【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

時間不足でやりたいことができない悩み。解決策は「WANT」タスクの時間の枠を広げること。

投稿日:2019/02/07

Pocket

いきなり「1日2時間のタスクをスケジュールに入れてください」と言われたら、あなたはどうしますか?

解決策は、時間の枠を広げて考えてみることだと思っています。

 

スポンサーリンク


 

「時間がなくてやりたいことができない」という罠

「やりたいと思っていることがあるけれど、時間がなくてできないんです・・・」

これは、私のコーチングセッションに持ち込まれるテーマで、ベスト3に入るテーマです。

私が、クライアントさんに「なぜ、時間が足りなくなるんですか?」と質問をすると、たいてい「大事だとは思っているんですが、なぜかモチベーションがあがらなくて・・・」と返ってきます。

そこで、クライアントさんの話を丁寧に聴いていきます。

すると、たいていの場合、クライアントさんの1日24時間は、なぜか、やりたいはずの「WANT」のタスクよりも、やらなければならない「MUST」のタスクが優先順位が高くなっているのです。

つまり、本来は優先順位が低いはずの「MUST」のタスクで、24時間がうまってしまっているのですね。

これをくり返してしまうと、12月になったときに「結局、今年も何も変わらなかった・・・」ということになってしまいます。

 

やりたいはずのタスクが進まないあせり

なぜ、このようなテーマの記事を書いているかというと、最近の私がこの罠にはまっていたからです。(^_^;)

今、個人的なプロジェクトを抱えています。

それはとても重要なタスク・・・のはずなのですが、毎日のルーティンタスクの段取りとのバランスに試行錯誤しており、まさにプロセスにいるのです。

それでも、「習慣化の学校」はスタートしますし、3月にはフルマラソンが迫ってきています。

結局、新しいタスクやイベントはどんどんやってくるわけです。

私の例でいえば、コーチングのクライアントさんから、新しいコンテンツでのセミナーの開催要望をいただいています。

自分でもやってみたいコンテンツで、昨年一度開催予定までたてましたが、延期してしまいました。。。

しかも、そのやりたいはずのWANTのタスクに着手しようと思っているのですが、つい先のばしにしてしまうのです。

頭では「やりたい」「やろう」と思っているのに、進みません。

大事なタスクのはずなのですが、1日のタスクがセミナーコンテンツ開発よりも優先されてしまい、24時間がうまってしまうわけです。

 

やりたいはずの「WANT」のタスクができない理由

これは、あなたのケースなら、運動がそれにあたるかもしれませんし、読書なのかもしれませんし、語学学習なのかもしれません。

本来は優先されるはずのタスクが、「一見、優先順位が高そうに見えるタスク」に埋もれてしまっているわけですね。

これは、私も含めてなのですが、多くの人がやらなければならない「MUST」のタスクのことを考えすぎている、ということでしょう。

しかし、やらなければならない「MUST」のタスクだけやっていても、夢の実現にはむすびつかないのではないでしょうか。

やはり、私たちは、やりたい「WANT」のタスクに取り組む時間が少なすぎるのです。

少ないから、先のばしにしてしまうのかもしれません。

そうして、ふと気づくと、取り組みやすいルーティンタスクに着手してしまい、「表面的にはやっている状態」をつくってしまう。

ですが、やりたい「WANT」のタスクに時間を投資していないので、もやもやがたまるのですよね、、、

私たちは、もっとやりたい「WANT」のタスクに時間を投資したほうがいいはずです。

 

やりたいことができないときは時間の枠を広げる

「やりたいことがある」という状態は、すばらしいことだと思います。

しかし、いくらやりたいことがあっても、それに取り組む時間がなければ、当然やりとげることはできません。

ただ、それは1日24時間の中で考えている場合が多いものです。

そのようなときは、1日24時間の中だけでやりきろうと思わずに、枠を広げて、1週間の中でやりたいことに取り組む時間をつくりましょう。

時間の枠を広げるのです。

いくら「習慣化が大事」だからといって、必ずしも毎日やることが習慣ではないはずです。

1週間に1回だけ取り組む習慣があっていいし、1ヶ月に1回だけおこなう習慣があってもいいと思うのです。

ですから、24時間の中で取り組めないときは、1週間のどこかで取り組めないか、カレンダーを眺めて考えてみましょう。

「時間が足りない」と思うなら、時間の枠を広げる。

そうすることで、1日の予定がつまっている人でも、時間を見つけることができるはずです。

もしも、「1週間が毎日、目まぐるしくまわっていて時間がない」という人は、時間の使い方が何か間違っているのかもしれません。

その場合は、やりたいことをもっと細かく分解してみることがおすすめです。

たとえば、1日の中で2時間の動画セミナーを捻出するのは難しいかもしれませんが、1日20分ずつ6日に分割してみることならできますよね。

やらなければならない「MUST」のタスクがあっても、工夫次第でやりたい「WANT」のタスクに取り組む時間は見つかるものです。

それを忘れないようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッション。

ワークスタイルの選択肢を広げたあと、労力をかける部分をしぼりこむことを決断されました。

とにかくたくさんのタスクがあったので、将来につながらない活動を手放していただきました。

さっそくセッション後に行動にうつしていただき、その速攻ぶりに私も胸が熱くなりました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

お金で「気分を買う」トレーニング。価値ある時間のためにリソースを投入する。

「自分が得たい感情のためにお金を使う」という考え方があり、以前はよくわかりませんでした。(^_^;) しかし、感情や成果など、見えないものにお金を投資するトレーニングを続けています。   ス …

カフェで集中して仕事をするために。おすすめの3つのアイテムと動画・BGM。

カフェで仕事をすることは一般的になりましたよね。 ただ、意外と集できていない人を見ることもありますし、中には参考書を開いたまま寝ている人も・・・。 そうならないためにも、集中できる環境を整えましょう。 …

会社の仕事時間を短縮するために。3週間で仕事時間を最適化する方法。

会社の仕事時間を短縮するためにはどうするか。 私がおすすめしているのは、3週間で勤務時間の最適化をはかるアプローチです。   スポンサーリンク   目次1 「会社の仕事時間が長すぎ …

時間の使い方がうまい人から学ぶ。自分時間にバリエーションとバランスを取り入れる。

時間とお金、大事なのは「バリエーション」と「バランス」だと考えるようになってきました。   スポンサーリンク   目次1 時間の使い方とお金の使い方の共通点2 時間活用がうまい人の …

自分は誰かの役に立っているのか疑問を感じたら。「二人称の時間」や「三人称の時間」があるのかチェックしてみよう。

私たちは「役に立っている」と思えていることがとても大事です。 そのためにも、「一人称の時間」だけでなく、「二人称の時間」を意識しています。   スポンサーリンク   目次1 「自分 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら