【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

自分の現状を話して整理するために、時間を天引きする覚悟をする。

投稿日:

Pocket

自分の現状は、定期的に話して整理をしておく必要があります。

そのためには、その時間を天引きしておかないといけません。

 

スポンサーリンク


 

セッション時間を天引きするクライアントさんの努力

先日、関西地方に住んでいらっしゃるクライアントさんとコーチングセッションをしていました。

セッションは朝6時30分スタート。

Skypeでのセッションだったのですが、電話が鳴りました。

クライアントさんが「すみません、ちょっとお待ちいただいてよろしいですか?」ということで、私は待機。

私は、「朝6時30分に電話・・・??」と思っていました。(^_^;)

すると、電話を終えたクライアントさんから、「実は職場で宿直がありまして、職場からSkypeさせていただいていたのです。最初に言わなくて申し訳ありません。。。」というお詫びの言葉がありました。

このやりとり。

あなたは何を感じますか?

私は、クライアントさんが苦労して時間をやりくりして、今回のセッション時間を確保したのだと想像して、心をグッとつかまれる想いがしました。

 

仕事でもプライベートでも多用な時期に何をするのか

私が複業をスタートさせる時期は、自分の人生を変えるために必死に行動して、課題を1つ1つクリアしていっていましたが、まさに「もがいている」という感じでした。

当然、職場には言えません。

また、家族にオープンにできない部分もありました。

それでも、自分の人生を前に進めたい。

ですから、職場とも家族とも離れて1人になる時間をとって、マイコーチとのセッション時間を確保して、天引きするようにしていました。

30代から40代になると、会社員として勤務していればベテランとなり、家族にも変化が訪れます。

小さな子どももいました。

つまり、仕事もプライベートも何かと多用になってくる段階だったのです。

ですから、目の前のことに追われていると、「やるべきこと」「やらなければならいこと」に24時間がどんどん埋められていきます。

意識して自分の時間を確保しないと、気がついたら「こんな年齢になっていた・・・」ということになりかねないと思っていましたし、そのような後悔はしたくありませんでした。

30代や40代は人生のステージがいろいろと変化する時期ですから、ただ流されているだけでは、上のステージに行くどころか、下のステージに落ちてしまうこともあり得ると思っています。

・社内の立場の変化
・家庭内の状況の変化
・自分の体力の変化

など、それぞれの変化が五月雨式にやってきます。

人生でも大きな変化の年代。

そのような重要な時期を、目の前の「緊急で重要なタスク」ばかりにかかりっきりで良いはずがないでしょう。

 

自分の現状をありのままにほかの人に話してみる

では、どのような行動をとれば良いのでしょうか?

おすすめは、「自分の現状を誰かに思いっきり話すこと」です。

自分の現状を誰かに話すのは、今の自分の状態をあらためて俯瞰して整理することとなります。

実際、目標を追いかけるためには、現在地を設定することが不可欠です。

たとえば、北海道に行きたいのに、現在地がわからなければ、ルート検索をすることもできませんよね。

自分以外の人に話すことにより、同時に自分の心と対話することにもなり、想いや考えが深まります。

オートクラインという言葉があるのですが、端的にいえば「自分が話した言葉が、自分自身に与える影響」のことで、人はほかの人に話すことによって、同時に自分にも話しかけているようなものなのです。

結果、自分をより深く知ることができるのですね。

先述の通り、仕事でもプライベートでも振り回される年代の方であれば、よけいに「自分の心が何を感じているのか?」ということをしっかりとつかんでおきたいところです。

自分の状況を話していると、その会話から今まで気づいていなかった視点に気づいたり、忘れていたことを思い出したり、自分の変化を把握できるようになります。

まさに「気づく」ということですね。

気づくことができれば、変化していこうという気持になりますし、変化が起こせます。

私自身も、自分が変化していくことが楽しいですし、これからも変化していきたいです。

今の自分を脱皮する感覚というか、より良く変化させていくイメージでしょうか。

最近よく考えるのですが、自分をより好ましく変化させていくというのは、人生でも楽しい遊びのようなものなのではないでしょうか。

でも、その変化も、自己対話やコーチとの対話がなければ、気づかずに流れていってしまうのです。

ですから、仕事やプライベートが多用な時期こそ、自分の現状を誰かに話す時間を重要視して、天引きしていくことが必要なのだと考えています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、継続クライアントさんとの早朝コーチングセッション。

やりたいことをテーマにしたセッションでした。

クライアントさんの過去のエピソードが私のつぼで、セッション後のフィードバックの時間にこらえきれずに大笑いしてしまいました。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

相手の本音を知る秘けつは、自分からコミュニケーションのリスクをとること。

「相手の本音を知る」ことに興味はありますか? 私なりの相手の本音に近づくための秘けつを記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 相手の本音を知りたいという欲求2 心理学か …

「アメとムチ」はもう古い?ワンランク上の「アメとアメなし」コミュニケーションで考えよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事でご紹介したこちらの本。 【本日のお勧め本】 メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書 …

自分のスキル・能力を高める目標は、現在の自分を基準にしない。

イメージしただけで思わずワクワクしてしまう目標とはどのようなものでしょうか? それは、自分の内側から湧き上がってきた「想い」をともなうものであり、「現在の自分」を棚上げした目標でしょう。   …

ほめられる側よりもほめる側に立つ「プラスのフィードバックを伝える習慣」

あなたは自分のことを「ほめて欲しい」と多かれ少なかれ思っていると思います。 それと同じように相手も「ほめて欲しい」と思っているものです。   目次1 相手にプラスのフィードバックを伝える習慣 …

ほかの人を笑顔にする。自分もうれしくなる。「1日・1人・1ほめ」の習慣にトライしてみませんか?

自分ががんばっている行動に対してほめられるのはうれしいものですよね。 「ほめる」のがいいのは、相手をよろこばせることはもちろん、自分も元気になるのです。 ただ、「ほめる」際に注意したいポイントがありま …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。