【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

ダイエット中でも「飲み会」に参加して大丈夫!食べかた・飲みかたの工夫4つのポイント。

投稿日:

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

前回のエントリでご紹介したダイエット成功の習慣。

今回、ぼくが実践して良かったのは、

「事前に挫折ポイントを想定していた」

ことが大きいと考えています。

ダイエットの代表的な挫折ポイントは4つあります。

本日は、1番の代表格(?)である

「飲み会」

をテーマにして、ダイエット挫折ポイントを乗り越える工夫を考えてみます。

 

OZPA_947520141025150853500

 

ダイエットの不安定期は振り回されることを予測しておく

主観的な意見かもしれませんが、ダイエットしているときに限って飲み会が多いような気がします。(笑)

とくに、ダイエットしようと決めてから3週間くらい経過したあとです。

ベビーステップでスタートして、

「よし、なかなかうまくいってるな。」

という手ごたえを感じはじめた頃。

習慣化の移行時期でいう「不安定期」ですね。

この時期は周囲の予定や環境に振り回されるのです。

せっかく苦労して1ヶ月で2キロやせたのに、飲み会で暴飲暴食してしまう。

翌日の体重を測ると、、、体重が2キロ増えてるんですよね。(笑)

「もうだめだ。。。やっぱりやめよう。」

そんなことも起こりえる時期なのです。

でも大丈夫、それはあなただけのことではありません。

 

飲み会での4つの工夫ポイント

では、この3ヶ月、ぼくは誘いや飲み会を断ったかというと、、、

親しい友人とも、会社の同僚とも、そして妻とも(笑)、まったく断っていません。

ここをゼロにしてしまうと人生の楽しみが減ってしまうからです。

習慣のために生きているわけではないのですし、そのような生きかたでは幸せや豊かさを感じにくくなってしまいます。

いくらぼくでも、大切な人との大事なコミュニケーションは断りません。

(大切ではない場合は積極的に断りますが・・・笑)

ですから、この3ヶ月も、家族との外食や親しい友人たちのお誘いには能動的に参加しました。

しかし、結果として体重は7.5キロ減りました。

なぜか?

秘けつは、

【食べかた・飲みかたを工夫すること】

その1点です。

小林一行さんに教えていただいて、実際にぼくが行動したことは以下の4つです。

 

1、空腹で飲み会に行かない

食事があるからといって、空腹で参加するのは避けましょう。

空腹だと酔いも回るし、自己コントロール感がなくなってしまうと食べすぎてしまいます。

ダイエットのためにお昼ごはんを抜いて飲み会にのぞむ人がいますが、それは太る食べかたです。

やめることをお勧めいたします。

 

2、最初のオーダーは食物繊維と酢のもの

最初の注文は枝豆や酢のものなどのクイックオーダー系のおつまみから頼みます。

不思議なもので、飲み会の席だとそれらのおつまみでも満腹感を味わえるものです。

サラダも良いですね。

このフェーズでは、スタートから揚げものやごはんものを頼むことを控えます。

 

3、2次オーダーは基礎代謝を高める肉、魚

さて、クイックオーダー系のおつまみの次です。

ここで肉や魚を食べましょう。

具体的には、焼きとり・サイコロステーキや、刺身・しめサバやなどは意外とカロリーも抑えられますし、満足感もありますのでお勧めです。

 

4、揚げものやごはんものは最後にオーダー

ぼくの感覚からいうと、2次オーダーまででも満腹感を感じることが多いです。

さらに食べたいという気持にならないのです。

それでも、、、

どうしても空腹が抑えられない、という場合は、揚げものやごはんものは最後にオーダーしましょう。

できれば周囲の方とシェアします。

ひと口かふた口くらい味わう感じでも、実はかなり満足できますし、結果としてカロリーも抑えられます。

 

以上、飲み会での挫折ポイントを乗り越える工夫でした。

 

食べかた・飲みかたを工夫する

結論としては、

「飲み会に参加するから太るのではない。

食べかた・飲みかたに問題があるだけ。

だから、食べかた・飲みかたを工夫すればOK。」

ということです。

飲み会でダイエットの挫折ポイントを感じていた方はぜひ、次回の飲み会で実行してみましょう!

 

・・・そうそう、そういえば小林さんが強調されていた大切なことがありました。

それは、

【食べてしまった自分を責めない】

ということです。

真面目な人ほど必要以上に反省したり、自分に厳しい罰則を設けがち。

でも、それは不要です。

1度や2度、食べてしまってもいいのです。

重要なのは、気を取りなおして再開すること。

そして続けることが大切なのです。

昨日のエントリでも書きましたが、ダイエットには時間を味方につける方法がもっとも有効です。

淡々とプロセスに集中していきましょう!

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日のダイエット良習慣】
飲み会に参加するから太るのではない。

食べかた・飲みかたに問題があるだけ。

だから、食べかた・飲みかたを工夫すれば飲み会に参加しても問題はない。

必要以上に自分を責めないずに継続することが重要。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

現在、

▼「早起き習慣化3ヶ月プログラム」

▼「100人コーチング」

を募集中です!

コーチングにご興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ!

コーチングで成長したい方、目標を達成したい方へ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

「寝る時間の3時間前に夕食を食べ終える」なんて無理!?遅い夕食で気をつけたい4つの工夫。(ダイエットの習慣)

  こんにちは、伊藤です。 引き続き「ダイエット習慣に訪れる4つの挫折ポイント」を克服するシリーズを続けます。 ダイエットの4つの挫折ポイントとは、 (1)飲み会がある (2)間食がやめられ …

3ヶ月で8㎏のダイエットに成功。ダイエット習慣化の5つのポイントをふり返ります。

4月16日からスタートさせたダイエットの習慣化。 実践の結果とふり返りをおこない、ポイントをまとめた記事を書きました。   スポンサーリンク   目次1 ダイエット習慣化、3ヶ月後 …

ダイエットの習慣化におすすめ。プラスの行動を記録する「ダイエット日記」の活用法。

習慣化におすすめなのは、実践の記録をログに残しておくことです。 ダイエットにもシンプルに記録するツール(日記)をつくったことが役立っています。 私の「ダイエット日記」の活用法を記事にしました。 &nb …

「1日2食」の習慣。100日続けてわかった6つのメリットと3つのデメリット。

「健康のためには 1日3食きちんと食べること」という常識。 その常識を疑い、「1日2食」の習慣にトライしています。   スポンサーリンク   目次1 減りづらくなってきた体重と体脂 …

習慣化に必須のマイルールの設定。そこに取り組みやすさと例外ルールも追加する。

どんな習慣でも、長く継続していくとマイルールができてくるものです。 それと同時に、続けるためにハードルを下げながら、例外ルールを活用していくことが続ける秘けつです。   スポンサーリンク & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。