【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

習慣化したい行動までを直列つなぎにしよう

投稿日:2022/08/24

Pocket

乾電池をつないで光るように、習慣化までの行動を直列にしていきましょう。




 

直列つなぎと並列つなぎ

あなたは、記憶にあるでしょうか?

電流の回路には、2種類あることを。

それは、

(1)直列つなぎ

(2)並列つなぎ

です。

中学校のときに理科で学んだはずです(そんな記憶があります、私にはかすかに・笑)。

2つの乾電池を1列につなぐと、電圧が2倍です。

「1+1=2」です。

一方、2つの乾電池を並列につないだら、電圧は変わりません。

「1=1=1」にしかならないのです。

つまり、2つの電池を直列につないだほうが、電圧は高いのです。

このつなぎ方の違い。

私には文章の

・逆接の接続詞

を思い出させます。

「でも」

「だが」

「しかし」

といった言葉ですね。

逆接が多い文章は、並列つなぎです。

曲がり角やカーブが、直列つなぎに比べて多いのです。

道でいえばガタガタしている感じですね。

一方、逆接の接続詞を使わない文章は、直列つなぎです。

パワフルです。

流れが途切れないからです。

「しかし」がなければ、最後までスルッと読めます。

まさに直列つなぎの文章なのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





逆接の接続詞を多用しない

文章に勢いがあっても、「しかし」「でも」があると、流れが止まります。

勢いよく流れている水をせき止めてしまうように。

それを感じてから、逆接の接続詞を使わないようにしています。

快適です。

流れがスムーズなのです。

お伝えしたいことを、逆接の接続詞を使わずにスーッと書いていく。

たしかに、いい流れがつくれます。

イメージは、数学の証明です。

私は大の苦手でしたが……。

証明するために、回答者は、

・AとBは同じ長さだ

・次に、BがCに置き換えられる

・そのCはDと一緒になる

・ゆえにA=Dである

みたいに考えるわけですよね。

回答には、流れがあります。

すべて順接だからです。

流れが速いのです。

スピード感もあって、テンポもいい。
 
逆接の接続詞を使わないだけで、リズムができるのです。

以前の私の口ぐせは「でも」でした。

文章の悪いくせも「でも」でした。

すぐに逆接の接続詞を使っていたのですね。

まったく逆じゃないのに「逆に」を使ったり。

仕事でミスをして責められたときも「でも」と口をついて出ていました。

逆接の接続詞のあとにつながる言葉は、言い訳しかありません……。

ブログでも同じです。

ブログ1記事の中で、「しかし」「でも」をくり返し使っていました。

1記事の中で、逆接の接続詞を何度も使うと、もう何がなんだかわかりませんよね。

自分が主張したことを逆接の接続詞で否定。

それなのに、さらに「しかし」を使えば、論理的には破綻しています。

逆接の接続詞を何度も使うのは、凸凹が多い道路みたいです。

歩きづらいです。

車も通りづらいでしょう。

スピードも出ません。

デメリットが多いのです。

 

■スポンサーリンク




習慣化したい行動までを直列つなぎにしよう

習慣化も同じです。

行動にいたるまでがでこぼこ道だと、習慣化はうまくいきません。

進みづらいからです。

習慣化がうまくいくためには、でこぼこが少ないほうがいいですよね。

たとえば、呼吸をするように本を読む習慣を身につけるためにはどうするか。

すぐに本を読める状態をつくること、つまり道をスムーズにすることです。

紙の本だけでは困難です。

Kindleは必須です。

スマホでも読めます。

ツールだけではありません。

「本を読もう」と思える環境を整えることも大事です。

走りやすい道路だからランニングしたくなるように。

本をスムーズに手に取れるようになれば、読書の習慣化の流れも良くなるのです。

一方、習慣化がうまくいかないときは、道が凸凹です。

進もうとしても、進みづらいのです。

Facebookに1回ずつログインするようなものです。

あなたが習慣化につまづいているときは、おそらく道がでこぼこです。

習慣化するまでに並列が多くなっていると、パワーもスピードも出ません。

行動までの流れがでこぼこにならないように、直列につなぎましょう。

できるだけ摩擦を起こさずに行動できるように。

習慣化のポイントです。

ぜひ、直接つなぎのアクセスを考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、「習慣化オンラインサロン」定例スタッフミーティングに参加。

終わったあと、昨日に引き続き「良習慣コーチング塾」の講座準備でした。

コーチングの講座をつくるたび、新たな発見があって楽しいです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

「習慣のイエスマン」になって「続く人」になる方法

迷ったあげく、最終的に「結局やる」ということはありませんか? 習慣においても迷う時間はもったいないですから、「習慣のイエスマン」になってみましょう。   目次1 迷う時間はコストである2 迷 …

習慣化の「だるまさんが転んだ理論」。脳は昨日行動したことを今日も行動しようとする

習慣化は「だるまさんが転んだ」のように。 脳を少しずつ教育して習慣化していくプロセスを「だるまさんが転んだ理論」と呼んでいます。   目次1 「脳は、昨日行動したことを今日も行動しようとする …

その習慣にふさわしい自分に変わるから、結果としてゴールを実現できる。

ゴールを立てると、今の自分を変えなければならないことに気づきます。 「今の自分を変える」とは、習慣を変えるということです。   目次1 「良習慣塾」メンバーの成果へのよろこび2 「目標達成す …

「0→1」の1歩が難しいときは「0→0.5」で半歩だけ進もう

セミナーなどを受講するだけの立場から、自分でセミナーや読書会を主催するためには「0→1」を実現しなければなりません。 それは負荷がかかるものですが、「0→0.5」として半歩だけ進むことも考えてみましょ …

あいまいな行動をチャンクダウン。アクションの細分化が実行力を高める。

習慣化や目標設定で忘れてはいけないのは、行動をチャンクダウンすることです。 チャンクダウンをおこなう際に大切なのは、「その説明がほかの人に伝わるかどうか?」という視点です。   スポンサーリ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。