【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

行動の有効性は「ありたい姿」を明確にすることから。自分の「ありたい姿」を文字や写真にしていますか?

投稿日:2018/07/30 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

せっかくアクションを起こすなら、その行動に有効性を持たせたいもの。

行動の有効性を高めるためには、「ありたい姿」が大事だと考えています。

 

スポンサーリンク

 

行動は大事だけれど、その前に「ありたい姿」

行動することが何よりも重要。

これは、誰もが知っていることですよね。

特に、私のようなプロコーチであれば、「行動こそが善」とさえ思っています。

ただ、注意したいのは、そのような話をすると、

・日記を書く

・読書をする

・運動をする

といったアクションリストになりがちだということです。

先述のとおり、行動すること自体はとてもすばらしいことなのですが、その前にもっと大事なことがあります。

それは、行動の前に、

・「どのような自分でありたいか?」

ということが明らかになっているとき、はじめてそのアクションに意味が出るということです。

「どのような自分でありたいか?」ということを考えることは、

・自分が大事にしたい価値観

・自分が大切にしたい人

・自分が守りたいマイルールや軸

ということも考えることと同じだからです。

これらが定まっていなければ、行動の有効性が低くなってしまうでしょう。

 

「ありたい姿」が弱まると大切な信念を見失う

「戦略の失敗は戦術ではカバーできない」という言葉がありますが、それと同様に、ルールや方針が不明確だと、行動のインパクトも弱まります。

たとえば、スポーツはルールがあるからこそ、そのトレーニングが有効かどうかがわかるわけですよね。

実は最近の私も、大切なことがぶれた状態のまま活動していることに気づきました。(^_^;)

私が大切にしている信念の1つに、

人生でもっとも大切なことは、
もっとも大切なものを、
もっとも大切にすること

という言葉があります。

それでも、毎日のようにリマインドをして、常にそれを意識していないと、信念がぶれていってしまうのですね。

たとえば、今年の初頭からコーチングの依頼をたくさんいただけるようになったとき、いただいた依頼をすべて引き受けていました。

昨年まではクライアントさん1名のときもあったので(汗)、とてもうれしかったわけです。

コーチングが好きですし、コーチングを提供することができれば、よりたくさんの方々の行動を促進できると思ったのです。

おかげさまで、今年に入って、1ヶ月に33時間をコーチングセッションに投資することができた月もありました。

しかし、そこで、ちょっとした違和感を覚えることとなりました。

平日の早朝や会社終わり、さらに土日の午前中までセッションでうまってくると、

人生でもっとも大切なことは、
もっとも大切なものを、
もっとも大切にすること

ということがおろそかになっていったのです。

実際に、

・3年以上も継続してくれているクライアントさんとのセッション日時のリスケ日程が確保できない

・新しく契約してくれたクライアントさんが対面でセッションしたいと言ってくださったのに、前のセッションが終わっておらず待たせてしまう

・休みの午前中に3セッション入っていて、娘に「まだ終わらないの・・・?」と言われてしまう

ということがありました。

これでは、

人生でもっとも大切なことは、
もっとも大切なものを、
もっとも大切にすること

になっていないのではないかと、疑問がわいてきたわけです。

もっと「ありたい姿」を明確にして、ぶれない自分のあり方やマイルールをつくっておけなければならない。

そのように感じてきました。

 

ミッションやビジョンを目にして「ありたい姿」を刷り込む

さらに、私が大切にしたい家族との愛やつながり。

もっと目の前の家族との時間を大事にしなければ、サービス提供者として大事な「自分を満たす」ことが失われてしまうと思ったのです。

ひとりなら、自分だけ耐えればいいのですが、妻と子どもたちがいれば話は違います。

そこで、活動時間やルールを少しずつ変えようと考えているところです。

そこでまずは、

・自分を満たすこと

そこを最優先にしようと思っています。

コーチ自身が幸福を感じて満たされていなければ、好きな仕事を継続することができません。

疲弊しきったコーチに、セッションを依頼したくないですよね。(笑)

ほかの人のために自分ががまんをするのではなく、自分が楽しみ、相手にも楽しんでいただくのがいいと思うのです。

そうなると、今は時間に追われないスケジュールをどう組み立てていくかが、これからの課題です。

では、そのようにしてスケジュールを考えていくときに、「どんな行動やタスクをいれていくのか?」となるわけですが、その際の指針が、「どのような自分でありたいか?」を明確にすることにつながっていくのですね。

また、「どのような自分でありたいか?」というのは、せっかく決めたとしても、予定がつまった毎日の中では簡単に忘れてしまうもの。

そのようなときこそ、ミションを文字で読み、ビジョンマップを写真で見るわけです。

Evernoteのリマインドを活用。自分の願望に毎日目を通す習慣を身につけよう!

夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジョンマップのつくり方。

このようなリストや写真に毎日のように目を通し、行動がそこにマッチしているかどうか、常に確認するように意識してみましょう。

そのためにも、「どのような自分でありたいか?」を発見することからスタートしてみることです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

お昼は、妻の両親のお祝いで天ぷらランチを食べにいきました。

両親たちを見送り、私たちはそのままの流れで隅田川花火大会へ。

妻が見つけた穴場スポットで、はじめから終わりまで、ゆっくり花火を鑑賞できました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」の違いを意識することで会話の広がりに差が出る

目次1 ■2つの質問の違いとは?2 ■クローズドクエスチョンとは?3 ■強制的なクローズドクエスチョンもある(笑)4 ■オープンクエスチョンとは?4.1 質問はオープンクエスチョンにすること4.2 「 …

「朝型人間」と「夜型人間」、どちらの人生が幸福度が高いのか比べてみました!(後編)

目次1 引き続き「朝型人間VS夜型人間」人生の損得比べ2 夜型の人は「今がベスト」と思えていない3 早起きのために重要な2つの力3.1 欲望のコントロール3.2 段取り力4 幸福度の比較は?4.0.1 …

あなたは目標設定にルールを持っていますか?「SMARTルール」で目標をつくる方法。

あなたは目標設定をおこなうときに、どのようなルールで設定しているでしょうか? もし、「目標設定にルールなんてつくってないよ!」という方があれば、ぜひ「SMARTルール」を適用していただくことをおすすめ …

上手くいかないときは、視点を変えてみるのはいかがでしょうか?

目次1 コーチングスクールに参加2 セッションが迷走したときの対処法3 視点を仮定に変える4 目標とする人物の視点に立つ4.0.1 【今日の良習慣】 詰まっていることに遭遇したとき、「憧れの人だったら …

朝の仕事をスタートダッシュするために。前日から意図的なフライングを仕込んでおこう。

短距離走ではスタートダッシュが大事ですよね。 1日の仕事もスタートが重要なのは同じですが、仕事は前日からちょっとしたフライングをすることができます。   スポンサーリンク   目次 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31