【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

ぶ厚い本は「なじみ」をつくる。「じっくり1回」より、「さらっと3回」読んでみよう。

投稿日:2016/10/06

Pocket

「これは自分の人生を変えてくれる本かもしれない。よし!じっくり読もう!」

・・・と思った本ほど、積ん読になることってありませんか?

はい、私の事例です(笑)。

今回は、その課題を克服した経験を記事にしました。

img_3075

 

スポンサーリンク

 

重厚なコーチング本を即決購入したものの・・・

以前読んだ本に、コーチングに関するおすすめ本のご紹介がありました。

コーチングスクールを設立して、日本にコーチングを普及させた方がおすすめしていたコーチング本。

その名も「コーチングのすべて」でした。

「どれほどすごい本なのだろうか、、、というかすごい本に違いない!」ということで直感で即決、ノーポチで本を購入しました。

あまり意識せずにポチッたのですが、届いてみてその重厚感にたじろぎました。

330ページ以上の翻訳本です。。。(^_^;)

いくら私がコーチングを専門的に扱っているからといっても、ほいほいと簡単に読めるボリュームではありません。

「さて、どうしたものか・・・」

もちろんコーチングは興味関心の対象ですし、好きな活動ですから読みたくないわけではありません。

むしろ読みたい心理のほうが勝っています。

それなのに、、、不思議です。

言い訳の天才である人間は、どんどんもっともらしい言葉が自然に出てくるのです。

・時間がないから・・・
・すごい本だろうから、あとでじっくり読もう・・・
・緊急かつ重要というわけでもないし・・・

こうなると、やってくるのは先のばしですよね。

ただ、それでは購入を決意した当初の目的をはたせません。

しかも3,000円以上もした本なので、正直なところサンクコスト意識もはたらきます(笑)。

そこで私は、一計を案じました。

 

15分でポイントが抽出できるマインドマップ読書のテクニック

今回の状況で私が実践したのは、マインドマップ読書です。

1冊50分で「自分にとって」大事なポイントを網羅する読書術。

メモも残るし、アイデア発想にもつながる画期的な読書方法です。

以前、記事でもご紹介しましたね。

1冊50分で読めて効率的にポイントをつかめる!マインドマップ読書術。 | 【良習慣の力!】ブログ

 

それでも、最近は50分でもおしい状況(最近、予定を詰め込みすぎました・・・)。

そこで、15分だけ時間をとることにしました。

どれほど予定が詰まっていても、1日15分の時間がとれない方はなかなかいないでしょう。

私も同様です。

今回は以下のような手順で実践しました。

(1)タイマーを15分セットする
(2)本の表紙、帯、プロフィール、はじめに、おわりに、といった部分を読む
(3)目次を読む
(4)章立てで太いブランチをつくる
(5)「この本の中で、ここだけは読みたい!」という項目を3つ選ぶ
(6)3つの章から、キーワードや自分が知りたいことが書いてある部分を読む

ブロガーのホラノコウスケさんがブラッシュアップを重ね続けてたどり着いたマインドマップ読書術。

その手法をさらに極限まで削りました。

さて、実行した結果はどうなったでしょうか。

上記のプロセスを経た15分後は、かなり本に「なじみ」が出てきました。

当然すべては読めません。

しかし、ポイントをしぼるために本を何度かパラパラと読みました。

じっくり1回読むのではなく、ざっと3回くらい全体を眺めたのです。

そのため、そのぶ厚い本への抵抗感が非常に減少しました。

その後に読み進めたところ、なんと3日間で読み終えることができたのです。(^_^)

 

分厚い本は「なじみ」をつくることからスタートする

あれほど難敵と思われた本は、

・目次を読む
・全体を通して何度かさらっと読む
・マインドマップをかく

というプロセスを経ることで、「なじみやすく扱いやすそうなイメージ」に変化したのですね。

たしかに、購入した瞬間は「WANT」で、「読みたい本」でした。

しかし、到着した実物を目にしたとたんに「読まなければならない本」となり、「MUST」に変化。

そうして、「プロコーチとして活動していくなら、この本くらいの知識は知っておくべきだ」という「SHOULD」となりました。

すると、とたんに「読みたいんだけど、なんとなく手に取らない」という状況がやってきます。

読みたくなければ読まなければ良いのですが、それも自分の気持ちが許さないという面倒な状態。(^_^;)

ただ、そのような困った状態も、上記のようなステップをふむことによって意外とするっと読める本がある、ということがわかりました。

あなたにも同じような状況があるとしたら、ぜひ今回のやり方を試してみてはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は先輩コーチと相互セッション。

経験もスキルもまったくかなわず撃沈しました・・・。

しかし、これもコーチング上達のプロセス。

むしろ、格上に挑戦した自分をほめることにします(笑)。

気負わずに、成長のルートを走っていきます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

本『2030』から未来を考える。同時に自分がなすべきことも考え続ける

洋書を対象にした読書会の体験から、未来と現在を考え続ける必要性を強く感じました。   目次1 洋書の読書会を初体験した話2 「変化は自動的に起きる。しかし、進化は意識的にしか起こらない」3 …

「7つの習慣」に挫折した人におすすめ。エッセンスが良くわかる「実践 7つの習慣」。

私の本棚にある「7つの習慣」。 取り出すたびに重さを感じます。(^_^;) 「『7つの習慣』のエッセンスをコンパクトにまとめた本があれば良いのにな。」と思っていました。 私のそのような願望を満たしてく …

はずれ本をひかないためにどうしていますか?私が選書で実践している5つのステップ。

ここのところ、「はずれ本」をひくことが減りました。 その分、「当たり本」にめぐりあう確率は高まっています。 それは、私が購入前におこなっている本のチェックが上達したからだと考えています。 はずれ本をひ …

本の理解を深める2つのアプローチ。「超ひと言」と「他者の質問」

1冊の本への理解を深める2つのアプローチとして、 ・「超ひと言」でまとめる ・ほかの人に質問をつくってもらって、その答えを探す があります。   目次1 「早起き完全マスタープログラム」3回 …

「バカになるほど、本を読め!」に共感。読書で世界を変えられるか?

1月の私の習慣化は、「フォトリーディング読書の習慣」です。 1ヶ月に45冊を目標にしています。 本日までに、29冊を読了。 なかなか順調です。 その中で、特に興味関心をひいたのは、神田昌典さんのこちら …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。