【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間

残業が多くてやりたいことができない人へ。定時退社するための5つの対処法。

投稿日:2018/09/22 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「残業が多くて、やりたいことができません」というお悩みをよく聞きます。

そこで、私なりに「定時退社するための工夫」を5つあげてみました。

 

スポンサーリンク

 

残業し続けた自分の未来に危機感を抱く

10年前、残業ばかりしていた頃があります。

会社の最後の社員は私になり、夜間受付に鍵を返すのは毎日のように私でした。

上司との面談で注意されたくらいです。(^_^;)

その当時は今ほど最善主義をつらぬくことができず完璧主義で、ほかのスタッフに気を使いすぎるなど、とにかく無駄な時間が多かったものです。

しかし、これをずっとくり返していては、将来の自分がたどり着きたい場所(売上トップ、顧客へのレスポンスを速めるなど)には行けないと思いました。

そこで、いろいろと時短術を学び、実行にうつしました。

そのおかげで、時間は多少かかりましたが、中長期的に見て間違いなく仕事の効率はアップしました。

そのおかげで、ここ数年は、1時間以上残業することはほとんどなくなったのです。

 

定時退社するための5つのポイント

当時から今に至るまで継続して行っている工夫で、効果を感じているものを5つピックアップしてみました。

 

1:環境を整えるために整理整頓をする

定時退社できない人は、まずここを整えてみることからスタートしてみましょう。

・デスクの上はどのような状態でしょうか?

・とり出したい資料はすぐに取り出せる場所にあるでしょうか?

・使わないペンや読み終えた資料などをいつまでもとっていないでしょうか?

ここには私も終わりはありませんが、「何かを探している時間」ほど無駄なことはありません。

探しものをする時間を最小限に抑えるためにも、整理整頓をしていきましょう。

おすすめは、始業前や毎日のルーティンとして5分でも15分でも強制的に時間をとることです。

キーワードは「シンプルデスク」です。

シンプルデスクのすすめ。集中できるデスク環境をつくるための3つのシンプルなルール。

 

2:タスクリストを毎日つくる

毎日のタスクは、

・ルーティンのタスク

・ルーティン以外のタスク

に分かれます。

ルーティンタスクは見える化しなくても対処できると思いますので(私はルーティンタスクも見える化しないと落ち着きませんが)、ルーティン以外のタスクは紙に書き出すか、タスクリストに書き出すようにしましょう。

私のポイントは、

・3〜10分くらいの短時間で書き出す

・思いついたタスクは、とにかく書き出してみる

・その中から今日中にやらなければいけない優先タスクを選ぶ

ということです。

ネガティブリストもおすすめです。

目標設定が苦手な人におすすめ。ネガティブなパワー「いやだ!」を活用した目標のつくり方。

 

3:チェックリストをつくり、改善し続ける

複数の工程があるタスクは、チェックリストが必須です。

リストを見ながらタスクに取り組んでいけば、抜け漏れがなくなるようなチェックリストを作成するのです。

最初こそ面倒で時間はかかりますが、一度つくってしまえば最初にかけた労力はあっという間にリターンがとれることは確実です。

チェックリストが増えた分だけ仕事のスピードがあがるとさえ考えています。

チェックリストマニアになるくらいを目指していいと思います。

チェックリストは一度つくったら終わりというものではなく、常にブラッシュアップしていきましょう。

「良習慣の種」を育てるチェックリスト。実行できたタスクをビジュアル化して自己信頼感を高めよう。

 

4:定時退社後のごほうびを用意する

定時退社できた日は、ごほうびでひとりで30分だけやきとん屋に行くことにしていました。

はじめた当初は娘が小さく、妻からいい顔はされませんでしたが、自分の聖域としてあえて行くときもありました。

1週間に1度、自分の時間を持てることというのは非常にぜいたくなことでしたが、そのおかげで時間に対する感覚や、自分が満たしたい欲求がなんなのか理解できたものです。

思い切って定時退社して、ごほうびにやきとんとホッピーを飲みながら、未来の自分の夢を思いっきり描く。

これがとてもエネルギーになったのですね。

それが今の「ひとり戦略会議」につながっています。

「ひとり戦略会議」で夢や目標をリマインドする仕組みを習慣化しよう。

 

5:1時間前にリマインダーをセットする

定時退社を決めたら、Googleカレンダーにリマインダーをセットするようにしました。

私の会社は定時が遅く、18時30分終了なので、17時30分にリマインダーがメールで飛んでくるように設定したのです。

それまでは終業時間にリマインダーをセットしておいて、「退社の時間だ。帰らないと」という注意喚起を自分に呼び起こしていたのですね。

・定時になって「あっ、もう帰る時間だ!」と思う人

・退社1時間前のリマインダーで「あっ、あと1時間で退社時間だ!」と思う人。

どちらが最後の1時間の時間密度が高いかは、わかりますよね。

まさに「ラストスパート」が効くのです。

リマインドする工夫はいろいろあるので、自分にあった方法を試してみましょう。

「1日に4回のタスク」をどう扱うか?小さなタスクをリマインドする工夫。

 

悩む時間を減らすことが仕事の効率化に大事

残業が常態化している会社の状況では、自分だけ早く帰るのは心理的なハードルがあると思います。

少なくとも、私はありました。

そして今でも、完全にゼロにはなっていません。

・自分だけ先に帰ると、サボっていると思われるんじゃないか?

・自分が早く帰っているのに、あの人に仕事を頼んでしまって申しわけないな・・・

・自分も完璧に仕事が終わっているわけではないのに、文句を言われるかもしれない

そのような考えが襲ってくるかもしれません。

それを振り切るためにも、まずは行動から変えていくのです。

行動から変えていけば、マインドも変化します。

そのようなときにもどかしいのは、「悩んでいる時間」。

悩む時間を減らし、少し言葉は悪かもしれませんが、ある種ロボットのように淡々と仕事を片づけていくことが、仕事のスピードアップのポイントだと考えています。

「悩んでいる時間」を減らすために、今回の5つのポイントを実行にうつしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝4時30分からコーチングセッション。

クライアントさんに「やりきる」という状態をイメージしていただけました。

今までおぼろげだったものを、明確に感じることができたのは大きいですね。

夜は、コーチングセッションを2件。

ひとり戦略会議の話題やミッション・ステートメントのつくり方など、楽しい時間でした。

朝と夜をコーチングでサンドイッチしました。(笑)

1日に3件セッションができると充実感ありますね。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間

執筆者:

関連記事

自己成長に必要なのは「貯めておく時間」。将来の飛躍のために時間を積み重ねる。

自己投資や複業をスタートしても、すぐには成果が出ないものなのですよね。 そのようなときこそ、「貯めておく時間」だととらえてみましょう。   スポンサーリンク   目次1 挫折したブ …

「週末を自分のために有意義にすごしたい!」と思ったら、まず意識するポイントとは?

先日、ひとり戦略会議でふり返りをしているときに気づいたことがあります。 それは、1年前に比べて、「充実感を持って週末時間をすごせるようになったなぁ」という感情があることです。 「それはなぜなのだろうか …

会社員が人生を変えるために必要なのは、通勤時間を「輝かせる」ことだと思う。

会社員の方なら、たいていの人に「通勤時間」があると思います。 その通勤時間、面倒な時間だと思うか、自分を高めるために「輝かせる」ための時間にだと思うか。 あなたはどちらでしょうか?   スポ …

中途半端をよしとする。最善を尽くした足がかりを自己成長のファーストステップにしよう。

今年の8月1日からスタートしたメルマガの今年最後の配信を無事に終えることができました。 メルマガ発行は私にとって長年の目標だったのでうれしいものであり、100号を突破したことも感慨深いです。 さて、そ …

理想の1日を実現する方法。正解に近づくための「間違いを知ることこそ大事」。

試験では、間違いは即減点ですよね。 でも、「理想の1日を実現する」というフィールドにおいては、間違いが正解への道しるべになることも多いです。   スポンサーリンク   目次1 間違 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031