【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

習慣化のプロセスに起きるモチベーションダウンへの2つの対策。

投稿日:2016/12/07

Pocket

習慣化を続けるプロセスでは、モチベーションがさがる時期があるかもしれません。

対策を2つ考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

習慣化のモチベーションがあがらないという課題

先日、「習慣化に取りくんでいるときに、モチベーションが維持できなくなってしまうことがあります」という質問を受けました。

この質問、よくあるのです。

私がお答えするのは、状況によって2パターンあります。

1つは、その習慣に取り組もうと思ったきっかけを問いかけることです。

「そもそも、なぜその習慣化に取り組もうと思ったのか?」という部分ですね。

モチベーションが低下するということは、本当はやりたくないことである可能性があるからです。

「本当にやりたくないことなら、思いきってやめてしまうのも手ですよ。」とお伝えしたこともあります。

そうすると、「いや、やっぱりやります!」という展開になることもあるし、「そう言われると、、、何でやろうと思ったんだったかな・・・?」と言われたこともあります。(^_^;)

いずれにしても、モチベーションが保てないということは、どこかで義務感を感じているはずなので、自分の欲求が動くほかの習慣化にトライしたほうが良いケースもあるのですよね。

また、続けることだけが目標となり、目的を見失っているケースもあります。

ですから、「そもそも、なぜその習慣化に取り組もうと思ったのか?」ということを自問して、あらためて目的を考えてみることが1つ目の対策です。

 

「とにかく少しだけ行動してみる」をゴールにする

もう1つの対策は、「3分間だけ集中して行動してみること」という提案です。

モチベーションが上がらないときは、結果を気にしすぎて動けなくなっているケースが多いです(自分をふり返ってみても・・・)。

たとえば、私が習慣化のコミュニティーでの投稿にコメントを返すときに、「見当はずれのリアクションだったらどうしようかな・・・」と迷うときがあります。

しかし、投稿に対してコメントを返信するのであれば、的を射たアドバイスができるかどうか、または、一発で解決に向かうすごい提案ができるかどうかは、最終的には自分ではコントロールできません。

ですから、自分の直感を信じて、相手から感じたことを率直にフィードバックするようにしています。

つまり、コメントをすることによるフィードバックをするというように、「行動する」ということだけをゴールにしているのです。

相手に対する効果的なフィードバックができればそれは理想なのですが、100%は難しいでしょう。

ですから、リアクションができればOKとして、自分の行動をうながすわけです。

「行動するだけでいい」というだけだと、、、もしかすると、相手のかたの地雷を踏んでしまったり、怒りをかうようなことが起きてしまうかもしれません。

でも、それを気にしていたらいつまでたってもコメント返信はできないし、結果として交流ができなくなってしまうのですよね。

それでは、コミュニティーに対するサポーターとしての価値がありません。

ですから、「とにかくリアクションすること」「とにかく行動すること」をゴールにしているのです。

これは、ブログの記事を書くときも同じです。

とにかく1行を書いてみるのです。

それは、結びのひと言でも良いし、なんとなく書きたいフレーズでも良いです。

「いまこの瞬間に書きたい文章」を、とりあえず1行書いてみること。

そのようなに、小さくエンジンをかけておくことが大事です。

ちょっとした行動を起こすことで、エンジンがあたたまりはじめます。

それは、最初は気づかないくらいにわずかな熱量なのですが、でも確実に火はついているのですね。

ですから、仮に3分でも取りくむことができたならば、そこから15分、30分と続けられることは多いものです。

あなたにも、「ちょっと調べもので本を手にとったら、勢いで半分くらい読んでしまっていた」というような経験があるのではないでしょうか?

それと同じことなのです。

 

行動することによって感情を変えることができる

私たちは、自分の感情を起点にして、行動をおこしていると思っています。

・ごはんを食べたいと思うから、食事をする
・メールに返信するために、文章を書く
・「やせよう!」と決意して、ジョギングをはじめる

たしかに、顕在化している部分ではその通りでしょう。

しかし、実際には逆のパターンも多いものです。

・ちょっと落ち込んでいたけれど、笑顔をつくってみたら気分が少し明るくなった
・ストレスがたまっていたけれど、カラオケを思いっきり歌ったら元気が出た
・疲れを感じていたけれど、軽くランニングをしたら汗をかいてすっきりした

このように、行動によって感情が変化することがありますよね。

だからこそ、やる気が出ないときほど、行動することにフォーカスをしていただきたいのです。

やる気がないからといって何もしないでいたのでは、現状維持どころか停滞、悪くすれば減退していってしまいます。

気のりしなくても、やる気がなくても、続けようと決めたことならとにかく3分だけやってみる。

3分ならカップラーメンをつくるのと同じ短時間ですよね(笑)。

たった3分で、そのあとの行動につながりがでる可能性ができるのであれば、やらない手はありません。

ですから、「モチベーションがあがらない」と思ったら、とりあえず「3分行動すること」をゴールにしてみましょう。

3分行動すれば、少しずつやる気が出てくるものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はひとり会議を延期して、家族で夕食。

何年かぶりに行った地元のお店が大盛況していました。

カジュアルでかざらない雰囲気で、スタッフのかたの人情味とあたたかさ(ときにぶっきらぼう・笑)に親しみやすさがあります。

何より、年季の入ったお店のたたずまいが、友人の家に遊びにきたみたいで妙に落ち着くんですよね(笑)。

それらのなんとも言えないミックス感が、人気の秘けつなんでしょうね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-行動習慣

執筆者:

関連記事

テレビやYouTubeを観ることはあなたの将来にどう役立つのか?優先順位をシンプルにすることのすすめ。

いつも考えていることなのですが、「早起きしたいけど、できません」という人があれば、おそらく、心の底では早起きしたくないのではないでしょうか? 勉強が続かないとか、ダイエットしたいけれどやせられない人も …

挫折した習慣に再チャレンジ!瞑想を習慣化するために私が実践した5つのポイント。

昨日の記事で、取り組みたい習慣は、具体的な行動を言語化することが重要だということを書きました。 「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。 | 【良習慣の力!】ブログ …

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

「3日坊主」が習慣化を救う。なぜ、「3日坊主」になっても大丈夫なのか?

あなたにとって「3日坊主」は、ネガティブなイメージを持つ言葉かもしれません。 しかし、「3日坊主」は、決してだめな言葉ではないと思っています。 その理由を記事にしました。   スポンサーリン …

習慣化では記録が大事。記録→発信の3ステップ、3つの「見える化」メリット、5つの記録スタイル。

行動習慣を続けるために重要な「記録」。 そこで、 ・記録の3ステップ ・記録の3つのメリット ・5つの記録スタイル について記事にしてみました。   目次1 継続のために重要な「記録」のパワ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら