【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

うまくいっている人の考え方の習慣 家族を大事にする習慣

本当の自分に気づくためには、親から受け継いだ思考や価値観を手放すことも必要。

投稿日:2018/10/15

Pocket

親から刷り込まれた思考習慣や常識を超えていくこと。

難しいことではありますが、挑んでいくタイミングをつくっていかなかればならないと思っています。

 

スポンサーリンク


 

誰もが持つ「親の影響」というフレーム

自分が考えていることや感情を見つめるとき、必ずでてくるものがあります。

それは「親の影響」です。

・自分らしく生きることができない
・自分に自信を持つことができない

といった人は、親が原因の可能性があるかもしれません。

特に、親に対して「良い子」を演じてきたまじめな人こそ、その傾向が強いように感じます。

親に従ってきたので、いざ自分が大人になったときにも、そのスタイルから離れられないのです。

これは、親が悪いのではありません。

むしろ、私たちのことを大事に思っているからこそ、守ってきたわけですから。

「親の常識の範囲内で子育てをしたい」というのはたいていの親が思っていることだと思いますし、それは自分たちが信念として守っていることなので破られたくないのですね。

そうなると、どうしても親の常識の中で育つこととなり、「自分で考える」という子どもが少なくなってくる。

これは私自身が経験してきたことですし、心理学の勉強してから強く感じていることでもあります。

しかし、「自分の人生を生きる」と決めたら、どこかで親の価値観から離れるタイミングをつくらなくてはならない状況がくるかもしれません。

 

育った環境によって自分の思考や行動が形成される

私が育ってきた環境は、まさにコミュニティーの中の価値観で育まれ、長く私の思考や行動をつくられてきたと思っています。

私は祖父祖母を含めて6人家族の家で、いわゆる「末っ子長男」で育ちました。

さらに自営業で縫製業をおこなっており、住み込みの生徒さんがいる家庭で育ったので、15人ぐらいのコミュニティーの中で、1番年下というポジションをずっと保っていました。

そうなると、家の中では最も守られるべき存在として扱われます。

生徒さんたちがそうじや家事をやってくれていたので、子どもとして家の手伝いをした記憶はほとんどありません。(^_^;)

それよりも、

・危険なことをやろうとすれば「危ないからだめだよ」。
・人と違うことをすれば「そんなことをしたら恥ずかしいよ」。
・遊びまくっていると「勉強しなくていいの?」。

そのようなことをくり返し言われていたように記憶しています。

そういった言葉を刷り込まれた人間はどうなるでしょうか?

当然、安心・安全を求めて、ちょっとしたことにトライする気持も持てなくなります。

ですから、学生時代は、かなり保守的な生き方をしてきました(学習はしませんでしたが・笑)。

それを打ち破ったのは、大学生になった18歳のときに東京でひとり暮らしをはじめてからでした。

それまでに経験していなかったことをたくさん体験し、ようやく人並みに近づいた気がしたものです。

「もしもひとり暮らしをしていなかったとしたら」と思うと、おそろしさを感じます。

きっと、今でも何もできなかったんだろうと思います。

甘えてばかりで自分からチャレンジはしない、石橋を叩いても渡らない、考え方は固定化している。

そのような人間になっていたはずです(今よりも)。

当然、自分が望むような成果を手にしていることはないでしょう。

しかも、もしかすると、そのような不遇な人生を親のせいにしていたかもしれません。

このように、親から受けている影響というのは、私たちの考え方や行動に大きく影響しているのです。

 

自分なりの成果を出して親に報告するスタンスを持つ

人生で重要な時期は、誰にでもやってくるものです。

そのようなとき、あまり親に引っ張られないほうがいいのではないでしょうか。

自分で考え、自分で決断する。

そうして、自分なりの成果を出すことが大事で、良い意味で親のイメージを裏切るのです。

親から受けたダメ出しをいつまでも引きずっているわけにはいきません。

自分たちの人生だからです。

もちろん、いろいろな状況で、親に逆らえないという事情を抱える人もいるでしょう。

親の気持ちをはねのけるというのは難しい人もいるかもしれません。

それでも、自分のために、自分で意思決定を行いましょう

ときには失敗するかもしれません。

そのようなときに親から「やっぱりあなたはそんなことをやっても・・・」と言われる場合もあるでしょう。

私は100kmマラソンで熱中症になったときに実際に言われました。(^_^;)

それでも、幾多のチャレンジで成功する確率はゼロではありませんし、成功するつもりで臨んでいく気持が欲しいものです。

そのようにして困難を乗り越えて、成長した姿を親に見せましょう。

良い意味で親が想定外の自分を見せるのです。

それが、本当の意味での親孝行なのではないでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、書く仕事と来週に控えているちょっとしたプレゼンのためにスライドづくり。

Mr.ChildrenをBGMにして、がつがつ書けたのは幸福な時間でした。

夜はメルマガ300号のお祝いで、家族とやきとんを食べにいきました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-うまくいっている人の考え方の習慣, 家族を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

営業で成果があがらずに苦しんでいる人へ。できないことを手放し、自分ができるプロセスに集中しましょう。

先日、複数の友人から「伊藤さんは営業なのに、ブログではあまり営業の記事を書きませんよね」と言われました。(^_^;) ですので、たまには営業をテーマにした記事を書いておこうと思います。(笑) 私が、売 …

「完ぺき主義者の憂うつ」状態にならないための5つの考えかた。

完ぺき主義は悪いことではありませんが、私は苦しめられてきました。 ただ現在は、以前よりだいぶ完ぺき主義をゆるめられるようになってきたので、その考えかたを記事にしてみます。   スポンサーリン …

自分自身に隠していた本音がわかる。思わずイラっとする瞬間ありますか?

あなたには「あの人、苦手なんだよなぁ・・・。」という人がいますか? 少し受け入れがたいことではあるのですが、その苦手な人の嫌な部分にあなたの願望が隠れている可能性があるのです。   スポンサ …

「あなたの完ぺき主義が治らないのは、評価をほかの人に預けているから」と言われたら、どう思いますか?

成果が上がらない人に共通することは、「成果につながらない行動を一生懸命やっている」ということです。 その奥底に隠れている心理は、「ほかの人から低い評価を受けたくない」というものです。   ス …

「でも」という逆接が出てきたら要注意。言い換えて順接の「から」に変換してみよう。

何かにチャレンジしようとするときに思考に出現する「でも」という接続詞。 その「でも」を、「から」に変換して、行動増進を狙いましょう。   スポンサーリンク   目次1 「人間は言い …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら