【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「マラソンレースで歩かない」という思考習慣。人生や複業を「あきらめない」ことにつながる。

投稿日:2019/03/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

趣味を楽しみつつも、思考習慣をトレーニングする。

趣味に向き合う中で身につけた思考習慣は、人生やビジネスにも影響を与えてくれるものです。

 

スポンサーリンク

 

マラソン大会で目にするランナーを見て感じたこと

フルマラソンを走っていると、必ず見かけるものがあります。

それは、「だらだらっと歩いているランナー」です。

特に30kmをすぎたあたりから、どんどん増えていくのですね。

もちろん、足が痛みがあることもあると思いますし、ひざを故障してしまっているのかもしれません。

私も、今回のフルマラソンでは、15kmすぎの時点で、左足のふくらはぎがつりそうな状態で走っていましたから、よくわかります。

しかし、歩いているランナーにも2種類いるように見えるのです。

それは、

・完走をあきらめずに、歩くことを主体的に選択しているランナー

・「どうせ完走は無理だ。もういいや」という無気力を感じるランナー

という2種類です。

後者のランナーを見ていると、質問したくなる気持がありました。

・あなたは、人生にもそのような態度でのぞんでいるのでしょうか?

・そのスタンスで、仕事をされているのでしょうか?

・習慣化に挑戦しているときも「もういいや」とやめてしまうのでしょうか?

という風に。

 

人生初のマラソンリタイアで得た大切な思考習慣

私も、歩いた大会が1度だけあります。

最初にエントリーした柴又100kmウルトラマラソンです。

人生で初のリタイアでした。(^_^;)

柴又100Kウルトラマラソン惨敗(前編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

リタイアが決まったレース中、往路を歩いている私の前から、復路からチームメイトのザック羅王が走ってきたのですね。

これはもう、とても恥ずかしい思いをしたのです。

私の時間では、すでに制限時間はすぎており、どうがんばっても関門でタイムアウトする時間でした。

そう考えると、「歩いていも仕方ないんじゃない。別にもう終わってるレースだし」と思ってもいいかもしれません。

事実、私はいくらかそのように考えていたのだと思います。

しかし、完走を目指して一生懸命走っているチームメイトと目があったとき、その考えが間違っていたことに気づいたのですね。

ザックも羅王も、元気にあいさつをしてくれました。

さげすんだ目をすることもなかったです(笑)。

しかし、私は恥ずかしかった。

せめて、制限時間アウトであっても、どれほど鈍足でも、すごいどろ臭くても、走っている姿でチームメイトに会いたかったのです。

これは、私が感じてしまった感情ですから、正解も不正解もありません。

私は、「ああ・・・恥ずかしい」。

ただ、そう感じてしまったのです。

それから、「走れる体力が残っているときは、たとえ負けレースでも、亀のように遅くても、走ろう」と思うようになりました。

それ以来、フルマラソンのレースでは、たとえどんなに遅くても、歩いたことはありません。

もちろん、チームメイトが出ていないレースでも。

そして、このときの学びが、私の思考習慣にも活かされているように感じているのです。

 

趣味で身につけた思考習慣を仕事にも活かす

もしも、歩いているランナーの人に、「そのスタンスで、仕事をされているのでしょうか?」と尋ねたらどう答えられるでしょうか。

「いやいや、マラソンのレースは趣味だから。仕事はちゃんとやるし、人生にもきっちり向き合っていますよ」と言われるかもしれません。

それは、本当なのだと思います。

ただ、自分が主体的に取り組もうとしたマラソン大会で、あきらめて歩いてしまうような人が、会社の仕事に対して粘り強く取り組むのかどうか。

少し疑問は残ります。(^_^;)

ゴールがあるのに、投げ出してしまう。

うまくいかなければあきらめる。

少しつまづくとやめてしまう。

そのような思考習慣を持っていると、マラソンでも、仕事でも、同じように考えてしまうのではないかと思うのです。

成長を目指していれば、壁を感じないゴールはありませんし、ストレスがない仕事もありません。

ときに大きなハードルがやってくることもあります。

そのようなときに、何を考えて、どのような行動をとるのか。

そこが大事ですし、その人が物事にのぞむ姿勢が問われるのではないかと思うのです。

マラソンは、30kmをすぎると苦しくなってきます(今回のレースも同様でした)。

そこで歩くこともできますし、プロのランナーではないのですから、リタイアは自由です。

そこにペナルティはありません。

しかし、あきらめずに走り切る。

それによって得た「完走」(歩かないで走りきる)という結果は、やはり圧倒的な達成感を味わうことができるものです。

「あそこであきらめなくてよかった」という風に思います。

私の場合は、たまたまマラソンでしたが、これはほかの趣味や遊びでも同じでしょう。

壁を目の前にして、どう考えるか。

趣味で身につけたその思考習慣は、仕事にも必ず生きてくるものだと思うのです。

自分の好きなことに向き合っているときも、思考のトレーニングの場だと考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

記事のとおり、昨日は、「第7回サンスポ古河はなももマラソン」に参加。

チームメイトとのフルマラソンを楽しめました。

トレーニング不足だったので、完走を目標に。

身体も重く、足も痛かったのですが、なんとか走り切ることができました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

本当の自分に気づくためには、親から受け継いだ思考や価値観を手放すことも必要。

親から刷り込まれた思考習慣や常識を超えていくこと。 難しいことではありますが、挑んでいくタイミングをつくっていかなかればならないと思っています。   スポンサーリンク   目次1 …

誰にでも良い顔をしてしまう自分をやめる。「八方美人」でいることのデメリット。

誰に対しても「良い人」であろうとすると、「八方美人」になります。 それは一見、花火のようにきれいなものかもしれません。 ただ、どこかで「八方美人」を抜け出さないと、自分の殻を破れないとも思っています。 …

「自分にはできないだろう」という思い込み。その原因はどこからきているのか?

あなたは「自分にはできないだろう」と思うことがありますか? 私も日々悩まされていますが、打破した経験もあるので、記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 「自分にはで …

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …

荒波にもまれることを喜べるか。悩みの先にあるのは得たい未来かも。

悩みがない人はいないと思います。 進んで悩みたいという人はあまりいないと思いますので、その悩みを「自分を成長させてくれる機会」だととらえてみてはいかがでしょうか?   スポンサーリンク &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031