【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションの習慣 思考の習慣 行動の習慣

あなたはゴールへの挑戦を1回であきらめていないか?

投稿日:

Pocket

「1度で成功しなければならない」という思い込みを持っている人が多いように感じています。

ゴールに向かって何度もとり組むことで、やぶれる壁があります。




 

人は何回で挑戦をあきらめてしまうのか?

名著「思考は現実化する」のナポレオン・ヒル氏。

彼がおこなった調査の中で、とても興味深いものがあります。

それは、

「人は何かに挑戦したとき、何回目くらいの挫折であきらめてしまうのか?」

というものです。

調査の対象は3万人の男女。

さて、あなたは、平均何回だったと思いますか?

また、あなたご自身の過去の挑戦は何回だったでしょうか?

3回とか、5回とか?

正解は、

「0.8回」

です。

・・・0.8回?

そう、なんと「1回以下」なのですね。

正直なところ私は最初、意味がよくわかりませんでした。

ただ、よく考えてわかりました。

つまり、たいていの人は

「挑戦する前にあきらめてしまう」

ということなのです。

何か目標を立てて取りくもうとする。

それなのに言い訳をしたり、タイミングを待ってしまったりする。

そのうちに1回もチャレンジしないまま、終わってしまうということなのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





1回でクリアできない目標には何度も挑む

私自身、この調査結果を知ったとき、いろいろと思いあたることがありました。

私自身が挑戦できた目標もあれば、挫折した目標もあれば、いま目指している目標もあります。

それに怖くて挑戦できない目標がいくつもあります。

その中で思い出されたのが、過去の100キロウルトラマンへの挑戦です。

当時、フルマラソンを何度か完走した頃。

次の目標を探していました。

そこで目をつけたのは100キロのウルトラマラソン。

ただ、100キロマラソンとなると関東から日帰りの大会はありませんでした。

そのようなときに、タイミングよく関東から日帰りできる100キロマラソンレースが誕生したのです。

それが「柴又100K」。

とある勉強会で盛り上がったのをきっかけに、意を決して申し込みました。

でも、当然のことながら私の走力では撃沈、、、

人生で初めてレースをリタイアしました。

挑戦は1度できましたが、失敗したわけです。

ですから、2度目の挑戦はためらいました。

そのようなときは、いろいろな言い訳が頭の中にやってきます。

「フルマラソンさえ大変なのに100キロなんて」

「やはりサブ4(フルマラソンを4時間以下で完走する)をクリアしないと無理だろう」

「アマチュアで鈍足な私がウルトラマラソンなんてやっぱり無理だよね」

その後、エントリーしたのにリタイアしたり、60キロマラソンに挑んだり。

ただ、やはり100キロマラソンへのあこがれは消えませんでした。

結局はあれこれ理由を考えて自分の行動をとめてしまうより、とにかく実行するほうが成果を出せる。

そう考えました。

それに、ダメだったらまたレースに出ればいいだけなのです。

そう思い立ったとき、気負いが消えたのです。

結果、3度目の挑戦で100キロを完走することができました。

このようにゴールが大きければ大きいほど、一度でクリアするという発想は手放してしまったほうがいいでしょう。

おそらく、先述の調査結果であきらめてしまった人たちは「1回でクリアしよう」と思っていのではないかと思うのです。

 


■スポンサーリンク




大きなゴールは1度でクリアしようとせずに何度もとり組む

このような思い込み、あなたにもあるのではないでしょうか。

「失敗したら恥ずかしい」

「1回でスマートに成功したい」

「前例がないからだめなのではないか」

そのように考えて、自分の前向きな行動をとめてしまっているときがあります。

もちろん、今よりも高いゴールを目指すためにはブレーキがかかるでしょう。

それでも、何度も突進しているうちに風向きが変わることもあります。

それに、私たちは時代や環境に合わせて変わっていかなければサバイバルできません。

1回や2回であきらめず、何度もゴールに向かっていく。

そのうちに、タイミングや条件があってクリアできるかもしれないのです。

ですから、1度でゴールしようと思わず、複数トライしていくスタンスを持ちましょう。

そのようにして、常にゴールに意識を向けるスタンスは持っておきたいものです。

さて、今回は100キロマラソンを例に出しました。

ただ、こういった思い込みが行動するハードルをあげていることは多いものです。

どれほど筋が悪くても、ゴールに向かって進んでいるときは実はそれなりに適切なステップを踏んでいたりします。

それなのに1度や2度失敗してしまったくらいで「自分には無理なんだ」という思い込んでしまう。

そうしてまた新しい手法を探してしまうわけです。

これはたとえば英単語が覚えられないときに単語帳のせいにして「もっといい単語帳はないかな」と手当たりしだいに違う単語帳を買って、結局身につかないようなもの。

単語帳はある程度の定評があるものを選べば、その1冊を徹底的に選べばきちんと語彙力はつきます。

このようなときは自分の先をいっている人のやり方を研究したり、コーチやコンサルタントなどから客観的なアドバイスをもらいましょう。

そのような対話や気づきのきっかけにして、あなたがとらわれている思い込みから解き放たれることが重要です。

ですから、1度だけではなく何度もトライしてみる視点を持ってみましょう。

それがゴールに近づく1歩になるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、終日「習慣化の学校」セミナーにサポート参加。

3月以来のリアルでの再会でした。

オンラインは移動がなくて便利な面もありますが、やはりリアルにはリアルの良さがあることを実感です。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-モチベーションの習慣, 思考の習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

がんばるタイムは1日の短期視点だけじゃなく、人生の長期視点にも設定しよう。

1日の中には集中して「がんばる時間」を持っている人は多いかもしれません。 同じように、人生にもがんばる時期というものがあるのではないでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 …

相手を変えようと思ってはいけない。変えるのは自分の思考と行動。

私の座右の銘は「他人と過去は変えられない。でも、自分と未来は変えられる」です。 この言葉を持つようになって、人間関係のストレスは激減しました。   目次1 もしかして、相手を変えようと思って …

目標達成の確率を高めるのには「結果のゴール」だけでなく「行動のゴール」まで設定する

目標達成にはゴール設定が欠かせないものです。 そのゴールには、「2つのゴール」があることに注意していくと成功確率が高まります。   目次1 「セルフ(自己)」の重要性の高まり2 結果のゴール …

「忙しい」という言葉を言わないようにするための対処法

「忙しい」という言葉を使ってしまうときは、思考や感情が追い込まれているときです。 そこから抜け出すためには、「感謝」という感情を高めてみましょう。   目次1 「忙しい」ことは美徳ではない2 …

人間関係に悩んでいるときの視点の変え方。現状をつくり出しているのは自分の思考だと気づこう。

人間関係に悩んだとき、あなたはどのように考えていますか? そして、その人間関係トラブルの原因は、自分で選択しているものだとしたら、どのように感じますか?   スポンサーリンク   …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。