【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣

あえてダラダラすることで24時間に濃淡をつける

投稿日:2020/12/10

Pocket

100メートルを全力で走るスピードでフルマラソンを完走するのは難しいもの。

同じように、1日24時間を常に緊張状態にせず、意図してダラダラタイムをつくりましょう。
 

 




 
 
 

意図してダラダラする時間をつくる

 
「忙しいところすいませんが・・・」
 
友人たちやチームメンバーからそのように言われることが増えています。

早起きについてセミナーで話したり、時間の使い方についてブログを書いているからかもしれません。

「ストイックですよね」

「修行僧みたいですよね」

「ダラダラしないんですか?」
 
などと言われることも多いです。

ダラダラしない人がこの世の中にいるのでしょうか。(笑)
 
ただ、注意していることはあります。
 
それは「なんとなくダラダラする」のは避けること。
 
「意図してダラダラする」ということです。
 
要は「これからダラダラしよう」と決めて、実際にダラダラするということです。
 
 
 


 
 
 
【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール

 






 

休むことにも意義を持たせる

 
「 時間あたりの濃度を高めよう」

「『濃い1日』をすごそう」

「緩急のある時間の使い方をしよう」

早起き習慣化セミナーで毎回お伝えしていることです。

たとえば、会社の仕事が18時までなら、その時間に狙いを定めて集中する。

会社の仕事が終われば、あとはひとりビジネスや自己研鑽の時間。

コーチングセッションをすることやセミナーを受講しています。

もちろん、それだけではなくオンライン飲み会に参加することや漫画を楽しむこともあります。

複業の仕事時間以外は、意図してリラックスタイムやダラダラタイムをとる。

仕事モードでずっといるとつかれてしまうので、「これからダラダラしよう」と決めてからダラダラするわけです。

そうして休みを入れつつ人生という長距離を走る。

給水をとりながらマラソンを走るようなイメージです。

そのほうが、1日のパフォーマンスが高まります。

実際、先週の土曜日は朝7時から12時まで、ずっとZoomに接続していました。

そのため、終わったあとは仮眠をとるようにしたのです。

今までの経験から、午前中に詰め込んだときにはリラックスタイムをはさまないと逆にダラダラしてしまうことがわかっていたからです。

まあ、30分の予定が2時間になってしまいましたけれど・・・。(笑)

それでも、ぼんやりして「気づくと2時間寝てしまっていいた(涙)」よりも、「30分の仮眠をとる」と意図してから2時間の仮眠だったので後悔が少ないのです。

「あっ、2時間寝ちゃった(汗)けど、、、まあいいか」という感じなのですね。
 
 
 


 
■スポンサーリンク




 


 

時間に「濃淡」をつけよう

 
私は、 時間に「濃淡」をつけることを心がけています。

イメージは絵画ですね。

すてきな絵画は、色の濃淡がバランスよく配色されて、美しい1つの作品として成立しています。

時間の使い方もそれに似ているのです。

すてきな1日を描きたければ、24時間というキャンバスに濃淡をつける必要があるのです。

仕事モードはテンションが高まりますし、プレッシャーもあります。

その分だけ、プライベートモードはリラックスしたり、気持ちをゆるめるようにしています。

プライベートといっても、お酒を飲みに行くことだけでなく、専門分野の学習にじっくり取り組むこともあります。

1つ意識しているのは、リラックスタイムでゆるめる時間を意図して確保するということです。

そうしないとストレスがたまり、自分にもまわりにも悪影響。

パフォーマンスが落ちるのです。

そうならないためにも、時間に「濃淡」をつけることを意識しましょう。

そうしないと何が大事で、何が無駄なのかわからなくなってしまいます。

どのように時間に「濃淡」をつけるのか。

それは私たち次第です。

バランスよく「濃淡」をつけて、あなたの24時間というキャンバスにすてきな絵を描きましょう。

1日にメリハリをつける方法 | 【良習慣の力!】ブログ

 
 


 
 
 
【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール

 


 
 
 
■スポンサーリンク




 


 
 
 
■編集後記
 
昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活からスタート。
 
たまたま会社近くにきてくれた妻とランチ。
 
コーチングセッションも1件。
 
夜に「習慣化オンラインサロン」にて「習慣化3つの輪」ワークショップを開催しました。
 
3ステップであなたの「願望・目標・習慣」に一貫性をつくる方法 | 【良習慣の力!】ブログ
 
14人もご参加してくださり、至福の時間。
 
充実の1日でした。(^^)
 


 


 

 
 
 


 
 
 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *
 
 
 


 
 
 
■スポンサーリンク
 
 

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

「毎日の充実感がない」という人へ。自分にとって「本当に重要な活動」を明らかにしていますか?

私たちにとって貴重な「時間」というリソース。 「時間を有効に使えている」と感じながら日々を充実させるためには「自分にとって大事な活動」を理解する必要があります。   スポンサーリンク &nb …

朝の15分間を有効に使うための32個のアクションリスト

私がおすすめしている行動の単位は15分間です。 とくに、朝の15分となれば貴重。 取り組むアクションの切り口をたくさん持っておきましょう。   目次1 オンライン朝活で朝の15分に集中する良 …

重要な活動を優先して、無駄な活動をリストラするために、1日という「容量」を意識する。

やることを減らすためには、どのように考えればいいのでしょうか? 24時間という容量に何を入れていくのか、それがあなたの未来を決めます。   スポンサーリンク   目次1 トライアス …

理想の1日を実現する方法。正解に近づくための「間違いを知ることこそ大事」。

試験では、間違いは即減点ですよね。 でも、「理想の1日を実現する」というフィールドにおいては、間違いが正解への道しるべになることも多いです。   スポンサーリンク   目次1 間違 …

残業が多くてやりたいことができない人へ。定時退社するための5つの対処法。

「残業が多くて、やりたいことができません」というお悩みをよく聞きます。 そこで、私なりに「定時退社するための工夫」を5つあげてみました。   スポンサーリンク   目次1 残業し続 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。