【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

「1日2食」生活は可能か?「1日2食」 をはじめた理由と1ヶ月の実践結果。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「1日2食」の生活にトライしています。

1ヶ月実践してみたので、経過と結果を記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットをイベントにしてはいけない

3月24日からダイエットの習慣をスタートしています。

レポーティングダイエットをスタートして2週間。ダイエットの習慣、再び・・・。

いまのところ、クライアントさんと2人でのレポーティングは途切れておらず、継続しています。
(レポーティングダイエットの効用も、あらためて記事にする予定です)

今回、同時にチャレンジしているダイエットの習慣があります。

それは、

・「1日2食」の食事習慣

です。

なぜやろうと思ったのか。

もちろん、理由があります。

それは、これまでのダイエットの方法は、

・いま取りくんでいるダイエットは、ダイエットの習慣が終わっても継続できるか?

という質問に対して、

・「はい」と答えられないものだったから

です。

要は、ダイエットを「お祭り」や「イベント」にしていたということです。

ですから、何度もダイエットをしなくてはいけなくなっていたのです。

今回は、その問題をクリアしたいと思っていたので、「1日2食」にトライしてみることにしました。

 

「1日3食」という常識を疑う

これまでにも7.5kgや8kgのダイエットの習慣に成功はしてきました。

前回は2017年(・・・って、まだ去年ですね・汗)に8kgのダイエット。

3ヶ月で8㎏のダイエットに成功。ダイエット習慣化の5つのポイントをふり返ります。

その前は2015年に7.5kgのダイエット。

3ヶ月で7.5キロのダイエットに成功!地道にコツコツと積み重ねた基礎力こそ、崩れにくい土台となる。(ダイエットの習慣)

崩れにくい土台って言いながら、2年で崩れてますね。(^_^;)

それでも、3ヶ月の身体習慣として、それなりの成果を出すことはできたのです。

ただ、そこで気を抜いてしまうのが私の悪いクセ。

日常生活に戻ると、ゆっくりとリバウンドしていくのですよね。

それに、

・仕事をがんばって、おいしいものをたまに食べられるようになる

・ただ、おいしいものを食べたり、食べられるようになると過剰に食べるようになって太る

・またダイエットをする

という良くないサイクルになっていることにも気づいていました。

こうなると、「なんのためにダイエットをやってるんだろう・・・」という気分になるのですよね。。。

実際のところ、年齢は40歳を過ぎているのに、子どもの頃と同じように3食を食べ続けていること自体、何となく違和感がありました。

カラダは変化しているはずなのに、「1日3食」という慣習だけが残っているからです。

そこで、もっと継続性のあるダイエット方法を探していました。

その仮説として、「1日2食」を考えていたのです。

 

どの食事を抜くのか?

昨今、メタボが注意喚起されたり、食事の廃棄が問題になっていますよね。

ファスティングも大流行です。

私もちょっと思うところがあり、これまでに何度か「1日2食」をやってみたことがあります。

ただ、やはり「1日2食」というのはお腹が減ります。(笑)

それで、毎日だと大変なので偶数の日だけ「1日2食」にしたり、1週間限定で「1日2食」にトライしたりしてみたこともあります。

しかし、中途半端な覚悟では、「1日2食」を続けることはできませんでした。(^_^;)

また、前回ダイエットしたときは、朝食を抜くという「1日2食」を試しました。

朝食を食べたときは、夕食の白米を豆腐に変えることでカロリー摂取を抑えていました。

ただ、これは自分のダイエットのために、妻の家事に負担をかけること。

夕食などは豆腐を買っておいてもらったのに私が飲み会に行ってしまうこともあったりして、最終的に、なし崩し的に白米に戻ってきていました。

これも、せっかく妻が考えて準備してくれた朝食や夕食を食べないということに違和感があったのです。

ですから、今回は、

・妻のルーティンは変えない

・自分でコントロールできる

という視点であらためて「1日2食」を考えてみました。

そこで、ひとり戦略会議で出てきたアイデアが、

・平日のランチを抜く

ということでした。

ちょうどレポーティングダイエット実践中ですので、いい強制力にもなると思ったわけです。

 

1ヶ月間「1日2食」を試した結果は?

ランチを抜く「1日2食」のダイエット習慣。

今のところ、1ヶ月のうち27日は成功していています。

1ヶ月体験してみた現状、体重と体脂肪率はどうなっているかというと、

・体重:マイナス3.4kg

・体脂肪率:マイナス3.9%

という結果。

3ヶ月で5kg減を目指していた目標に対しては、かなり順調といえます。

もちろん、今は同時にランニングを月間100km取りくんでいる相乗効果はあるでしょう。

すきま時間にもランニングしていますので。(笑)

セミナーのお昼休憩にランニング体験。走りたいのに時間不足で走れないランナーにおすすめ。

それを多少考慮するとても、1ヶ月で3kg以上やせられるわけですね。

急ぎでやせたい人は、「1日2食」、トライしてみるとおもしろいと思います。

「1日2食」の体調や、メリット・デメリットについては、また記事をあらためたいと考えています。

ちなみに、同時にいくつもの習慣化にトライする場合は、過去に成功している習慣と組み合わせましょう。

習慣は「1度に1つ」しかダメなのか?過去に習得した習慣なら同時進行も可能。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、終日「習慣化の学校」1Dayコンサルティングでした。

午後の「自分を知る」素材を元に、天職をさぐる時間があったのですが、習慣化コンサルタント古川武士さんのコンサルティングの切れ味に感動。

私自身の気づきもあり、今後の私の活動に大きな示唆がありました。

まあ、気づいたとしても、実現は大変そうなのですが・・・(^_^;)

【今月のランニング走行距離】
47.26km/目標100km

【募集中】
・4月24日 19:30〜21:30
これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー
〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

・5月2日 19:30〜21:45
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

・5月10日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・5月17日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

ダイエット中に訪れた食べ飲み放題の食事会。それでも体重増加がなかった理由。

ダイエット中の飲み会や食事会は、対応に困りますよね。(^_^;) 昨日の私は、まさにその状況に陥ったのですが、今朝体重を測ってみたら、体重の増減がありませんでした! そこで、昨日の飲み会で心がけたこと …

レポーティングダイエットで5kg減量に成功!ダイエット成功に必要な思考法とは?

ダイエットの習慣化は、行動管理も重要ですが、やはり思考習慣も重要ですね。 どのような思考でダイエットをすれば成功するのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 レポーテ …

「ストレッチ→筋トレ」の流れがおすすめ。ダイエットにも効果的な体と体話する習慣。

最近、体調が非常に良くなっていることを実感しています。 ダイエットの習慣化のプロセスで取り入れた「ストレッチ」と「筋トレ」の効果だと感じています。   スポンサーリンク   目次1 …

良習慣が「選択の変化」をつくり出し、理想の自分へ舵をきる土台になる。

「今の自分における良習慣は何か?」と考えながら、取り組む習慣を考えることがおすすめです。 その良習慣は、自分の意識を高めるものであり、寝る前に「今日1日の行動は、未来のありたい姿に近づくものだっただろ …

習慣化に必須のマイルールの設定。そこに取り組みやすさと例外ルールも追加する。

どんな習慣でも、長く継続していくとマイルールができてくるものです。 それと同時に、続けるためにハードルを下げながら、例外ルールを活用していくことが続ける秘けつです。   スポンサーリンク & …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031