【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

「初めちょろちょろ」で習慣化。ウォーミングアップ→リズムづくりが最終的な成果を高める。

投稿日:2019/08/06

Pocket




「初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな」

このフレーズをご存じでしょうか。

習慣化にも通じる教えがつまっているフレーズだということに気づきました。

 

習慣化とスポーツの共通点

習慣化することとスポーツは似ている。

私はそのように考えています。

理由は、

・どちらもウォーミングアップが重要だから

です。

たとえば、ランニングするときは、いきなり走り出すことはありません。

まずは準備運動やストレッチをして体の柔軟性を高めたり、体をあたためてから走り出します。

これはマラソンだけでなく、野球でキャッチボールをすることやサッカーでパス練習をするのと同じですね。

ウォーミングアップがケガを防ぎ、パフォーマンスアップにもつながります。

ビジネスや学習も同じです。

私は、朝出社して会社のデスクに座ると、タイマーをセットして5分間の片づけをするようにしています。

軽く体を動かすことにより、その後の仕事のパフォーマンスを高めるねらいです。

また、デスクまわりや書類が片づくと、やはり集中力も高まるんですよね。

簿記の資格試験のためにTACさんに通っていた頃は、授業前に簡単な計算式の小テストをやっていたことがあります。

あれは、きっと脳のウォーミングアップだったはずです。

これと習慣化も同じだと考えています。

つまり、習慣化するためにも、脳や体のウォーミングアップが必要だと思っているんですね。

 


 

【お知らせ】

■2019年12月6日(金)19時30分~21時45分
現役プロコーチ直伝「今すぐ」動きたくなる!
「最速」行動デザインセミナー
〜最高の2020年のロードマップをつくる〜
http://www.ryoushuukan.com/action-design-seminar/

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/





最終的なおいしさのための「初めちょろちょろ」

何ごとも続かなかった私が、物ごとを習慣化できるようになってきたのは、このウォーミングアップのアプローチを取り入れてきたからだと思っています。

実際、私の周囲で習慣化することが得意な人は、いきなりジャイアントステップで歩き出そうとしません。

それよりもベビーステップで小さく小さく歩き出すのです。

その方が、心理的なハードルや行動のハードルが下がることを知っているからなんですね。

自転車のこぎ出しと一緒で、物ごとは最初の「0→1」が1番エネルギーを使います。

そうして、初動に力を入れすぎずに、スムーズにすべり出す。

すると気分も上向きになり、リズムをつくれるわけです。

そうすれば力を入れすぎなくても前進することができますよね。

自転車でいきなり坂道をのぼるのは大変ですが、勢いをつけてから行けば、坂道をのぼることができるかもしれません。

ですから、最初からフルパワー全開ではなく、最初から徐々にスピードをのせていく方がいいのですね。

ここで上手に心と体をあたためられるかどうかが続けるためには大事です。

これが、習慣におけるウォーミングアップです。

挫折しがちな人は、いきなり重たくて大きな一歩を踏み出したくなる人です。

それよりも、軽く小さなステップを踏み出すのです。

このウォーミングアップ、ふと「何かに似ているなあ」と思いました。

そう、それは、お米の炊き方でした。

それが、昔に習った、

「初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな」

です(笑)。

「初めちょろちょろ」というのは、お米に水を吸収させるための時間のこと。

「予備炊き」とも呼ばれていて、よりお米の甘みを引き出すために、弱火でお米に吸水させるプロセスだそうです。

最終的においしいお米にするためには、いきなり炊き始めないこと。

あせらず徐々に、お米に水を吸収させることが大事なウォーミングアップになるんですね。

おいしいお米の炊き方は、良習慣定着にもつながるプロセスだったのです。

 


■スポンサーリンク




ウォーミングアップでリズムをつくる

ウォーミングアップは、リズムをつくることにも有効です。

日本で3本の指にはいるコーチと言われるマスターコーチの谷口貴彦さんのワークショップに参加した時のことです。

当日のアジェンダは無し。

そこで、30人くらいの参加者からその場で質問を募りました。

そのようにして、谷口さんへの質問がホワイトボードにところ狭しと並びました。

私は「こんなにたくさんの問題、90分で終わるのかな、、、」と思っていました。

すると谷口さんは「じゃあ、簡単なところから解決していこう」と言って、ライトな問題からバーっと解決していったんですね。

簡単な問題を解決することでウォーミングアップをして、リズムをつくっていたのです。

結果的に、時間内にすべての質問が終了した、見事な展開でした。

このように、習慣化や目標達成には、

・ウォーミングアップの時間をとる

・リズムをつくる

というフェーズを取り入れることが重要です。

もしかすると最初は物足りなさを感じるかもしれません。

でも、それでいいのです(それがいいのです)。

もし、自分の感情がゆれそうになったら、「これでいいんだ」と言い聞かせましょう。

スタートはとにかく力を抑える。

フルマラソンのような長期的な目標達成も同じです。

新しい習慣や目標を設定してスタートしたときは、どうしてもすぐに成果が欲しくなるもの。

すると、いきなりたくさんの行動をとりたくなるんですよね。

私も、過去に何度もそのトラップにはまってきたのでよくわかります。(^_^;)

ただ、そうなると、スタートダッシュができる代わりに、あとになって失速が待っています。

全速力で走り続けることは、相当つらいですよね。

それはフルマラソンなのに、最初から全力疾走してしまうようなものです。

それでは完走は難しいでしょう。

ですから、習慣化や中長期的な目的には、ぜひウォーミングアップの発想を取り入れることをおすすめいたします。

心や体をあたためておいたほうが、あなたの最終的なパフォーマンスは高まりますので。

あせらずに、「初めちょろちょろ」で時間軸を長く見ていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■2019年12月6日(金)19時30分~21時45分
現役プロコーチ直伝「今すぐ」動きたくなる!
「最速」行動デザインセミナー
〜最高の2020年のロードマップをつくる〜
http://www.ryoushuukan.com/action-design-seminar/

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、会社終わりで帰宅ラン。

「ひとり戦略会議」で、ふり返りもできました。

家族と一緒の時間をすごすこともできて、豊かさを感じられた1日でした。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化を目指すなら絶対に手放して欲しい。自己否定・自己不信・自己卑下の罠。

幸福な人生をすごすために確実に不要なものがあると思っています。 それは、「自己否定・自己不信・自己卑下」です。   スポンサーリンク   目次1 すべての行動につながる「モチベーシ …

あなたは「イレギュラーに負ける人」か「イレギュラーをバネにする人」か?

1週間のスケジュールを最適化するための実験を繰り返していましたが、定着までに3ヶ月くらいかかってしまいました。 まだまだ改善の余地はありますが、落ち着いてきたポイントは、「イレギュラーにどう立ち向かう …

なぜ、毎月の請求書作成を先のばししてしまうのか?先のばし改善のための3つのポイント。

毎月のルーティン業務なのに、先のばしで悩むことはないでしょうか? 私も悩み、苦しんでいる身として、改善するポイントを記事にしました。   スポンサーリンク   長らく「先のばし」に …

自分がやめてしまうパターンを言語化すれば「続けられない人」から抜け出せる!

続けられる人は、続けるためのパターンを知っているから続けれられるようになります。 その一方で、何度も挫折したり、やめてしまう人は「やめてしまうパターン」を把握していない傾向があります。 続けられるよう …

新しい習慣化をスタートする際に取り入れて欲しい「自分を子どもに見立てる」視点。

新しい習慣をうまく定着させるためには、いろいろなコツがあります。 そのうちの大事なポイントの1つは、「新しい習慣化にトライする自分を子どものように見立てる」ということです。   スポンサーリ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
2019年12月5日発売

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■2019年12月6日(金)19時30分~21時45分
現役プロコーチ直伝「今すぐ」動きたくなる!
「最速」行動デザインセミナー
〜最高の2020年のロードマップをつくる〜
http://www.ryoushuukan.com/action-design-seminar/

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/