【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

自分にとってより良い選択をするために、「感情」をデザインする方法。

投稿日:2019/01/16 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「あのときの選択が、自分の人生を変えた」という話を聞くことがあります。

その一方で、毎日のように無数の小さな選択もしています。

私たちの人生は「何を選ぶか?」ということによって成り立っているとも言えるのです。

その選択は、「感情」によって選ばれています。

 

スポンサーリンク

 

私たちの「行動」影響を与える「感情」

私たちは、常に「行動」を起こしています。

「行動力がない」「継続力がない」という人であっても、何らかの行動をしていますし、何らかの行動を続けているものです。

そのような行動のトリガーになっているのは、あなたの「選択」です。

私たちは、常に何かしら選択をしているのです。

・ブログを書こうか、スマホをいじるか
・ランニングしようか、二度寝するか
・ビジネス書を読もうか、ネットサーフィンをするか

そうして、どちらかを選択していますよね。

さて、その「選択」に大きな影響をあたえているものは何でしょうか。

それは、一見「何を選択すればいいか」という「思考」のように思えます。

しかし、実際は「どのような気持を感じたいか」という「感情」なのです。

この選択は、私たちが無意識のうちに、1日で6万回も選択しているといいう説があるのですね。

そう考えれば、感情をおざなりにするのは得策ではないでしょう。

 

人間は「感情」の生き物

最近、つくづく思うのは、人間は感情の生き物だということです。

「思考」で生きられるのは、限られた人だけでしょう。

私たちは、自分が思っているよりもかなりの部分で、感情に振り回されて生活しているものです。

たとえば、「早起きをして、自分の自由な時間をつくろう」と思考で考えます。

しかし、いざ目覚まし時計が鳴って目が覚めても「もう少し寝ていたい」という「感情」のほうが強いのです。

同じように「体のためにランニングしよう」と思考で考えても、「外は寒いし・・・」という感情のほうが強いわけです。

まず、ここを理解しましょう。

実際、物事を続けられる人を、「継続力がある」と表現しますよね。

しかし、実際のところは、「継続力がある」のではなくて、「行動を続けられる感情にととのえられる」ということなのです。

先のばしをしないで淡々とタスクに取り組める人は、先のばしをしてしまったときの自分の感情を味わいたくないからこそ、前倒しで行動する傾向がある、ということです。

 

言葉によって自分の感情をととのえよう

このように、感情が私たちの行動に大きな影響を与えています。

そう考えると、思考の力では行動が促されないと思うかもしれません。

しかし、あきらめなくても大丈夫です。

感情が、自分にとって良い感情になるように、自分で感情をととのえていけばいいのです。

そのために重要なのが、「言葉」です。

言葉の使い方で、感情は変わります。

ですから、自分はいま、どのような言葉を使っているのか、意識することが大事です。

言葉は、話したり、書いたりしている言葉はもちろん、自分の内面、つまり頭の中や心の中でセルフトークに使っている言葉も重要なのですね。

PCの前でブログのネタが思い浮かばないときは、「ブログの更新が大変だな・・・」と感じます。

そのようなときは、ブログが大きな石のように見えて、なかなか動き出せないのです。

しかし、「でも、ブログの更新を待っている人がいてくれるし、このブログ書き終えれば、また自己ベストを更新できる!」という言葉でとらえ直すのです。

そうすると、先ほど重い石のイメージに見えていたブログが、ころころと転がり出すのです。

そうすると、筆が動くように、手が動いてタイピングができます。

ですから、思考で「やらなければいけない」と思うときは、やる気を起こそうとしたり、無理やり自分を動かそうとするのではなく、言葉で自分の「感情」を動かすのです。

動きたくないときこそ言葉を活用して、「感情」に変化を起こしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで書く仕事。

1つ原稿が進んだので、その後でひとり戦略会議。

「習慣化の学校」がはじまるのでGoogleカレンダーの年間スケジュールをにらみつつ、リマインド設定などを整えていました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

習慣化が上手な人に共通するのは、6つのポイントの使いこなし+フィードバックの活用。

たくさんの事例を見ていると、そこからパターンが抽出されてきます。 習慣化のオンラインコミュニティーをサポートさせていただいていると、成果を出せる人のパターンも見えてくるものです。   スポン …

自分がやめてしまうパターンを言語化すれば「続けられない人」から抜け出せる!

続けられる人は、続けるためのパターンを知っているから続けれられるようになります。 その一方で、何度も挫折したり、やめてしまう人は「やめてしまうパターン」を把握していない傾向があります。 続けられるよう …

夫婦で禁煙に成功!「やめたい習慣」を一気にやめる3つのポイント

あなたには、何か「やめたい習慣」がありますか? やめる習慣には、 ・思いきって一気にやめるパターン と、 ・計画的に徐々にやめていくパターン の2つがあります。 今回は、私の体験から「思いきって一気に …

「本当はできないかも・・・」に対抗するには、心の中の船の舵をゴールに向け続けること。

目標を達成するためには、まずはゴールに向けて焦点をあて続けることです。 それは船の舵を握るようなもので、蛇行しながらも進めていくことが必要だと思うのです。   スポンサーリンク   …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728