【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起き良いことノートをつくってみよう。小さな良いことの積み重ねが自信になる。

投稿日:2016/01/02

Pocket

私が、早起きを習慣化するときに有効だったのが、「早起き良いことノート」をつくることでした。

今年こそ早起きを習慣化したい方には、おすすめです。

note-791385_640

 

スポンサーリンク

 

ネガティブに偏ってしまう脳の特性を理解しておく

脳は、悪いところばかりを見てしまう習性があります。

この習性を理解していないと、早起きを続けることが難しくなります。

たとえば、家族や職場の人たちには、意識していないと、ネガティブな部分に目がいってしまうもの。

以前の私が早起きにチャレンジしながらも、早起きできなかったときに良くなかったのは、

・また二度寝してしまった・・・
・起きれなかった。。。
・自分はなんて意思が弱いんだ、、、

という風に考えてしまっていたことです。

こうなると、「結局、自分には早起きは無理なんだ、、、」という風に思ってしまうのです。

では、どうすれば良いかといえば、意識的に「良いところを見つける」トレーニングをすること。

要は、良いところに焦点をあてるための思考習慣にしていくことが、解決への近道です。

 

ささいな「良いこと」をたくさん集める

私の早起きコーチングのクライアントさんや早起きセミナーご受講者さんには、「早起き良いことノート」をつくることをおすすめしています。

まず、早起きする目的や、早起きできるようになっている自分のイメージを書き出します。

その後が大事で、早起きにチャレンジするプロセスでは、何かしら、

・良かったこと
・成長したこと
・人からほめられたこと

などの変化が起こります。

そのような、早起きに挑戦するメリットを、本当にささいなことでも良いので書いておくための記録ノートをつくるのです。

たとえば、

・目標の23時までにふとんに入ることができた
・夜、テレビをつけなかった
・いつもより1本早い電車にのれた
・朝食のあとにコーヒーをゆっくり飲めた
・余裕を持って朝の支度ができた

というレベルで良いです。

とにかく、「プラスのことだけ」を集めたノートをつくるのです。

脳が、「早起き=快」という認識がつくられてしまうまで継続できれば理想的です。

 

「良いこと」の事実の積み重ねがセルフイメージを上げてくれる

継続していくプロセスで、つらくなったとき、そのノートを見返すようにします。

ノートには、早起きの目的のほかに、「良い事実」しか書いてありませんから、とても自信になるわけです。

これを続けていくことによって、悪いところよりも、良いところを見つけられるように、思考習慣が変化してくるのです。

すると、セルフイメージがあがり、「このままあきらめなければ、早起きできるようになる!」という感情がつくられていきます。

そのようにして、「どうせ自分には早起きは無理」という思考を手放し、早起きしている自分を受け入れる。

やがて、「早起き習慣化にチャレンジしている自分」を受け入れられるようになり、早起きが楽しくなっていきます。

そこまでいけば、あとは淡々と早起きができるようになっていくのです。

ぜひ、「早起き良いことノート」をつくってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、家族で私の地元に帰省する予定でしたが、前日の夜に息子が39度の熱を出したため、急きょ帰省をキャンセルしました。

お正月の予定が、いろいろと変更になってしまい、てんやわんやです・・・(汗)

【お知らせ】
2016年1月20日(水)【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー 2016年1月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

1日を最高の状態でスタートするための3つの習慣

新しい朝のルーティンを試して1ヶ月がたちました。 結論から言うと、超おすすめです。   目次1 朝のウォーキング習慣2 朝運動する3つのメリット3 朝の必勝ルーティンをつくる 朝のウォーキン …

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

退社時間を早める3つの方法。時間軸から考える残業時間の減らし方

早起きを習慣化するためには、早く仕事を終える必要があります。 難易度が高い部分でもありますが、取り組みから目をそらさないようにしていきましょう。   目次1 早起き習慣化の課題を「集合知」で …

「モーニング・ページ」の習慣。5つのメリットと3つのデメリット

「モーニング・ページ」という新しい習慣を試して2週間ほど経過しました。 体験してみたメリットとデメリットをまとめました。   目次1 「モーニング・ページ」とは?2 「モーニング・ページ」の …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。