【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

ぼんやりとしたイメージや曖昧さは行動の敵。仮説を事実に変えてパワーを得る!

投稿日:2014/09/13

Pocket

今日は近隣の高校で開催された文化祭に参加してきました。

ぼくの息子はまだ中学生ですが、高校の文化祭に行ったのは理由があります。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)連載中です!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

目標を持つことで能力をストレッチする

文化祭は、学区域ではもっとも進学率が高い高校です。

近隣ではあるのですが、たまたま進学校があったのですね。

息子は中学校で(いまのところ)まずまずの成績を残していて、その高校に進学できる可能性があるようです。

そのようなときこそ目標設定は大切ですよね。

やはり目標があった方が人間の能力をストレッチできます。

少しレベルの高い学校ですが、いまの目標をその進学校においているのです。

 

あいまいなことを具体化する

そのような状況のとき、お勧めしたい習慣は「想像を具体化する」ことです。

要は、ぼんやりとしている抽象的なイメージを明確化することによって、目標を身近なものにするのですね。

このような行動を、

【仮説を事実に変えるステップ】

として、お勧めしているのです。

たとえば、

▼転職してみたい会社があれば、その会社まで足を運んでみる

▼購入したい高級車があれば、試乗してみる

▼引っ越してみたい物件があれば、内覧してみる

▼参加してみたい習い事があれば、体験会に参加してみる

▼取得してみたい資格があれば、スクールの説明会に参加してみる

といったような行動をとってみましょう。

あいまいなイメージが具象化されます。

また、一歩を踏み出すことで、チャレンジしようとしている気持がより強くなる効果もあるでしょう。

 

明確さをエネルギーにする

話を戻すと、今回息子が

「今の自分には少し難しいレベルの進学校」

に実際に足を運ぶことも、仮説を事実に変えるステップです。

実際に、自分の足で校舎の中を歩くことや在校生の姿を目にすることが重要なのです。

その行動によって、自分が学校を歩いている姿をより具体的にイメージすることが可能になるでしょう。

実際の体験が、目標設定をするときにも役立つものです。

また、受験勉強がつらくなってきたときに「あの高校に行きたい!」という気持を喚起して、乗り切るパワーを得ることもできます。

実際、ぼくも大学受験のときは第一志望の大学に足を運び、この方法を使いました。

自分で校舎の写真を撮り、勉強机に貼っていました。

眠いときや難しい問題に挑んでいるとき、何度もエネルギーをもらったものです。

まあ、第一志望の学部を受験する際に、試験の開始時間と開場時間を見間違えるという失態をおかして試験に遅刻したのは誰にも言えません・・・。(^^;)

もちろん、受かりませんでした。(笑)

 

IMG_1174

 

ということで、何か二の足を踏んでいることがあれば、

【仮説を事実に変えるステップ】

を踏み出すことで、チャレンジをより具体化できないか、考えてみてくださいね!

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
仮説を事実に変えるステップを経ることで、「明確さ」というパワーを得る

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「天才たちのライフハック」から3つの良習慣を厳選してみた

天才と言われるような人と凡人との違いはどこにあるのでしょうか。 大きな違いのひとつは間違いなく「習慣」です。   目次1 天才と普通の人との違いをつくり出すものとは?2 本「1日ごとに差が開 …

成功から確実に遠ざかる方法を知り、逆の行動をとれば成功に近づく。

子どもの頃から慣れ親しんでいる「迷路」。 そのプロセスは、私たちのいい教訓になるものだと考えています。   目次1 習慣化とは迷路のようなもの2 無力感は学習してしまった感情3 成功から確実 …

良習慣の見つけ方とは?「今の自分に本当に必要な習慣」を見つける3つのステップ。

どれほどの「良習慣」であっても、「この習慣が、あなたにとっての良習慣だと断言できます!」ということは、一概には言えません。 自分にとって「いま本当に重要な習慣」こそ、 「良習慣」=「MOST IMPO …

「彼我の差の大きさにがく然として落ち込みそうになったとき」におススメしたい習慣

目次1 ■年下の友人と一緒にランチ2 ■桁違いの実績を持つ友人に囲まれると。。。3 ■劣等感を持つのは無意味4 ■落ち込みそうなときは「HAVE」を意識する ■年下の友人と一緒にランチ 10歳ほど年下 …

自分の軸をつくり、リマインドし、守る。カレンダーに自分自身を最優先する時間を確保しよう。

長い時間軸で見たときに、成果をあげる人となかなか成果をあげられない人を分けるのは何でしょうか? 色々な要素があると思いますが、「自分の時間を優先して、定期的に確保している」というのは、成功している人に …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。