【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 質問する習慣

優柔不断な人と「ゴリラの砂投げ」状態になったら質問で切り抜けましょう!

投稿日:2014/11/03

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

先日読んだ本がコーチングに非常に役立つ良い本でした!

今日はその中から学んだ質問を記事にいたします。

【今日のお勧め本】

「パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術」
(アンドリュー・ソーベル/ジェロルド・パナス)

 

提案に対するあいまいな返事

「提案に対して返事がこないままスルーされてしまう」

といった状況。

あなたにも、仕事やプライベートで遭遇することがあるのではないでしょうか?

たとえば、

▼あなたが会議で提案したプロジェクトに良い反応があったものの参画メンバーが集まらない

▼あなたが企画したイベントに「いいですね!予定を調べておきます」といって返事がこない

▼あなたが提案したアイディアに「なるほど!検討しておきます」といってそのまま流れてしまう

といったようなことです。

意思や意図を確認するために、

「この件に関してどのようにお考えですか?」

というようにソフトに質問することもできます。

しかし、そんなときに限って、

「えーと、まあ良さそうだと思います。」

とか、

「たぶん、大丈夫だと思います。」

みたいな返事しか戻ってこないことが多くないでしょうか?(^_^;)

しかも、能動的ではないので、参画してもなんとなくダラダラしてしまう。

これでは、困ってしまいますよね。

意思を確認し、決意をはっきりしてもらうような質問を投げかけたいところですよ。

 

「ゴリラの砂投げ」の話

ところで、あなたは

「ゴリラの砂投げ」

という話をご存じでしょうか?

このような話です。

・二頭のオスのゴリラが戦うとき、どちらも自分の力を最大限に誇示しようとします。

・相手の周りを何度も何度も回るそうです。

・回りながら、足元の砂をすくって相手に投げつける。

・そうなると、あたりには土ぼこりが立ち込めている状態です。

これが、「ゴリラの砂投げ」です。

つまり、

「決定的なことが何も起こらない」

状態のこと。

ゴリラたちは、ただ相手のまわりを回っているだけなのですね。

先述した「提案に対してあいまいなリアクションしかない状態」は、まさに「ゴリラの砂投げ」といえそうです。

 

medium_7110831263
photo credit: Caitlin House via photopin cc

 

2択の選択肢を与える

こんなときは、思いきって質問を変えてみることをお勧めします。

短く、スパッと質問してみましょう。

質問例としては、

【「はい」と「いいえ」だったら、どちらですか?】

あるいは、

【賛成ですか、反対ですか?】

もしくは、

【イエスですか、ノーですか?】

という風に。

もちろん、少し強めの表現なので、

▼人間的な関係性ができていること

▼適切な状況で意図的に使うこと

といった部分に注意する必要はあります。

でも、もしあなたが率直で直接的な答えが必要だったら、

「肯定か?」

「否定か?」

で答えなければならない質問をしても良いでのです。

多少つめよるくらい(?)のほうが、あなたの熱意を感じてもらえることもあるかもしれません。

また、迷っている人ほど、意外と決断する機会が訪れることを待っているように見えることがあります(ぼくには)。

ぜひ試してみてくださいませ!

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の質問】
「ゴリラの砂投げ」状態の相手には、

『「はい」と「いいえ」だったら、どちらですか?』

と質問してみる

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】

==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

1年で4倍の成長を目指して。無料100人コーチングにチャレンジいたします!

「自己成長」という聞こえの良い言葉。 それもとても大事ですが、それだけでは私が目指す理想の世界の貢献軸にはほど遠いことが分かりました。(^_^;) そこで、新たなチャレンジを行うことを決断いたしました …

ネガティブ感情のスイッチが入っても大丈夫。マイナス思考をOFFにする3つの方法。

日常生活を送っていると、イライラ・クヨクヨは避けられませんよね。 感情が生まれてしまうのは避けられませんので、自分なりの対処法を持っておくことがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

1人3役のポジションでゴール達成を考えてみよう。「ディズニーストラテジー」のアプローチ。

何かにチャレンジする際には、 ・最悪を考えた上で、楽観的に前進する という思考で考えられると理想的だと思っています。 そのためには、3つのポジションからイメージするとわかりやすくなります。 &nbsp …

セルフコーチングのシンプルなやり方。自問自答の力を高める5つの質問。

友人から、「基本的なセルフコーチングのやり方を知りたい」という質問がありました。 セルフコーチングは、ぜひたくさんの方に広まって欲しいので、初心者の方にも簡単に活用できるフォーマットを記事にしました。 …

視点を変えて問題解決!問題をリフレーミングするための9つのユニークな質問

「問題」は、問題をトラブルと捉えるから問題になるのですよね。 問題ととらえなければ「課題」や「タスク」です。 問題を問題にしないためには、視点をとらえ直す質問が有効です。     …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら