【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

自己成長を測定する方法。「良習慣の種」で時間の質を比較。

投稿日:

Pocket




「自分なりにがんばっているんだけど、変わっている気がしない」

あなたは、そんなことを感じたことがありませんか?

そんなときに、自分が変化していることを実感できる方法を記事にしました。

 

自分の変化をどう測定するのか

「自分なりにがんばっているんだけど、変わっている気がしない」

そんなときに比べるのは、

・過去の自分

と、

・現在の自分

ですよね。

「人生が変わったかどうか」というのは、

・過去の自分と比べて、現在の自分が変わっているかどうか

が、ポイントだからです。

では、比較する際に何を基準にすると良いのでしょうか?

結論から言うと、

・時間あたりの良習慣の質が、より有効な時間に変わっているかどうか

というポイントを比較してみるといいでしょう。

そのときに有効なのが、私がおすすめしている「良習慣の種」です。

このブログでも何度も記事にしています。

1日を充実させるための習慣化とは?毎日、小さな「良習慣の種」を蒔き続けよう。

充電リストと放電リスト。あなたの充電になる行動を「良習慣の種」として設定しよう。

「良習慣の種」を育てるチェックリスト。実行できたタスクをビジュアル化して自己信頼感を高めよう。

 

「良習慣の種」で持ち時間を見える化する

「良習慣の種」は、

・可処分時間(自分が使える時間)

あたりに対して、

・どれくらいの良習慣を組み込めるかが見える化できるツール

です。

たとえば、1日に2時間の可処分時間があるなら、10個の良習慣をどのように当てはめていくのかを考えられるのです。

24時間は誰でも平等。

そこから捻出した貴重な2時間は、できる限り有効な時間にしたいものですよね。

その10個の良習慣は、自分の未来につながる習慣であり、今をより良く変えるための行動になっているはずだからです。

 


 

【お知らせ】

・2019年6月21日 ブログ習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/blog-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/





自分の良習慣の質を比較する

「良習慣の種」で、1日を10個の良習慣で満たすこと。

私のおすすめは、10個の良習慣のバランスを

・大レベルの良習慣:1

・中レベルの良習慣:2

・小レベルの良習慣:7

という風に分類する形です。

たとえば、現在の私なら、

・大レベルの良習慣:1
→ブログまたはコーチングセッション

・中レベルの良習慣:2
→メルマガ、コーチングの学習

・小レベルの良習慣:7
→ミッション&ビジョンの確認、ランニング、ダイエット、読書など

という感じになっています。

時期によってメインにする習慣が変わることがあるので、毎月見直しています。

 

2010年の私の良習慣の質

こういった記録を残しておくと、過去の自分と現在の自分を具体的かつ明確に比較ができます。

たとえば、2010年9月は、私は英語学習に力を入れていたことがわかります。

・ビジネス英会話を1ユニット音読する(35分)

・英文を1ブロック暗唱する(25分)

・英文法を1ユニット復習する(10分)

・英単語を100個復習する(15分)

といった項目が並んでいました。

これは、

・自分の英語スキルを高めるための努力

でした。

ここに85分も使っていたのですね。

ただ、この英語学習では、私ひとりに対する投資です。

実際、英語学習をスタートした際に期待したようなリターンはありませんでした。

 

2019年の私の良習慣の質

現在(2019年6月)の良習慣には、

・ブログを1記事書く(60分)

とあります。

ブログを書くことで、

・文章力があがる

・研究分野の視点が磨かれる

・アイデアが出る

・読者の方に貢献できる(可能性がある)

・毎日自己ベストを更新することで自己肯定感が高まる

・夢につながる行動をしている実感がある

・肩書が増える

・ビジネスにつながる

・友人たちや家族に「日賀状」を送れる

といった感じで、2010年の60分とは、まるで効果が変わっているんですよね。

自分がやりたい有意義な活動をやりながら、ほかの人への貢献にもなるからです。

このように、

・2010年9月の私が使う60分

と、

・2019年6月の私が使う60分

では、明らかに「60分の価値」が高まっているのです。

これは、私自身の内側が磨かれている感覚なのですよね。

 


■スポンサーリンク




時間あたりの良習慣の質が、より有効な時間に変わっているかどうか

こうして見ていくことで、

・自分が変わったかどうか?

という質問に対しては、

・時間あたりの良習慣の質が、より有効な時間に変わっているかどうか

という点を比較してみればいい、ということになりますね。

そういった意味では、将来的に「自分はバージョンアップしている」と思えるかどうかについても、

・時間あたりの良習慣の質が、より有効な時間に変わっているかどうか

が高まっているかどうかを、判断してみればいいということになるでしょう。

 

「最低限、今日はこれをやりとげる」という基準をつくる

つまり、

・最低限、今日はこれをやりとげる

という基準をつくるという基準が、まずは必要。

ですから、仮でもいいので「良習慣の種」を10個つくってみましょう。

そして、

・時間あたりの良習慣の質が、より有効な時間に変わっているかどうか

という基準を、レベルアップし続けていくことが大事だということですね。

その比較ができるツールが、「良習慣の種」のような記録なのです。

それがあれば、私のように、

・2010年にどれくらいの可処分時間があったのか

・その時間内でどんな習慣化に取りくんでいたのか

・何を目指して行動していたのか

がわかります。

そして、現在よりも質が高まっていれば、

・自分が明らかにより好ましい変化をしている

と実感できます。

その基準があがっていれば、「自分は、日々あらゆる面で良くなっている」と思えるでしょう。

このような基準を持たないから、「自分なりにがんばっているんだけど、変わっている気がしない」という悩みが生まれてしまうのです。

 

未来のために現在の良習慣を記録しておこう

1年、4半期、1ヶ月、1日。

そのようにして、自分が飛び越えるハードルを少しずつあげていくこと。

結果や評価というのは、あくまでもあなたという人間の外側を見た1つの側面です。

では、内側には何があるのか?

それは、あなたの人間性や人格です。

その内側がしっかりしていなければ、外側もついてきません。

成果を上げている人は、内側をしっかりと磨いている。

だからこそ、活躍し続けられているのですね。

そのような人たちからうまく学び、あなたの武器である「自分」を磨いていきましょう。

もしも、今のあなたに「武器と呼べるものがありません、、、」というのでも大丈夫です。

・未来の自分は、どんな武器を持っていたいのだろう

ということを決めて、今日から磨き上げていけばいいのです。

未来の自分のためにも、現在の良習慣を記録していきましょう。

 


 

【お知らせ】

・2019年6月21日 ブログ習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/blog-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、帰宅ランをして自宅へ。

その後、「虎プロ」の「月9」コーチング練習会に参加。

すでにICF(国際コーチ連盟)の資格を取得している人も多く、じつに学びが深い時間となりました。

自己研鑽の時間は、私にとってとても豊かで大事な時間です。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

言葉の時制に意識を向けていますか?感謝の言葉は現在形がおすすめ。

どんな言葉を使うのかによって、思考は変わり、行動が変わり、人生が変わります。 言葉づかいの中で、私は「時制」にも意識を向けることをおすすめします。   スポンサーリンク   目次1 …

残業のデフレスパイラルから抜け出すために。「退社時間を守る」というシンプルなルールを導入しよう。

長時間残業のループから抜け出すためには、どのようなことからスタートすればいいのでしょうか? 私が長時間残業を避けて、定時退社できるようになったコツを記事にしました。   スポンサーリンク & …

「ゼロ秒思考」の威力を体感しよう!簡単、無料、すぐできる!効果絶大な「書く」習慣

目次1 ■シークレットセミナーに参加2 ■「考える」ことが「書く」ことにつながる3 ■「ゼロ秒思考」メモの方法とは?4 ■「書かなくても頭の中で考えられる」は本当? ■シークレットセミナーに参加 昨年 …

no image

家庭内を円満に保つためにおすすめの2つの良習慣

■最近ためしてみて、効果があった良習慣が2つあります。 まだまだ実践中ですが、夫婦で話す時間が増え、会話の密度が非常にあがっていることを実感しております。 もしかすると、少し前のわたしのように、 「な …

「ニューロ・ロジカル・レベル」 を習慣化に応用する。自己認識レベルを意識して自分を叱る/ほめる。

「ほめる」と「叱る」。 この正反対の行為をうまく活用することによって、習慣化しやすくなる方法があります。   スポンサーリンク   目次1 自分を叱るか、自分をほめるか2 NLPの …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら