行動の習慣

悪習慣(スマホのダラ見など)をやめる方法

投稿日:


ついやってしまう「スマホのダラ見」などの悪習慣。
やめるための対策を書きました。




 

なぜ悪習慣はやめられないのか

「悪習慣をやめたいんです……。」

私が「良習慣を身につけたい」よりも多く聞かれる悩みかもしれません。

私自身、
・長時間、テレビやAmazonプライムを観てしまう
・YouTubeやFacebook動画やスマホゲームの連鎖が止まらない
・SNSやインターネットのマンガやニュース記事をダラダラと眺めてしまう
・コンビニでお酒やスイーツを買い込んでしまう
という状況にはまってしまった経験があります。

気づくと「時間が溶けてしまったんじゃないか(汗)」という感じがするくらいに。
でも、やめられないし、止められないんです。

それらの時間を「読書や学習にあてていれば」と思います。
後悔するんです。
そのときは。

それなのに、またくり返してしまう。
悪いパターンなんです。

確かに、悪習慣をやめることができれば、悪習慣の時間が減ります。
そうなれば、良習慣に取り組めばいい。
そう考えると、悪習慣をやめるのは良習慣定着の確実な1歩です。

それなのに、なぜ悪習慣をくり返してしまうのか。
やめる方法はないのでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





悪習慣がスタートする理由は何か

悪習慣をやめる。
シンプルに解決しましょう。

すべての元凶は、
・きっかけ
です。

たとえば、
・悪習慣を思い出してしまう
・悪習慣を意識する環境にい続けている
・悪習慣が発動するタイミングが仕組み化されてしまっている
という感じで。

これらの悪習慣を引き起こす本質が何かというと、
・きっかけ
なんですね。

わかりやすいのは、スマホですね。

私なら、スマホを見るから、Facebookの通知が気になります。

それも当然。
大手IT企業と心理学者たちが大金を投じて、人の注意を惹きつけるための組み合わせを何万通りもテスト。

そこから、あの赤い丸と白い数字が決められたわけですから。
バッジが目立つわけです。
私たち個人が勝てるはずがない。

「見たら負け」なんです。

もちろん、私も同じ。
・新発売のビールのCMを見るから、新しいビールの味を試したくなる
・コンビニのレジ横にホットスナックコーナーがあるから、アメリカンドッグが食べたくなる
・「あなたにおすすめ」が目に入るから、ショート動画で野球の「珍プレー好プレー」が見たくなる

「視界に入る」というきっかけが、悪習慣の始まりなんです。

 

■スポンサーリンク




悪習慣を発動させない方法

では、どうすれば悪習慣を遠ざけることができるのか。
仲良くなりたい良習慣とは距離を詰めたいですけれど、悪習慣とは距離を置きたいですから。

悪習慣のきっかけが「視界に入る」ですから、正解は「悪習慣が始まるきっかけになるものを視界に入れない」です。

私たちは「見る」から、誘惑されちゃうわけです。
しかも、目からの情報って、脳が「これは必要だ」と捉えやすい。
ですから、あなたの視界から「悪習慣のきっかけ」を取り除く環境をつくるのが手っ取り早いのです。

私がうまくいった事例を思い出してみました。
悪習慣は「帰り道にコンビニに立ち寄って、(それほど必要じゃない)お酒や食べ物を買ってしまう」でした。

お金は減る。
体重は増える。
翌日のパフォーマンスは落ちる。
いいことないですね……。

ですから、帰り道を工夫。
コンビニの前を通らない道から帰るようにしました。
そうすればコンビニが視界に入りません。
すると、「コンビニに立ち寄ろう」という意識にならないんです。
これで、不必要な買い物が激減しました。

あとは、何気なくチェックしてしまっていたニュース記事。
これも悪習慣でした(私にとっては)。
「悪習慣のきっかけ」を取り除くために、スマホからアプリを削除したり、ニュースを気軽にチェックしないように非表示にしました。

LINEの「ニュース」タブを非表示にする方法 | 【良習慣の力!】ブログ

これは大正解。
LINEニュースを読まなくなって、もうすぐ1年。
その分、ブログ執筆やKindleでの読書に時間を割り当てられています。

誤解がないように書いておくと、これは決して「ストイックになる方法」ではありません。
「なりたい自分に近づく方法」を採用しているだけなんですよね。
同時に「なりたくない自分を遠ざける方法」でもあるわけです。

悪習慣を良習慣に置き換える。
最高です。

さて、あなたの悪習慣を引き起こすきっかけは何でしょうか?
そのきっかけを「見えないようにする」方法はないでしょうか。
また、そのきっかけに「アクセスしづらくする」方法は何でしょうか。

ぜひ、考えて実行してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時台の「習慣化コミュニティー」朝活からスタート。
6:00の部、6:30の部、7:00の部まで。

ランチタイムに執筆。

夜は「良習慣塾」セミナー準備。
妻と話すことがあり、駅で待ち合わせて行きつけの中華料理屋へ。
帰宅後、家族会議も。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

タスクの忘れものを防止するための2つの工夫。15秒以内の着手でタスクをリマインドしておく。

タスクが増えてくると、漏れが心配ですよね。 コツは忘れないようにすることですが、どのように工夫すればいいでしょうか? 私のポイントは「15秒以内に行動すること」です。   スポンサーリンク …

たった1分間であなたの集中力が上がる「1分間集中法」のスキル

スマホやネットサーフィンに意識と時間を奪われていないでしょうか。 そのようなときに、あなたの集中力を取り戻すスキル「1分間集中法」をご紹介します。   現代でとても重要な「集中力」 どれだけ …

考えすぎて動けないときは「DCAP」で小さく行動してみる

計画を立ててから行動すると、改善が進みます。 ただ、計画や仮説ばかり考えて動けなくなるなら、リスクが小さな行動から始めてみましょう。   「思ったように歌えない」悔しさを味わった話 先日、家 …

なぜ、体重計は売れるのに、身長計は売れないのか?

体重計はたくさんの種類が販売されているのに、身長計は売っているのを見たことがありません。 不思議ではないでしょうか? その理由は「フィードバック」にあるんです。   「フィードバック」の定義 …

習慣の基本をサボって失敗した話。行動を忘れないための3つの工夫。

「この習慣に取り組もう」と決めたのに、忘れて行動できなかったときはありませんか? そのようなときは、行動・思考・環境の習慣を変えていきましょう。   「スクワット1回チャレンジ」の失敗 いき …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。