【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「自分に自信を持つ」ために有効なたった1つの方法

投稿日:

Pocket

■朝活プレイヤーは早起きを強要する?

 

佐々木俊尚さんと池田千恵さんが紹介されていた記事を読みました。

※ご参考
人は何故、早起きを他人に押し付けたがるのか?朝活する人はなぜ押し付けがましいのか?

 

いやー、個人的にはかなり笑えました。

特に「ダーマ神殿での復活」なんていう表現はツボでした(笑)。

 

とても面白い記事なので、ぜひご一読をおススメします!

あっ、最後までちゃんと読んでくださいね!

 

寝起き

 

■苦手なことを克服する

 

今日は記事を読んで感じたことをお伝えします。

 

先に紹介した記事の結論。

それは、

・朝活を強要する人はほとんどの場合夜型から朝型に変わった人

であり、

・自制できる自分を密かに自慢したい

とのことです。

 

個人的には、痛いほどよくわかりますね~(笑)。

これは、たぶん本当でしょう。

 

記事にもありましたが、もともと早起きできる人には朝活なんて普通のことなんです。

特に強調する、なんてことはしません。

他の人には習慣化が難しくても、できる人には自然にできてしまうので本人にも分からないんです。

 

たとえば。

 

体質的にどうしても太れない人は、ダイエット理論は研究しないですよね。

自然に生活していても太らないのですから。

 

ある人が努力しなければ手に入らないものを、ある人は何の苦もなくできる。

その意味では不公平です。

 

ただし、その不公平を乗り越えてダイエットを実践し、成功した人は素晴らしいですよね。

さらに理論化できた人はもっと強い。

 

再現性がある方法論をつくれるようになるので、他人に伝えることができるようになります。

苦手だったものが、実はその人の強みにもなり得るのです。

 

■自分を律することが個性につながる

 

「良い例だ!」と思ったのは、タバコを禁煙することができた人ほど喫煙者に禁煙を強要するという現象(笑)。

 

もともとタバコを吸わない人は、禁煙の苦しさも分からないし、禁煙後のメリットも分からないわけです。

ですから声高に「禁煙した方が良い」なんて言わないんですよね、意外と。

 

そのことは「早起き」や「禁煙」そして「ダイエット」などにもつながること。

それが今回の記事で印象に残ったことなんです。

 

何だと思いますか?

 

それは、

自制することが出来るというのは、そのまま直接個性にもつながっていきます。自分が良いと決めたことを守り、続けていくことは、魅力的な個性に繋がる大事なことです。

自分が決めたことを守れない人ほど、個性がないわけです。

という部分です。

わたしとしては非常に強く同意し、思わず、はたと膝を打ってしまいました。(実際は打ってませんが 笑)

 

この文章を読んでふと思ったのです。

「自分には個性がない」と嘆く人ほど、自分が決めたことを守っていないのではないでしょうか?

 

■そして「個性」は「自信」へ

 

わたしは、6年前まで自分にまったく「個性」がありませんでした。

ましてや「自信」などと言えるものもありませんでした。

妻には今でも笑われますが、将来ホームレスになってしまうんじゃないかと怯えていたぐらいです。

 

でもですね、、、正直に告白すると、今は「自信」はあります。

ほんの少しですけれど(笑)。

 

(最後までお読みいただければ分かってくださると思いながらも先にお伝えすると、わたしがいま言っている「自信」は、「俺はモテる!」とか、「俺は金持ちだ!」とか、「俺は仕事バリバリできます!」という意味ではありません!念のため。)

 

それで、今回の記事を読んで少し考えてみたのです。

なぜ以前は自分に自信がなかったのに、今は(少しは)自信があるのか?

 

振り返ってみると、一番の要因は、

【自分との約束を守る自信がある】

ということだったんです。

 

以前の自分より格段に「自分との約束を守ること」ができるようになっているのです。

 

わたしはこれまで、さまざまな良習慣を身につけてきましたし、さまざまな悪習慣を手放してきました。

そしてこれからもどんどん良習慣を改善・改良し、悪習慣を断ち切っていける「自信」を持っています。

 

その「自信」とは、「自分との約束を淡々と守ることさえできれば、どんなことも習慣化可能」と思える、という意味において言えることです。

 

とにかく自分との目の前の約束を守る。

小さな約束、ほんのちょっとした約束でも徹底して「自分との約束を守る」。

 

これを繰り返してきたことが大きかったのだと思います。

 

つまり。

「自分との約束を守る」繰り返しこそが、「自」分を「信」じることにつながるのです。

その「点」が、あるとき「線」となり、その「線」が「自信」に変化していくのです。

 

もし、みなさんが「自分に自信がない」とか「自分には個性がない」という思いがありましたら、まずは

「自分との小さな約束を繰り返し守る」

これを試してみましょう。

 

ショボイ良習慣で大丈夫ですよ。

・朝、換気をする

とか、

・帰宅したら靴を揃える

とか。

そのレベルでOKです。

 

確実に守れる新しい良習慣を「自分との約束を守る」という感覚で行動してみましょう。

自分に自信をつけるためにとても有効な方法ですのでぜひお試しください!

 

【今日の良習慣】
「自分との小さな約束」を毎日ひとつ確実に守る

 

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

良い面を見るトレーニング。人をほめる習慣を持てば、ポジティブ思考が促進される。

習慣化コミュニティーで、感謝日記をつけている方がいらっしゃいました。 私も過去にやっていたことをお伝えしたのですが、「なぜ、今はやっていないのですか?」と聞かれたのです(今は別のフォーマットで日記を書 …

継続するためには「できるか、できないか?」よりも、「しつこさ」が大事。

習慣化するためには、続けるための原則を学ぶことや行動を工夫することにあります。 それらに加えて、継続のために「しつこさ」が大事なのだと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 …

立花岳志さんのミッションに心が動いた!「言葉」の大切さを再認識しました。

こんにちは、伊藤です。 最近、「言葉の大切さ」を改めて感じることがありました。 本当に、「言葉」は大切ですよね。     目次1 左脳的なアプローチを重視する2 著名プロブロガー立 …

習慣化や継続に重要なこと。ネガティブな感情に気づき、自分の感情を整える。

やる気がないときに「とりあえず動いて感情を動かす」ことは、行動を促すために重要なテクニックです。 ただ、もう1つ、ネガティブな感情がわきあがってきたときに、行動を止めないようにアプローチする方法も知っ …

良習慣の定着を目指すのは大人も子どもも同じ。大人はブラッシュアップし続けられるか考えてみよう。

娘の保育園のイベントに参加しました。 イベント後に配布されたプリントに書いてあった項目に、私は目を奪われて少し笑ってしまいました。   スポンサーリンク   目次1 保育園で配られ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。