【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

夏休みあけの仕事スタートを乗り切る名言。「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない」

投稿日:2018/08/17

Pocket

長期休暇あけ、仕事はじめの1日を効率的にすごすために必要なのは、

・計画
・フィーリング

どちらだと思いますか?

 

スポンサーリンク


 

夏休みあけの自分のファインプレー

来週から本格的に仕事がスタートする人も多いかもしれせんね。

さて、その際にスタートダッシュするために、どのような行動が必要でしょうか。

私は昨日が夏休み明けの会社だったのですが、悪いクセが出そうになりました。

思わずメールチェックからスタートしたくなったのです。

しかし、そこをグッとこらえました。

そうして、

・1日の予定をざっと計画した

のです。

これは、自分にとってのファインプレーでした。

なぜならば、朝、脳ががまだフレッシュな状態で、「計画する」という重要なタスクに着手したからです。

そうしておけば、1日にリズムをつくることができますよね。

たった5分、夏休みあけの1日をざっくりスケジューリングするだけ。

ただそれだけなのですが、これをおこなうだけで1日をコントロールできそうに感じられました。

ここで何も考えることなく、その場の雰囲気や感情でタスクをこなしていると、「あっ、あれをやっていなかった(汗)」ということが起こります。

それが重要なタスクであれば焦りますし、そのようなタスクがいくつか積み重なってきて、さらにトラブルでも起きようものなら、もう頭の中はパニック状態。

タスクを管理する気もなくなり、モチベーションは低下。

結果として、大きなパフォーマンスダウンになること必至です。

 

「その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない」

私は、

“その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない”

という言葉を好んでいます。

普段なら、「TaskChute(タスクシュート)」というツールを使っているので、ある程度自動的に計画が決まっています。

ただ、長期の休み明けはいろいろとイレギュラーが多いのですよね。

会社自体が休みだったわけでもありませんし、お客様は稼働されていたので。

ですから、「ササッとメールチェックしたい」気持になります。

しかし、そのようなときこそ、いきなりメールチェックというタスクをはじめようとするより、パッとスケジュールを考えたほうがいいと思っているのです。

そうして、短時間でもいいので重要なタスクにあたりをつけて、1日を俯瞰する。

そうすれば、頭と心のスタンバイができ、仕事の効率を高められるのです。

こうすることで、気持にも余裕ができます。

するとアウトプットのパフォーマンスもあがるわけです。

人間は、何をするか決めておかないと、ずるずると流されていってしまうもの。

実は、その都度フィーリングで意思決定をくり返していると、脳は疲労します。

ですから、エネルギーを保持するためにも、長期の連休あけに、1日の計画をつくるメリットは大きいのです。

もちろん、バッファを残しておくことができれば理想的ですね。

仕事がスタートすれば、予期していないことが飛び込んできます。

少しでも余裕を残しておくことで、突発に対応できるように、計画だけでもしておきましょう。

はじめる前は「バッファなんてつくるのは無理」と思うものですが、それでもつくってみる。

効果がないときもありますが、、、不思議と理想に現実がついてくることもあります。

そのためには、退社前に翌朝の朝一番に取り組むタスクを決めておくこともおすすめです。

 

「1日」というキャンバスにスケジュールを描く

「1日のスケジュールをつくりましょう」とこれだけ言いつつも、以前の私は、その日のその気分でタスクに取り組んでいました。(^_^;)

今から考えると、「だから残業ばっかりだったんだよなぁ・・・」とその理由を痛感しています。

行き当たりばったりでやると計画性がありません。

そうなると、優先順位は締め切り順となります。

結果として、「緊急かつ重要なタスク」ばかり行うことになりました。

まるで、いつもどこかで火事が起きていて、常に消火活動をしているような状態になるのです。

終われば達成感がありますし、ギリギリセーフで終えた楽しさのような感情さえありました。

でも、それを終えても、また次の火事がすぐにやってくるんですよね。。。

その後、ビジネス書を読むようになり、うまくいっている人は「緊急ではないけれど重要なタスク」に力を入れていることを知りました。

そのために、1日に何をするか、イメージしておくことが重要だと強く感じたのです。

それからは、「その日の計画を終える前に、その日を始めること」をやめるようにしました。

火事が起きないように、防火活動に力を入れることが少しずつできるようになってきたのです。

たったそれだけのことですが、1日の時間の使い方は大きく変化しました。

それと同様に、長い連休あけにいいスタートダッシュが切ることができる人は、スケジュールをデザインできる人です。

まるで、「1日」という真っ白なキャンバスに、絵を描いていくように。

ビシッとタスクに取り組むためにも、仕事をはじめる前にひと呼吸おいて、ざっくりでいいのでスケジュールをつくってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、記事の通り、夏休み明けの会社でした。

娘が妻の実家に泊まりにいくことになっていたので、会社終わりで妻と息子と合流。

そのままやきとん屋さんに直行・・・ではなく(笑)、地元のおいしい唐揚げ屋さんで食事を楽しみました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

仕事時間のパフォーマンスを最大化したいなら、焦点をあてるべきはオフ時間にあり。

仕事のパフォーマンスを最大化するためには、仕事時間の密度を高めることが大事ですよね。 ただ、仕事時間がだけでなく、オフ時間の使いかたも考えましょう。   スポンサーリンク   目次 …

人生で大事な3つの時間。自分・家族・仕事の優先順位を決めていますか?

・自分の時間 ・家族との時間 ・会社の時間 これは人生で重要な3つの要素だと考えています。 さて、あなたの優先順位はどの並びになるでしょうか? ぜひ、一度考えてみてから、記事をお読みいただければうれし …

カイロスタイムとクロノスタイムを区別。大切な時間を「暇つぶし」にしないために。

古代ギリシアから伝わる言葉に、「時間」というリソースに対して意識しておくべき感覚が含まれています。 大切なことに集中し、時間を忘れて没頭する時間があれば、豊かな人生になるはずです。   スポ …

「毎日の充実感がない」という人へ。自分にとって「本当に重要な活動」を明らかにしていますか?

私たちにとって貴重な「時間」というリソース。 「時間を有効に使えている」と感じながら日々を充実させるためには「自分にとって大事な活動」を理解する必要があります。   スポンサーリンク &nb …

時間の使い方を向上させる思考。常に「変化を受け入れる」意識を持つトレーニング。

時間の使い方は、常に最適化をはかっていきましょう。 そのためには、「変化を受け入れる」思考が重要です。   スポンサーリンク   目次1 24時間営業の歯科医院を目にして感じたこと …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら