ダイエットの習慣

野菜を食べる習慣を定着させる方法

投稿日:


健康に意識を向けると、必ずやってくるのは野菜を食べる習慣。
ただ、野菜を食べるのって意外と難しいんですよね。
私なりの取り組みを記事にしてみました。




 

「健康にはお金がかかる」という悩み

「健康でありたい」

多かれ少なかれ、誰もが願うことのはずです。

もちろん、普段は健康を意識している人が多いはず。
「へへへ、俺は不健康になってやる!」と思う人は、あんまりいないはず(ですよね?)。

ただ、健康診断をしてみると、
・体重増加
・高血圧
・メタボリックシンドローム
などが表出してくるんです。

そのときに「自分では健康でいるつもりだったけど、過信していたんだな……。」と気づくわけです。

さて、問題はここから。

「健康になろう」
「健康に注意しよう」

そう決意して、本当にヘルシーな生活に変えられる人はどれくらいいるでしょうか。
少数派なんです。
健康でいるのは難しいからです。

なぜ、健康でいるのは難しいのか。

私の答えは、
「健康維持にはお金がかかるから」
です。

私も、健康的なダイエットに挫折する「3つのステップ」が決まっています。
・ステップ1:(健康診断など何かのきっかけがあって)健康を決意する
・ステップ2:ランチに野菜などを追加してがんばる
・ステップ3:続けていくうちに野菜の追加コストがきつくなってくる
・結果:もとの食生活に戻る

こうして、リバウンドしてしまうんですよね。
私自身、このパターンに何度はまったことか。。。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





日中に野菜を食べたい人の救世主とは

野菜って、高くなってますよね。
しかも、ハンバーガーやおにぎりみたいに気軽に買えないですし。

私のように会社に通勤していると、自宅で手軽にサラダを食べるわけにはいかない。
スーパーで野菜を買ってきて、会社でサラダをつくるわけにもいきません。
かといってファミレスでサラダをオーダーすれば、それなりにお金がかかります。

たとえば、「ジョナサンサラダ」。
現在は329円(税込)。
それほど高くはないかもしれませんが、ボリュームは少なめです。
食べないよりは「まし」なんだと思いますが。

では、「ひじきと蒸し鶏の和風サラダ」はどうでしょう。
おいしいし、ボリュームもあります。
いいと思うんです。
ただ、現在の価格は714円(税込)。

やっぱり、それなりの値段ですよね。
ランチと同じくらいの値段なのに、ランチより空腹が満たされる感じもしないですし。

そうなるとですね、私なんかはこう思うんです。
「野菜サラダより、カップラーメンのほうが安いよな。」とか、「チャーハンのほうが、同じ値段でお腹いっぱいになるな。」とか。

さらには「健康になるって、、、何となく損な気がする。」と思ってしまうんです。
うーん、これだと健康になれませんね……。
何か、いい方法はないものか。

そんな私に、心強い味方ができました。

野菜を
・安く
・手軽に
・それなりのボリュームで
食べられる方法を発見したんです。

その味方は何かというと、
「カット野菜」
です。

カット野菜。
あなたは、ご存じでしょうか。

 

■スポンサーリンク




安くて満足感のある野菜の食習慣

厚生労働省がすすめている1日あたりの野菜摂取量は、350グラム以上です。
どこまで信じるかは別として、目安にしてもいいのかなと思います。
そこで、私も日々の食生活に野菜を取り入れるようにしているんです。

ただ、小鉢のサラダとかだと、1日350グラムってきついんですよね。
「ジョナサンサラダ3つお願いします」とかオーダーしたら、お店の人に「ボクサーの減量かよ!」ってつっこまれるかもしれませんし。(笑)

カット野菜だと、コンビニやスーパーに売っています。

キャベツだったら1袋150グラム。
食べると、けっこうな満腹感があります。
これだけで1日の野菜摂取量の40パーセント以上。
しかも、値段は70円くらいからあります。
コンビニでも110円から売ってます。
私は、試しに2袋食べてみたことも。
満腹です。

カット野菜は、健康になるための野菜摂取についてのデメリット、
・値段が高い
・満腹感がない
・面倒くさい
をクリアしています。

つまり、
・値段が安い
・満足感を得られる
・手軽に食べられる
というメリットを満たしているんですね。

個人的に、ちょっと心配していた安全面もクリアしているそうです。
インターネットで調べると、好意的な意見の方が多いんですね。
管理栄養士の方もおすすめしている記事もありますので。

実際、私もカット野菜を食べる量が増えて、3ヵ月で6キロ以上やせました。
健康になるし、やせるし、お財布にも優しい。
カット野菜を食べる習慣。
いいことづくめだと感じています。
(ラーメンとか牛丼とかカレーライスとかファストフードなどが好きな方には、多少の意志力が必要ですが)

ぜひ、あなたの食事にカット野菜をつけてみましょう。
習慣にすれば、身体が変わります。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時台の「習慣化コミュニティー」朝活からスタート。
6:00の部、6:30の部まで。

夜は会社の仕事で、原宿に行かねばならず、「マンデージムの習慣」はスキップに。
別の日に取り返そうと思います。

その分、撮りためていたアニメ『キャプテン翼』を最後まで観ることができました。
「S.G.G.K.(スーパーグレートゴールキーパー)」の若林源三、最高ですね。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

「成果」と「成長」の違いとは?どちらを大事にすればいいのか?

成長とは、直線的なものじゃないなと思います。 成長は、ジグザグしている曲線だととらえてみるのがおすすめです。   「成果」と「成長」の違いとは? 「成果」と「成長」には、違いがあります。 似 …

1ヶ月半で5キロのダイエットに成功!実践した7つのポイントを振り返ります!

  ダイエット習慣を継続しています。 1ヶ月半で5キロやせることができました!     ストレスフリーのダイエットメソッド 昨年11月30日のダイエットの習慣セミナー。 …

どうすれば2度とリバウンドしないダイエットができるのか?

私はこれまで目標達成とダイエットの成功を同じようにとらえていました。 しかし、それは間違った考え方だったのでリバウンドしてしまっていたのです。 その失敗から、どうすればダイエット成功をキープできるのか …

習慣化に必ずやってくる「予定外」。想定内の想定外を乗り切ることが習慣化のポイント。

長く習慣化をしていると、予定通りにやってくる「あるモノ」があります。 会社の仕事でいろいろとあり、軽い気持で読んでいただければと思います(笑)。   スポンサーリンク   「習慣化 …

罪悪感のない忘年会を開催する方法

忘年会シーズンはお金や時間を使いすぎてしまって「やっちまった……。」と後悔することがあります。 そこで、今回は「後悔のない忘年会」を開催してみました。   忘年会で暴走する「雰囲気・時間・食 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。