、もう一度本を読んでみる。

そのように、知識と経験の両方を意識的に使うことで、「知得から体得に移行する」わけです。

 

経験知を得るために身体を使おう

私は、スイムトレーニングに行くとき、コーチにレッスンをお願いしています。

まず、コーチにアドバイスを受けて、実際に自分で泳いでみること。

これが、経験知です。

次に、うまくできていない部分を指摘してもらいます。

ここが形式知にあたります。

さらに、また泳いでみて、「あっ、ここがうまくいった」とか、「どうしてもうまくできないな、、、」と感じながら、経験知にしていくわけです。

このように、「形式知」と「体験知」をいったりきたりしながら、「頭」と「身体」で水泳がうまくなるように学んでいます。

つまり、「形式知」と「経験知」は、セットにしておくことを意識しておきたいもの、ということです。

そして、セットで使うのが大事なのですが、バランスとしては50%ずつではなく、「頭だけでなく、身体も使う」というところを重要視したいものです。

「経験知」は、「できた」、「できなかった」がはっきりするため、客観的な評価にも活用できます。

「計測できるものは管理できる」とはドラッカー氏の言葉ですが、行動によって「経験知」を知ることで、成長の指標にしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、翌日の娘の運動会の準備をしていました。

ビデオカメラとデジタルカメラを充電して、早めに就寝。

今年は保育園最後の運動会。

どんなドラマが生まれるのか楽しみです。(^_^)

 

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-学ぶ習慣

執筆者:

関連記事

学びを最大化させるために「経験知」と「形式知」を循環させよう

学びを最大化させるためには2つの「知」をバランスよく循環させることが重要です。 その2つの「知」は、「経験知」と「形式知」です。   目次1 「学びが世界を変える」という信念2 「経験知」と …

成果を出すために必要なシンプルな要素は2つ。プロ視点のアドバイス+素直な実践。

成長するために必要なことは、シンプルに考えると、 ・プロや経験者の視点でアドバイスをもらう ・素直に受け入れて行動にうつす というサイクルをまわすことではないでしょうか?   スポンサーリン …

自分の思考を磨くために。積極的に「対話」を活用しよう。

古代ギリシャの哲学者であるソクラテスは、何よりも対話を重視したと言われています。 私も、、、というとおこがましいのですが(^_^;)、対話によって思考が深まり、気づきや内的成長をする機会を得ています。 …

人見知りの私がコミュニケーションスキルを鍛えてきた3つのアプローチ。

コミュニケーションはトレーニング次第で上達します。 私が「人見知り」を少しずつ克服した経験から記事を書いてみました。   スポンサーリンク   目次1 人生は「人との出会い」が大き …

インターネットの情報はデパ地下の試食と同じ!?あなたは「情報」と「知識」どちらを積み重ねていますか?

あなたは、「インターネット記事での情報」と「読書での知識」、どちらを重視していますか? 樺沢紫苑さんの新刊を読んで、非常に共感した部分がありました。 読んだら忘れない読書術 posted with ヨ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。